浅茅しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

浅茅 しのぶ(あさじ しのぶ、1925年11月14日 - )は、日本女優大阪府出身。

来歴[編集]

宝塚歌劇団出身(28期生。在団1938年 - 1954年)。同期に1963年から1976年まで月組組長を務めた美山しぐれがいる。宝塚入団時の成績は29人中16位[1]

宝塚歌劇団在団中の1953年6月13日ベルリン国際映画祭に出席のため、山口淑子川喜多長政稲垣浩監督・五所平之助監督とともにドイツへ出発。同年7月29日、稲垣監督と帰国。

1954年1月31日[1]に宝塚を退団。最終出演公演の演目は星組公演『薔薇の大地[1]』である。

宝塚退団後は主に映画舞台テレビドラマに出演。

特技は日本舞踊

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 海賊船(1951年)
  • 戦国無頼(1952年)
  • 狂妻時代(1952年)
  • 千姫(1953年)
  • 悲剣乙女桜(1953年)
  • トンチンカン 怪盗火の玉小僧(1953年)
  • 旅はそよ風(1953年)
  • トンチンカン八犬伝(1953年)
  • この恋五千万円(1954年)
  • 別離(1954年)
  • 陽は沈まず(1954年)
  • 素浪人日和(1954年)
  • おとこ大学 新婚教育の巻(1954年)
  • えくぼ人生(1954年)
  • 地獄への復讐(1954年)
  • 銀座令嬢(1955年)
  • 酔いどれ囃子(1955年)
  • 次男坊判官(1955年)
  • 風雲日月双紙(1955年)
  • お役者小僧 江戸千両幟(1955年)
  • 愛情会議(1955年)
  • 顔のない男(1955年)
  • 白い橋(1956年)
  • 忘れえぬ慕情(1956年) - 共演はドイツの俳優ゲルト・フレーベ
  • 四人の誓い(1956年)
  • たぬき(1956年)
  • スタジオ超特急(1956年)
  • 女優誕生(1956年)
  • 花ふたたび(1956年)
  • 酔いどれ牡丹 前篇・地獄の使者(1956年) 
  • 酔いどれ牡丹 後篇・深夜の美女(1956年)
  • 踊る摩天楼(1956年)
  • 家庭教師と女生徒(1957年)
  • 母と子の窓(1957年)
  • 夢に罪あり(1957年)
  • 黒い花粉(1958年)
  • 女ざむらい只今参上(1958年)
  • バラ少女(1959年)
  • 伴淳・アチャコのおやじ教育(1959年)
  • 伊豆の踊子(1960年)
  • スパイ・ゾルゲ / 真珠湾前夜(1961年) - 共演はドイツの俳優マリオ・アドルフ
  • 秋刀魚の味(1962年)
  • 八つ墓村(1977年)
  • 新・人間失格(1978年)

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • マノン・レスコオ
  • 東京・ニューヨーク
  • ロミオとジュリエット - ジュリエット 役(宝塚歌劇団星組公演)(1950年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場
  • モンテカルロの結婚(宝塚歌劇団星組公演)(1950年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 恋は御法度/ヤマ・ローサ(宝塚歌劇団星組公演)(1950年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 虞美人 (宝塚歌劇) - 呂妃 役(宝塚歌劇団月組公演)(1951年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 薔薇の大地(宝塚歌劇団星組公演)(1953年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 源氏物語

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(監修:小林公一2014年4月1日阪急コミュニケーションズ、p.34)ISBN 9784484146010

関連項目[編集]