浮世亭出羽助・八丈竹幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

浮世亭出羽助・八丈竹幸(うきよていでばすけ・はちじょうたけこ)は、大正昭和期に活躍した日本漫才師

大正の末にコンビを結成。一時、浮世亭出羽助は1929年30年頃に出身の和歌山に住み河内家一春とコンビを組んだが1955年に大阪に戻り八丈竹幸と再コンビを組んだ。

戦中の漫才は和装三味線が当たり前の時代、洋服ヴァイオリン[1]を持ち奏でる唄と踊りが斬新で『何でもこなせる立体漫才』として話題になり人気になった。

目次

メンバー

和歌山の生まれ、浮世亭夢丸の門下、最初は砂川菊一を名乗った。1920年大阪天満吉川館で初舞台。大正の末に八丈竹幸とコンビを組む。一時、荒川歌江や浅田家キリンの相方であった河内家一春とのコンビを経て1955年に八丈竹幸と再度コンビを組んだが、八丈竹幸が1969年に死去し花柳かつこ(青柳かねこ)とコンビを組んだ。晩年は公害病で悩まされていたといわれ1980年自宅でこたつで倒れているのを相方の花柳かつこが発見した。東雲節や都々逸も得意とした。SPレコードも残されている。
広島の生まれ、1928年南地花月で追田旭湖名の名で色物琵琶の演奏で初舞台。その後浮世亭出羽助とコンビを組むにあたり浮世亭夢丸の門下になった。九条武子(くじょう たけこ)より少し容姿が劣るという事で八丈竹幸と名付けられた。

参考文献

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年

  1. ^ それまで主流だった三味線などと違い、漫才で最初に洋楽器を持ち込んだ芸人とされる。ボーイズで使用されることはあったが本流の漫才では初とされる。

関連項目