深見安博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
深見 安博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1919年11月26日
没年月日 1972年4月9日(満52歳没)
身長
体重
173 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

深見 安博(ふかみ やすひろ、1919年11月26日 - 1972年4月9日)は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手外野手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

報徳商業ではエースで4番を打ち、中央大学西日本鉄道を経て、1950年に西鉄が新設したプロチーム・西鉄クリッパースへ入団し、打率.279、22本塁打をマークした。1952年開幕直後、大下弘との交換トレードで、当時西鉄の主力投手だった緒方俊明とともに東急フライヤーズへ移籍。同年に25本塁打を放ちパ・リーグ本塁打王に輝いたが、これは日本プロ野球史上唯一の2球団にまたがる本塁打王(西鉄で2本塁打、東急で23本塁打を記録)であり、未だ深見以外に達成したものは誰一人としていない。その後は1954年高橋ユニオンズ1955年南海ホークスと移籍したが、全盛期の頃のパワーはなく、代打としての出番が多くなった。1957年に現役を引退。

その後は日炭高松(1958年 - 1960年監督)、西鉄(1962年 - 1963年二軍打撃コーチ, 1964年一軍打撃コーチ, 1965年ヘッドコーチ)、広島(1968年 - 1969年二軍監督, 1970年一軍打撃コーチ)で監督・コーチを歴任。日炭高松時代には柿本実龍憲一黒江透修を送り出し、西鉄時代の1965年には中西太の病気休養により、4月18日から5月11日までの13試合、代理監督を務めた。広島時代には衣笠祥雄山本浩二水谷実雄三村敏之ら若手選手を指導。

1972年4月9日死去。満52歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1950 西鉄 108 466 408 66 114 21 0 22 201 77 12 4 2 -- 53 -- 3 48 9 .279 .366 .493 .859
1951 72 211 188 30 45 8 0 8 77 23 5 6 2 -- 21 -- 0 23 6 .239 .316 .410 .725
1952 12 42 38 5 10 2 0 2 18 6 1 1 0 -- 4 -- 0 8 0 .263 .333 .474 .807
東急 96 412 377 60 111 25 2 23 209 75 11 6 1 -- 33 -- 1 50 7 .294 .353 .554 .907
'52計 108 454 415 65 121 27 2 25 227 81 12 7 1 -- 37 -- 1 58 7 .292 .351 .547 .898
1953 102 356 315 39 63 12 0 19 132 57 2 5 0 -- 40 -- 1 55 10 .200 .292 .419 .711
1954 高橋 90 236 207 25 55 9 2 6 86 27 1 2 0 3 26 -- 0 46 9 .266 .343 .415 .759
1955 南海 111 282 263 25 72 9 1 5 98 40 7 2 2 0 14 0 3 39 10 .274 .318 .373 .690
1956 17 15 13 1 3 3 0 0 6 1 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .231 .333 .462 .795
1957 9 9 8 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .250 .333 .375 .708
通算:8年 617 2029 1817 252 475 90 5 85 830 306 39 26 7 3 194 0 8 278 51 .261 .335 .457 .792
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1950年)
  • 5 (1951年 - 1952年途中)
  • 27 (1952年途中 - 1953年)
  • 26 (1954年)
  • 6 (1955年 - 1957年)
  • 70(1961年 - 1965年)
  • 64 (1968年 - 1970年)

関連項目[編集]