滝トール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

滝 トール(たき トール、男性、1949年3月8日 - )は、日本司会者、ローカルタレント。本名、秋本 良博(あきもと よしひろ)。

滋賀県出身。とーくing所属(取締役にも名を連ねている)。1966年9月に弟子入り、1967年4月から関西を中心に活動している。京都市在住。O型

来歴・人物[編集]

滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)生まれ。父親は警察官。4人兄弟(6人兄弟)の末っ子。 小学校3年生まで伊香郡木之本町(父親の最後の勤務地)で育った後、4年生の時に大阪府河内市花園(今の東大阪市)に引越す。花園小学校、花園中学校近畿大学付属高等学校卒業。 1972年、結婚。同い年の妻との間に1男あり。 身長172cm。体重56~57kg。胸囲78cm。靴のサイズ25cm。

学生時代から漫才が好きで友人と素人参加の演芸番組などに出演していた、出演した番組では司会だったのが漫画トリオ、審査員が横山エンタツ花菱アチャコであった。その番組では審査員の評価は得られなかったが友人が番組終了後横山ノックに弟子入りし「横山のらり・くらり」でデビューした為に、自身も他の友人の紹介で高校3年生の1966年9月に漫談家の滝あきらに弟子入りし花月に通い始める。弟弟子に九十九一村上ショージらがいる。師匠とは違い漫談ではなく主に演歌や歌謡歌手の司会、ラジオ・テレビのタレントを中心に活動。32歳まで、京阪守口駅前の「クラブ」、の「ミュージックレストランはごろも」でのスクールメイツの司会、宗右衛門町の「クラブみなみ」などでの司会が生活の基本だった。

独特の話術が特徴。マクレガー(服のブランド)好き。男の日傘を推進している。

2006年4月下旬の野外イベントで花粉症になり、声質が変わった。5つのクリニックを回ったが治らなかった。

中学3年生の時に弁論大会に出て、「暗黒大陸、もしこの世に新聞がなかったら」とういタイトルで5分間ほどしゃべって優勝。原稿は姉がすべて書いた。

「KBS滋賀の会」会長。かつてのKBS滋賀時代を懐かしみ今後のKBS滋賀はこうなってほしい、という毎年6月に開催する会。2012年の参加者は滝、晃瓶など4名、2013年の参加者は3名、2015年の参加者は滝、伯枝、小池ゆか、ディレクターと妻、ミキサー。

出演番組[編集]

現在[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

  • スターでスタート(OBC
  • みんなでみんなでリクエスト バンザイ!歌謡曲(1969年から1976年3月まで7年間、OBC)
    • 20歳の時、中西ディレクターに起用。相方は浅川美智子。
  • 日石チューンナップジョッキー(1973年頃、OBC)
  • ニクイ7番 電話してよかった!(1973年10月~1974年3月、CBCラジオ
    • 45分間の夕方の番組。ニクイ7番はCBCの受付番号(当時291-0007)で、ここに電話してもらって相手と喋るだけの番組。関東の泉ピン子、中京のつボイノリオ、関西の滝トールや桂春之輔が横並びで喋っていた。
  • おはようCBC(1974年4月~1976年4月、CBCラジオ)朝の2時間番組
  • サタデースタジアムKBS京都ラジオ)KBS京都での初めての仕事
  • 生本番 ゴールデン歌謡曲(KBS京都ラジオ)28歳の時
  • サタデーミュージックベストテン(1981年10月から2年半 KBS京都ラジオ)アシスタント:寺島千恵子
  • パンプキンスクエアー(1985年10月から半年 金曜15:00-17:00 、土曜15:00-18:00 KBS京都ラジオ)
  • KBS京都ベストヒット歌謡曲(1986年4月~2002年3月、KBS京都ラジオ)
  • besthit Kyoto(2002年4月~2004年3月、KBS京都ラジオ)
  • モーニングコントラスト(1988年~1990年9月、月曜~金曜 5:00-6:00、エフエム大阪 録音番組)全て標準語で台本を読む
  • さんさんわいど滋賀(1991年4月1日~1996年3月25日、月曜 15:00-18:00、KBS滋賀
  • フリーウェイブ メイドイン京都 「バンドルディ ウーン バンドルディ」(KBS京都ラジオ)
  • 京都大好きラジオ(1999年4月6日~2001年3月27日 火曜日・KBS京都ラジオ)アシスタント:福田まゆみ(滝トール指名)
  • 滝トールの金曜日たっきんワイド(FM845
  • とんとんモーニング・木曜(FM845)

ほか

テレビ[編集]

ほか

関連項目[編集]

  • 三条杜夫(さんじょう もりお)

Talent office とーくing オフィシャルサイト