湯原昌幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
湯原 昌幸
生誕 (1947-03-05) 1947年3月5日(70歳)
出身地 茨城県牛久市
ジャンル J-POP歌謡ポップス
演歌・歌謡曲
ニューアダルトミュージック
職業 歌手
タレント
俳優
活動期間 1964年 -
事務所 ハブ・マーシー
共同作業者 ルービー・ブラザーズ、すぎもとまさと
公式サイト 湯原昌幸のホームページ
エレキブーム

湯原 昌幸(ゆはら まさゆき、1947年3月5日 - )は、日本歌手俳優レポーターパネラーなどをこなすマルチタレント。本名は桜井 昌幸茨城県牛久市出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業、日本大学芸術学部放送学科中退。血液型B型。 妻は、タレントで女優の荒木由美子

略歴[編集]

音楽作品[編集]

シングル[編集]

  1. 見知らぬ世界 (c/w 二人で歩こう) 1970年発売
  2. 雨のバラード (c/w 今にわかるわ) 1971年4月1日発売
  3. 愛があれば (c/w ある雨の日の想い出) 1971年11月1日発売
  4. 愛の影 (c/w 霧の街角) 1971年発売
  5. 裏窓 (c/w あなたに捧げる詩) 1971年発売
  6. 君はいない (c/w 二人の教会) 1971年発売
  7. 求婚(プロポーズ) (c/w ある夜の出来事) 1971年発売
  8. 北の盛り場 (c/w 女の部屋) 1973年11月25日発売
  9. 街はずれの酒場で (c/w 涙の最終便) 1974年3月発売
  10. エアポート (c/w 悲恋ホテル) 1974年8月発売
  11. 昨日の女 (c/w 私の意地) 1975年2月発売
  12. がんばれ長嶋ジャイアンツ (c/w 男・長嶋ジャイアンツ) 1975年6月1日発売
    長嶋茂雄現役引退後の監督初采配の時に湯原が歌った応援ソングであるが、今の巨人ファンでもなかなか知らない人が殆どである。しかし長嶋本人はこの曲を歌った湯原に感謝をしている。
  13. 旅占い (c/w 本気にならないで) 1975年11月発売
  14. 横浜こぬか雨 (c/w 決意) 1976年8月発売
  15. あなたセ・ラ・ヴィ (c/w ステップ・バイ・ステップ) 1977年10月発売
  16. 黒い花びら (c/w 酒場の女) 1981年発売
  17. 笑ってくれるな (c/w 鯉太郎華の旅) 1983年4月発売
  18. 時間(とき)を止めて (c/w 主役) 1997年10月発売
  19. 嘘でもいいの (c/w あなたに薔薇よりくちびるを) 1999年10月発売
  20. 人生半分 (c/w ラーメンどんぶり流れ唄) 2001年1月発売
    テレビ東京系・愛の貧乏脱出大作戦・エンディングテーマ曲
  21. 夢なかば (c/w 雨のバラード) 2002年7月発売
  22. 冬桜 (c/w ナツメロ BOY'S) 2003年10月発売
  23. 都忘れ (c/w 一途人) 2006年1月発売
  24. 柚子 (c/w 道) 2007年10月発売
  25. 蝉しぐれ (c/w 途中下車) 2009年8月発売
    2009年8月11日に死去した作曲家三木たかしの遺作曲となった
  26. すいかずら〜金銀花〜 (c/w 幸せの回数 / 道) 2012年4月発売
  27. ないものねだり (c/w 引き潮) 2013年9月発売
  28. 俺でよかったのか (c/w Hasta La Vista(アスタ ラ ビスタ)) 2014年6月発売
  29. 菜の花 (c/w 青春の坂道) 2015年3月発売
  30. 同級生(c/w 青山 通り雨) 2015年8月19日発売 ※ 西崎緑とデュエットソング[5]

アルバム[編集]

  • 雨のバラード
  • 輝く愛の世界
  • 街はずれの酒場で/北の盛り場
  • 湯原昌幸/エアポート
  • ゴールデンメモリアル・アルバム/ザ・コントラスト
  • スーパーベスト/人生半分
  • 冬桜〜全曲集〜 (2005年)

現在のレギュラー番組[編集]

テレビ[編集]

よくゲスト出演する番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の主なレギュラー番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • ゆめ花火(座長公演)  

人物[編集]

  • とにかく人に優しい性格である。特に13歳年下の夫人を「由美ちゃん」と呼び、娘のように可愛がっている。
  • 誰にでも好かれる性格で、芸能界でも悪評がたったことがない。
  • 涙もろい。第37回日本有線大賞・有線音楽優秀賞を受賞した際、夫人が見守る中、感極まって涙声で歌いきった。
  • ギャグを考えるのが得意で、せんだみつおが後に自分のギャグとした「ナハ」は元々は湯原が考えたギャグである[6]
  • ツービートビートたけしによる「コマネチ」というギャグが80年代前半に流行した。せんだみつおによると、これは元々湯原昌幸のギャグであり、それをせんだが真似、さらにそれをたけしが真似たものである[7]
  • 2007年に還暦を迎えたが顔が40〜50代と若く見られる。

趣味[編集]

  •  作詞、作曲、ゴルフ、釣り、スキー など

結婚後の私生活[編集]

湯原は、母・吉の(よしの)と母子で生活していたため、荒木由美子は湯原との結婚と同時に芸能界から引退専業主婦になり(1990年代まで主婦タレントとしてCMなどに出演することはあった)、母と同居することになる。結婚して2週間後、母が糖尿病からくる足にできた血栓のため入院。退院後は荒木による食事療法が始まったが、5年後の1988年幼稚園児になっていた長男が、母の奇行を荒木に告げ、湯原の耳にも入る。病院での検査の結果、母は認知症であることが判明。ここから湯原・荒木夫妻のすさまじい介護生活が始まる。

母の介護は主に荒木が担当するも、症状が日に日に悪くなっていく毎日であるため、湯原も仕事場では笑顔であるが心労が隠し切れない日々が続く。帰宅すれば「生き地獄」「壮絶」という言葉しか当てはまらないほど、母の認知症は悪化していた。あまりの症状の悪化で、精神的に滅入っていた湯原が母の首に手をかけるところまでいくが、荒木の悲痛な叫びによって最悪の事態を免れる(荒木談)。自宅での介護を諦めて、荒木が母を連れて紹介された介護施設を訪れるが、そこは精神科の施設で、窓に鉄格子が取り付けられている施設だったため、さすがの荒木も「あまりに可哀想…」と、母を連れて自宅へ戻る。

その後、母は病院に入院することになるが、転院のたびに病状は悪化。認知症との壮絶な闘いは14年間続くも、その間、湯原は荒木に対し常に「由美ちゃん、ありがとう」「悪いね」といった感謝の言葉を欠かさなかった。そして2003年1月、母は急性白血病で死去。母が意識をなくす3日前には認知症であるとは思えないほど、嫁である荒木に感謝の言葉をかけ、長男にも「昌幸にそっくり」などと、まもなく訪れる最期を知らせるかのように、夫妻と長男の3人にやさしい言葉を残した。

母が死去したことで、結婚して2週間後から始まった夫妻の壮絶な20年間の介護生活は幕を閉じる。荒木は母の死去で生きる気力を一時失うが、2004年、母の20年間に渡る壮絶な介護生活を執筆した『覚悟の介護―介護20年 愛と感動の家族物語』[8]の発売を機に、20年ぶりに芸能界へ本格復帰。湯原も「冬桜」のヒットで各方面からの出演依頼があり、結婚20年目にして、歌手として初めて荒木と夫婦揃っての共演を果たす。

近況[編集]

タレントとしては首都圏限定だが、チバテレビやテレビ東京などで軽妙な司会ぶりを見ることができる(上記参照)。また、芸能界おしどり夫婦として、旅番組テレビショッピングなどに多数出演している。先述の荒木の著書が話題になり、荒木が介護体験を語る福祉番組に出演する際にはゲスト出演することもある。2008年11月公開の『GSワンダーランド』で、久々に映画にも出演。

本業の歌手としても、2006年2月、約3年ぶりの新曲『都忘れ』をリリースした。翌2007年5月30日には、ミニアルバム『途中駅〜Never Ending Life〜』を発表、その収録曲である『千年の旅人』は、芸能界デビュー時はアイドル歌手だった荒木との初のデュエットソングである。また6月10日には『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ系列)に夫婦で出演。20年にわたる実母の介護生活などの想い出を、2人は涙ながらに語っていた。

脚注[編集]

  1. ^ 【1971年10月】雨のバラード/湯原昌幸 3年前のB面だった“無冠”の大ヒット曲 - スポニチAnnex 2011年10月16日閲覧
  2. ^ 湯原昌幸・荒木由美子夫妻 手と手つなぎ 25年目も新婚、ZAKZAK、2006年3月30日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 互いの足首を掴みあい地面を転がり回る「合体」というネタがあった。
  4. ^ ルービー・ブラザーズ「ふたりで竜馬をやろうじゃないか」公式サイト(テイチクエンタテインメント)なお、元々当楽曲はすぎもとが作曲し、堀内孝雄五木ひろしのデュエットで2005年にリリースされ、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派』の主題歌に使用された作品である。
  5. ^ 湯原昌幸&西崎緑「大人の胸キュン」デュエット曲イベント”. スポニチ (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  6. ^ せんだみつお『ナハ』 東京書籍、2002年 ISBN 4487797144 92頁
  7. ^ せんだみつお『ナハ』東京書籍、2002年 ISBN 4487797144
  8. ^ ぶんか社 2004年 ISBN 4821108674

関連書籍[編集]

スウィング・ウエスト時代について語るインタビューを掲載。