浦上玉堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
玉堂寿像 浦上春琴筆 紙本墨画淡彩 林原美術館 天保10年(1813)

浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう、延享2年(1745年) - 文政3年9月4日1820年10月10日))は、江戸時代の文人画家、備中鴨方藩士。名は孝弼(たかすけ)。君輔(きんすけ)、通称は兵右衛門。35歳の時、「玉堂清韻」の銘のある中国伝来の七弦琴を得て「玉堂琴士」とした。父は宗純。

経歴[編集]

国宝 凍雲篩雪図
浦上玉堂廟所(本能寺

延享2年(1745年)、岡山藩の支藩鴨方藩(現在の岡山県浅口市)の藩邸に生まれる。玉堂は播磨備前の戦国大名であった浦上氏の末裔で、系図上では浦上一族の浦上備後守の曾孫とされるが、実際はさらに代は離れているようである(「浦上家系図」では備後守は宗景の孫とされるが、実際は同時代の人物である)。

若年より、学問、詩文七絃琴などに親しむ。鴨方藩の大目付などを勤める程の上級藩士であったが、琴詩書画にふける生活を送っていたことから、周囲の評判は芳しくなかったらしい。50歳のとき、武士を捨て、2人の子供(春琴と秋琴)を連れて脱藩(妻はその2年ほど前に亡くなっていた)。以後は絵画と七絃琴を友に諸国を放浪、晩年は京都に落ち着いて、文人画家として風流三昧の生活を送る。特に60歳以降に佳作が多い。代表作の「凍雲篩雪(とううんしせつ)図」は川端康成の愛蔵品として知られる。

代表作[編集]

国宝
  • 凍雲篩雪図(とううんしせつず)(川端康成記念会所蔵)
重要文化財
  • 山中結廬図 (東京国立博物館蔵) 絹本淡彩 寛政4年(1792年)
  • 煙霞帖(梅沢記念館蔵)紙本著色 文化8年(1811年
  • 秋色半分図 (愛知県美術館蔵) 紙本墨画淡彩 文政元年(1818年)
  • 酔雲醒月図 (愛知県美術館蔵) 紙本墨画淡彩 文政元年(1818年)
  • 山水図(深山渡橋図) (愛知県美術館蔵) 紙本墨画淡彩 文政元年(1818年)
  • 五言絶句(愛知県美術館蔵)文政元年(1818年)
「秋色半分図」から「五言絶句」までの4点は別々に表装されているが、本来は1幅に描かれていたもの。[1]
  • 山紅於染図(さんこうおせんず)(愛知県美術館蔵)
  • 双峯挿雲図(出光美術館蔵) 紙本墨画
  • 籠煙惹滋図(ろうえんじゃくじず)(出光美術館蔵) 紙本墨画
  • 一晴一雨図 (個人蔵) 紙本墨画淡彩
  • 山雨染衣図 (個人蔵)
  • 鼓琴余事帖 (個人蔵)

近年の文献[編集]

  • 吉澤忠 『玉堂・木米』<水墨美術大系第13巻>講談社、1975年
  • 鈴木進ほか 『浦上玉堂画譜』中央公論美術出版、1977-78年
  • 脇田秀太郎 『浦上玉堂』<日本美術絵画全集第20巻>集英社、1978年
  • 佐々木丞平 『浦上玉堂』<ブックオブブックス日本の美術第56巻>小学館、1980年
  • 武田光一 『浦上玉堂』<アーティストジャパン第50巻>同朋社出版、1993年
  • 杉本秀太郎・星野鈴 『浦上玉堂』<水墨画の巨匠第13巻>講談社、1994年
  • 山陽新聞社出版局編 『浦上玉堂画集』山陽新聞社、1995年
  • 久保三千雄 『浦上玉堂伝』 新潮社、1996年
  • 佐藤康宏『浦上玉堂』 <新潮日本美術文庫第14巻>新潮社、1997年
  • 『浦上玉堂』 岡山県立美術館千葉市美術館(2006年9月-12月)での展覧会図録

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社『朝日日本歴史人物事典』 「浦上玉堂」