清村耕次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きよむら こうじ
清村 耕次
本名 鈴木 重則
生年月日 (1925-06-27) 1925年6月27日
没年月日 (1966-02-01) 1966年2月1日(満40歳没)
出生地 日本の旗 日本新潟県
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画
活動期間 1937年 - 1966年

清村 耕次(きよむら こうじ、1925年6月27日 - 1966年2月1日)は日本の俳優。新潟県出身。本名は鈴木 重則

人物・略歴[編集]

1937年に児童劇団『劇団東童』に入団。1941年、NHKラジオ第1放送の『こどもの時間』にレギュラー出演。1943年に駿河台商業を卒業。翌1944年に出征、終戦当時はソ連の国境にいたためソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留に遭う。

1946年に復員し、再建された新協劇団に入団。1953年に松竹制作の『雲ながるる果てに』で映画初出演。 1954年10月、木村功岡田英次らと共に劇団青俳の結成に参加。その後は映画・テレビで脇役として活躍。 特にNHKのテレビドラマ『事件記者』では新日本タイムスの荒木記者(通称:おとぼけのアラさん)役でレギュラー出演し、人気を博した。

1966年2月1日午前2時半頃、自宅である東京都足立区東綾瀬3丁目の北三谷団地の寝室で急死。 当初は過労による心臓麻痺と報道されたが、数日後に実は首吊り自殺であった事が判明。

自殺する前日に撮影された『事件記者』第271話「執念」が遺作となった。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • ビルマの竪琴(1955年、NHK
  • 小鳥寺(1957年、NTV
  • お好み日曜座 / にしん場(1958年、NHK)
  • 事件記者(1958年 - 1966年、NHK) - 新日本タイムス記者・荒木
  • 私は貝になりたい(1958年、KRT) - 木村軍曹
  • テレビ劇場(NHK)
    • 恋文(1959年)
    • ばちあたり(1960年)
  • 剣豪秘伝 第20話「清兵衛の最後」(1960年、NET
  • ミステリー 影 / くずれる(1960年、NET)
  • 西鶴物語 第12話「長持の行方」・第21話「相惚れ女郎」(1961年、NET)
  • NECサンデー劇場(NET)
    • 奈穂子(1961年)
    • 消えたフットライト(1961年)
  • 東芝日曜劇場TBS
    • 第247回「上り勾配」(1961年、RKB
    • 第327回「ふりむけばひとり」(1963年)
    • 第381回「女優シリーズ 雪女」(1964年)
  • ドキュメンタリードラマ / 指名手配 第93回「鉄火場」(1961年、NET)
  • テレビ指定席(NHK)
    • 賭ける(1961年)
    • マッチ箱の家(1962年)
    • 町が呼んでいる(1962年)
    • 海の畑(1963年)
    • ある結婚(1963年)
    • 孤独の空(1963年)
  • 青年弁護士 第5話「灰色の過去」(1963年、NTV / 東映
  • 文芸劇場 第59回「江戸文学シリーズ 世はさまざまの」(1963年、NHK)
  • 父子鷹(1964年、TBS) 中村竹弥
  • 剣は知っていた(1965年、CX
  • 近鉄金曜劇場 / 岡田茉莉子シリーズ 居留地の女(1965年、TBS)
  • 東京警備指令 ザ・ガードマン 第27話「不敵な逃亡者」(1965年、TBS)
  • 黄色い風土(1965年 - 1966年、NET / 東映)

映画[編集]

  • 雲ながるる果てに(1953年、松竹) - 北中尉
  • 億万長者(1954年、大映) - 運転手
  • ここに泉あり(1955年、中央映画) - 幸二
  • 泉(1956年、松竹) - 村の青年
  • 雪崩(1956年、東映東京) - 村の青年よし造
  • 台風騒動記(1956年、松竹) - 川崎正二
  • 米(1957年、東映東京) - 五郎
  • 警視庁物語シリーズ(東映東京)
    • 上野発五時三五分(1957年) - 若者
    • 夜の野獣(1957年) - 運転手
    • 一〇八号車(1959年) - 新聞記者
    • 深夜便130列車(1960年) - ライトバンの運転手
    • 不在証明 十五才の女(1961年) - 仙吉
  • 純愛物語(1957年、東映東京) - 少年院自動車教官
  • 一丁目一番地 第一部・第二部(1958年、東映東京) - 千太の兄貴分
  • 裸の太陽(1958年、東映東京) - 北川
  • 点と線(1958年、東映東京) - サラリーマン風の男
  • 無法街の野郎ども(1959年、東映東京) - スプートニクの譲次
  • キクとイサム(1959年、松竹) - 清二郎
  • 水戸黄門 天下の副将軍(1959年、東映京都) - 人足
  • 鹿島灘の女(1959年、東映東京) - 万兵衛
  • 人間の条件シリーズ(松竹)
    • 第三部望郷篇・第四部戦雲篇(1959年) - 乾上等兵
    • 完結篇(1961年) - 匹田一等兵
  • 丹下左膳 妖刀濡れ燕(1960年、東映京都) - 二宮金五郎 大友柳太朗
  • 二発目は地獄行きだぜ(1960年、東映東京) - 偽警官
  • 秘密(1960年、東映東京) - 藤本
  • 多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ(1960年、東映東京) - 野沢庄平
  • 安寿と厨子王丸(1961年、東映動画) - 船頭・宮崎の甚八[1]
  • 若者たちの夜と昼(1962年、東映東京) - 宮下
  • ぶらりぶらぶら物語(1962年、東京映画) - 刑事
  • 七人の刑事(1963年、松竹) - 金本
  • 天国と地獄(1963年、東宝) - 魚市場の事務員 役、声のアテレコ熊倉一雄が担当
  • 月影忍法帖 二十一の眼(1963年、東映京都) - 三次
  • ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗(1964年、東宝) - 島道記者
  • 悪の紋章(1964年、東宝) - ヤクザ・花井和夫
  • 背後の人(1965年、松竹) - 松島達也
  • 霧の旗(1965年、松竹) - 久岡
  • おれについてこい!(1965年、東宝) - 世話係の戸井田
  • 新・鞍馬天狗 五條坂の決闘(1965年、大映) - 黒姫の吉兵衛 市川雷蔵

出典[編集]

  1. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。

関連項目[編集]