清華家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

清華家(せいがけ)とは、公家家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる7家(久我・三条・西園寺・徳大寺・花山院・大炊御門・今出川)を指すが、のちに、広幡・醍醐を加えて9家となった。また、豊臣政権時に五大老だった徳川毛利小早川前田宇喜多上杉らも清華成を果たしており、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けている。

概要[編集]

近衛大将大臣を兼任し、最高は太政大臣まで昇進できる。ただし、江戸時代の太政大臣は摂政関白経験者(摂家)に限られ、清華家の極官は事実上左大臣となる[注釈 1]。また、江戸時代においては初任官が従五位下侍従を振り出し[注釈 2]近衛権中将権中納言[注釈 3]権大納言近衛大将を兼ねることが出来たが、当時左近衛大将は摂家が独占していたため、右近衛大将のみを経て大臣になったが、昇進速度は摂家よりも遅く大臣になっても短期である例も多かった。[疑問点 ]

英雄家、華族ともいう。摂家と清華家の子弟は、公達(きんだち)と呼ばれた。1884年(明治17年)の華族令によって、清華の家格の家は一律に侯爵に叙されることになったが、三条家のみは実美の功績により公爵とされた。その後、西園寺家は公望の、徳大寺家は実則の功績により公爵となった。

清華家に相当する家格はすでに院政期には成立している。大臣・大将・皇后などの地位は、摂関政治期には当然摂関とその近親が独占するものであった。しかし後三条天皇の治世以降、摂関家が外戚の地位を失い、代わって外戚となった家系が、のちに清華家と呼ばれることになる家格の原形をつくった。したがって、清華家の家格は大臣・大将に昇進できるということのほかに「娘が皇后になる資格がある」ということも見逃してはならない。平清盛源頼朝はいずれも清華家の家格を獲得していたのであり、そのゆえにこそその子弟は大臣・大将(平重盛源実朝など)となり皇后(平徳子)となることができた。足利義満以後の歴代室町殿が大臣・大将を歴任したこともこの文脈で理解しなければならない。なおいわゆる「七清華」は、清華家の家格を有する多数の家系(たとえば藤原北家閑院流の山階家・洞院家村上源氏顕房流の土御門家・堀川家)が中世を通じて断絶したり清華の家格を失ったりした結果、最終的に7家しか残らなかったことを意味しており、はじめから家系が固定していたわけではない。

七家[編集]

久我家
村上天皇の第 8皇子具平親王の男右大臣源師房1008年 - 1077年)を祖とする村上源氏嫡流。師房の姉・隆姫女王関白藤原頼通の正妻であることから頼通の異姓養子となり、頼通の異母妹尊子と結婚する。さらに師房と尊子の子・源顕房は娘の賢子藤原師実の養女とした上で白河天皇に入内させ(のち中宮)、もう一人の娘・師子は藤原忠実の妻となるなど、その子孫も摂関家と深い姻戚関係を築いた。
師房の五世孫である内大臣通親丹後局と組んで時の関白九条兼実を追い落とし、「源博陸」とあだ名されるほどの権勢家であった。久我家嫡流は長く源氏長者淳和奨学両院別当を兼任したが、室町時代に入ると足利義満源氏長者となり、足利家源氏長者となる慣例が成立する。ただし足利将軍家そのものが後継者争いなどによって不安定な状況が続いたため、実際には村上源氏公家久我家清和源氏武家足利家が交互に源氏長者に就任する様相を呈し、戦国時代に入ると再び久我家源氏長者独占して久我通堅まで続いた。
「久我」の名称は、京都西南、山城国愛宕郡久我(現在の京都市伏見区久我)の地に別業「久我水閣」があったことが由来。
分家の公家諸家として、大臣家中院家、および羽林家六条家岩倉家千種家東久世家久世家梅溪家愛宕家植松家の九家がある。
家業:笛、江戸時代の家禄:700石、家紋:五つ竜胆車。
三条家(転法輪三条家)
藤原北家閑院流(太政大臣藤原公季の子孫)。権大納言公実の二男太政大臣三条実行1080年 - 1162年)が初代。この家から分かれた大臣家の正親町三条家実愛の時に「嵯峨」と改称)と区別するために転法輪を冠して呼ぶことが多い。
庶流は大臣家正親町三条家三条西を始め、羽林家滋野井家姉小路家等多数。
家業:笛・装束。江戸時代の家禄:469石、家紋:唐菱花。
西園寺家
藤原北家閑院流。同じく公実の三男権中納言西園寺通季1090年 - 1128年)を祖とする。通季は母藤原光子が正妻だったため嫡子とされたが、早世したために兄弟の中でも官位が最も低かった。四代目の太政大臣公経に至って、親幕派として承久の乱後権勢を誇り、摂関家から外戚の地位と関東申次の世襲職を奪った。公経は京洛北山に氏寺西園寺を建立して、家名の由来となった。
庶流に洞院家(断絶)・今出川家(菊亭家)、羽林家の清水谷家四辻家橋本家大宮家等あり。
家業:琵琶。江戸時代の家禄:597石、家紋:左三つ巴。
徳大寺家
藤原北家閑院流。公実四男左大臣徳大寺実能1096年 - 1157年)を始祖とする。実能の嫡孫、左大臣実定藤原俊成の妹が生んだ子で定家の従兄にあたり、自らも優れた歌人である。この家は鳥羽後白河院政期の後宮をほぼ独占したが、鎌倉以後やや衰えた。西園寺家と同族意識が強く、たとえば明治時代の西園寺公望は徳大寺家に生まれ西園寺家に入嗣している。
家業:笛、江戸時代の家禄:約410石、家紋:木瓜花菱浮線綾。
花山院家
藤原北家師実流(花山院流)。摂政太政大臣師実の次子右大臣花山院家忠1062年 - 1136年)より始まる。家忠が花山上皇の御所だった東一条院(花山院)を伝領したためこの家名がある。三代忠雅は朝政に明るかった上に、平清盛と親戚関係にあったことから、太政大臣という異例の昇進を遂げた。諸流に羽林家の中山家野宮家今城家がある。
家業:と筆道、江戸時代の家禄:約750石、家紋:杜若菱。
大炊御門家
藤原北家師実流(花山院流)。花山院家と同じく摂政師実の子大炊御門経実1068年 - 1131年)が初代。大炊御門北、万里小路東に邸宅があった。経実は権大納言どまりであったが、その子経宗二条天皇の外舅として勢威をふるい、左大臣に昇って清華家の家格を確保した(経宗は閑院流公実の女公子を母とする)。
家業:筆道・和歌和琴・笛・装束、江戸時代の家禄:約400石、家紋:菱に片喰草。
今出川家(菊亭家)
藤原北家閑院流、西園寺家の庶流。鎌倉期の太政大臣西園寺実兼の子左大臣兼季が分家し、今出川殿を居所としたため、菊亭・今出川を名乗る。明治維新後は今出川を改め、別称の菊亭を名字とした。
家業:琵琶。:江戸時代の家禄:約1655石、家紋:三つ楓。

九清華[編集]

(上の 7家に下記の2つの新家を加えたもの)

広幡家
正親町源氏嫡流正親町天皇の皇孫八条宮智仁親王の第三王子源忠幸1623年 - 1669年)が臣籍降下して創立。忠幸は最初、尾張藩に赴き武家となったが、のち帰洛して大納言に進んだ。
禄高:約500石、家紋:十六葉裏菊。
醍醐家
藤原北家摂関流。江戸時代に五摂家一条家から分かれた家。摂政一条昭良の次男権大納言醍醐冬基1648年 - 1697年)が初代。
禄高:約312石、家紋:下り藤。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ もっとも、その左大臣の任官も江戸期には10例と少なく、在任期間も短い。
  2. ^ 摂家は正五位下近衛権少将
  3. ^ 摂家と同様、近衛中将から参議を経ずして中納言に任ぜられる慣例となっている。

出典[編集]

関連項目[編集]