滝沢秀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たきざわ ひであき
滝沢 秀明
生年月日 (1982-03-29) 1982年3月29日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]八王子市[2]
身長 169 cm[3]
血液型 A型[1]
職業 歌手俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台CM
活動期間 1995年[4] -
公式サイト Johnny's net > タッキー&翼
主な作品
テレビドラマ
木曜の怪談』/『ニュースの女』/『魔女の条件
太陽は沈まない』/『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』/『太陽の季節
僕だけのマドンナ』/『義経』/『オルトロスの犬』/『真夜中のパン屋さん』/『 鼠、江戸を疾る』『せいせいするほど、愛してる』
備考
タッキー&翼のメンバー

滝沢 秀明(たきざわ ひであき[1]1982年3月29日[1] - )は、日本俳優タレント歌手で、男性アイドルグループタッキー&翼のメンバー。愛称は「タッキー」。

東京都[1]八王子市出身[2]ジャニーズ事務所所属。

略歴[編集]

堂本光一に憧れ[5]自分で履歴書を送り[2]1995年に13歳でジャニーズ事務所に入所[4][6]今井翼屋良朝幸とは入所日が同じ[4]。事務所の合宿所に入り、相葉雅紀二宮和也松本潤らと生活していたこともあった[7]。同年、フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得る。

1999年TBS系ドラマ『魔女の条件』で松嶋菜々子演じる高校教師と禁断の恋に落ちる生徒役をW主演で演じた[8]

2002年9月、同期で当時同じくジャニーズJr.内で人気を得ていた今井翼とタッキー&翼として歌手デビュー。その後も俳優バラエティ番組の仕事も並行して続けている。

2005年にはNHK大河ドラマ義経[9] の主役・源義経に当時としては最年少で抜擢され[10]、同年5月3日には藤原まつりの「源義経公東下り行列」にも義経役で参加した[11]。この大河ドラマの演技が評価され、第14回橋田賞を受賞[12]。またこの頃、事務所社長のジャニー喜多川が「和に特化した舞台を作りたい」と滝沢に打診し、2006年から『滝沢演舞場』がスタートする[13]

2009年1月7日、シングル『愛・革命』でソロデビューし、オリコンウィークリーランキングで初登場1位を記録[14]

2010年4月の舞台『滝沢歌舞伎』で舞台演出家デビュー[15]

2010年の8月からJohnny's netで「滝CHANnel」を配信。

2012年6月9日、ミクロネシア連邦友好親善大使に就任[16]

2013年の7月31に発売したライブDVD「TACKEY SUMMER “LOVE” CONCERT2012」がDVD部門で、初登場1位を獲得してソロアーティスト史上初の10作連続1位を記録した。

2014年に舞台『滝沢歌舞伎』が初めて福岡・博多座公演を実現させ[17]2015年8月にはジャニーズ制作の舞台としては初の海外公演をシンガポールで開催した[18][19][20]

2017年、映画『こどもつかい』で映画初主演[21]

人物[編集]

14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ[22]ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに関ジャニ∞となるメンバー[22]山下智久生田斗真風間俊介[23]を含むJr.120人をコンサートなどでまとめ[2]、「東のタッキー、西のすばる」とも称された[24]Jr.黄金期をけん引した[2]。絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから[25]「小さいジャニーさん」とも言われていたという[22]。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く[7]、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで[22]、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなどの教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている[26]。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2A.B.C-Zである[22]

大のプロレス好きで、少年時代は大仁田厚のおっかけをしていたこともある[27]2000年には「力道山メモリアル」でアントニオ猪木エキシビションマッチで戦った[28]

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 愛・革命(2009年1月7日)
  2. シャ・ラ・ラ/無限の羽(2009年5月6日)
  3. ヒカリひとつ(2009年9月23日)

配信限定[編集]

  1. あなただけに今歌うこの詩(2014年1月10日)

映像作品[編集]

  1. DREAM BOY(2004年8月11日)
  2. Hideaki Takizawa 2005 concert 〜ありがとう2005年さようなら〜(2006年8月30日)
  3. 滝沢演舞城(2007年7月18日)
  4. One! -the history of Tackey-(2008年1月23日)
  5. 滝沢演舞城 '08(2009年2月18日)
  6. 新春 滝沢革命(2010年3月10日)
  7. 滝沢歌舞伎(2010年9月22日)
  8. 帝国劇場100周年記念公演 新春 滝沢革命(2011年6月8日)
  9. 滝沢歌舞伎 2012(2013年2月20日)
  10. 滝沢秀明 南米縦断 4800Km DVDBOX&Blu-rayBOX(2013年6月12日)
  11. TACKEY SUMMER “LOVE” CONCERT2012(2013年7月31日)
  12. 滝沢歌舞伎 2014(2014年7月16日)
  13. 滝沢歌舞伎 10th Anniversary(2016年2月3日)

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 犬夜叉(2004年4月19日、読売テレビ)- シャコ役

舞台[編集]

  • MASK
    大阪松竹座で最年少座長を務めたミュージカル
  • DREAM BOY(2004年1月8日 - 31日、帝国劇場[39]
    本人が最年少座長を務めたミュージカル。5月には梅田コマ劇場で「KAT-TUN&関ジャニ∞編」(4月30日 - 5月7日〔全14回〕)、「滝沢秀明編」(5月8日 - 23日〔全22回〕)が再演された[40]
  • 滝沢演舞城(2006年3月7日 - 4月25日〔全74回〕、新橋演舞場
    新橋演舞場での男性史上最年少座長。[9][41]
  • One! -the history of Tackey-(2006年9月5日 - 28日、日生劇場
    本人の生い立ちを描いた自伝的ミュージカル。[6]
  • 滝沢演舞城 2007(2007年7月3日 - 29日、新橋演舞場)
  • 滝沢演舞城 '08 命(LOVE)(2008年4月2日 - 27日〔全38回〕、新橋演舞場)
  • 新春滝沢革命(2009年1月1日-1月27日〔全41回+特別公演〕、帝国劇場)
  • 滝沢演舞城'09 タッキー&Lucky LOVE (2009年3月29日 - 4月26日〔全44回〕、新橋演舞場)
  • 新春人生革命〔全19回〕 / 新春滝沢革命〔全31回〕 (2010年1月1日 - 28日、1月30日 - 2月6日、帝国劇場)
  • 滝沢歌舞伎(2010年4月4日 - 5月8日〔全52回〕、日生劇場)
    主演に加え、初めて舞台の演出を手がける[15]
  • 新春滝沢革命(2011年1月1日 - 27日〔全38回〕、帝国劇場)
  • 滝沢歌舞伎(2011年4月8日 - 5月8日〔全39回〕、日生劇場)
  • 新春滝沢革命(2012年1月1日 - 1月29日、帝国劇場)
  • 滝沢歌舞伎 2012(2012年4月8日 - 5月6日〔全40回〕、日生劇場)
  • 新春Johnny's World 正月はタッキーと共に(2013年1月1日 - 6日〔全10回〕、帝国劇場)
  • 滝沢演舞城 2013(2013年4月7日 - 5月12日〔全47回〕、新橋演舞場)
  • 滝沢歌舞伎 2014(2014年3月6日 - 3月30日〔全35回〕、博多座 / 4月7日 - 5月6日〔全42回〕、新橋演舞場)[9]
  • 滝沢歌舞伎 10th Anniversary(2015年4月8日 - 5月17日〔全52回〕、新橋演舞場 / 8月18日 - 8月23日〔全8回〕、シンガポール・マリーナ・ベイ・サンズグランドシアター)[20]
  • 滝沢歌舞伎 2016(2016年4月10日 - 5月15日〔全49回〕、新橋演舞場)
  • 滝沢歌舞伎 2017(2017年4月6日 - 5月14日〔全53回〕、新橋演舞場)

ソロコンサート[編集]

  • ありがとう2005年さようなら(2005年12月23日 - 25日、横浜アリーナ大阪城ホール、2か所2日間4公演)
  • 滝様(タッキーサマー)CONCERT`09Youも乗っちゃいなよ〜Tackey Summer(滝様)JET(2009年6月27日 - 7月17日、横浜アリーナ・日本ガイシホール・大阪城ホール、3か所5日間6公演)
  • タッキーサマーコンサート 2010 Youも来ちゃいなよ タッキーリゾート建築中 見学会(2010年7月18日、横浜アリーナ、1か所1日間1公演)
  • タッキーサマーコンサート 2010 Youも来ちゃいなよ タッキーリゾート(2010年7月31日 - 8月15日、大阪城ホール・日本ガイシホール・横浜アリーナ、3か所6日間7公演)
  • TACKEY SUMMER CONCERT 2012(2012年7月26日 - 7月27日、国立代々木第一体育館 / 8月4日、札幌市民ホール / 8月12日、八王子オリンパスホール / 8月19日、大阪城ホール / 8月22日、名古屋センチュリーホール / 8月25日、鹿児島市民文化ホール / 8月26日、佐世保市民会館 / 8月30日、沖縄コンベンション劇場
  • 滝沢秀明 Xmas Special Show 2016(2016年12月22・23日、帝国ホテル大阪 / 25日・26日、ANAインターコンチネンタルホテル東京)

イベント[編集]

  • J Series Festival(2014年11月15日、サイアム・パワライ・ロイアル・グランドシアター)[42]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 写真集『TACKEY TRIP 29』『TACKEY TRIP 30』(2013年3月29日、講談社[57]
  • アイバンク活動啓発用DVD「ヒ・カ・リ」(2015年)[58]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 滝沢秀明のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e “タッキー ジャニーズ入り21年…出会いが生んだ“今の自分””. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年7月12日). http://www.daily.co.jp/gossip/man_in_the_news/2016/07/12/0009278428.shtml 2016年7月18日閲覧。 
  3. ^ PROFILE(タッキー&翼)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c “タッキー&翼の同期、舞台初主演”. 朝日新聞DIGITAL. (2011年12月28日). オリジナル2013年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131101195112/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201112280012.html 2014年11月20日閲覧。 
  5. ^ “11年目の「滝沢歌舞伎」が目指すのは「スカッとする舞台」 光一にあこがれたタッキーが体当たり(2/2ページ)”. 産経ニュース. (2016年4月3日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160403/ent1604030012-n2.html 2016年7月18日閲覧。 
  6. ^ a b “タッキー壮絶“自分史”舞台に…初めて明かすビンボー秘話”. スポーツ報知. (2006年8月15日). オリジナル2007年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070228122259/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20060815-OHT1T00077.htm 2014年11月20日閲覧。 
  7. ^ a b 滝沢秀明 (2016年7月10日). 滝沢秀明振り返る10代、20代「合宿所で風呂の取り合いを」. (インタビュー). 女性自身.. http://jisin.jp/serial/johnnys/johnnysinfo/24603 2016年7月18日閲覧。 
  8. ^ a b 滝沢秀明、松嶋菜々子との“初キス”は「衝撃」 本音告白でスタジオ興奮”. モデルプレス (2016年7月9日). 2016年7月18日閲覧。
  9. ^ a b c 滝沢秀明 (2013年12月13日). 「滝沢歌舞伎2014」始動!滝沢秀明さんインタビュー. (インタビュー). 劇ナビFUKUOKA.. http://gekinavi.jp/geki_news/2013/12/2014.html 2014年11月20日閲覧。 
  10. ^ 「義経」主役に滝沢さん NHK大河、史上最年少”. 47NEWS (2003年8月6日). 2014年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月18日閲覧。
  11. ^ “28万人押し寄せ「タッキーさまさま」”. Sponichi Annex. (2005年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050504022.html 2015年5月3日閲覧。 
  12. ^ “橋田壽賀子 生タッキーに大喜び”. Daily Sports online. (2006年5月11日). オリジナル2007年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071128065227/http://www.daily.co.jp/gossip/2006/05/11/214649.shtml 2015年7月16日閲覧。 
  13. ^ 滝沢秀明,ジャニー喜多川 (2015年3月26日). 「滝沢歌舞伎」10年目突入…最新技術で攻めの舞台. インタビュアー:冨野洋平. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015-03-29時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2015.03.29-044643/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150313-OYT8T50037.html 2016年7月18日閲覧。 
  14. ^ 滝沢秀明、ソロデビュー曲で6年7カ月ぶり快挙”. 日テレNEWS24 (2009年1月13日). 2015年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
  15. ^ a b “タッキーが今春主演舞台で演出家デビュー”. nikkansports.com. (2010年1月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100104-582317.html 2013年12月17日閲覧。 
  16. ^ 祝 ミクロネシア連邦 友好記念直行便”. ミクロネシア連邦政府観光局. ミクロネシア連邦. 2015年6月17日閲覧。
  17. ^ “タッキー「滝沢歌舞伎2014」福岡にも進出”. nikkansports.com. (2014年2月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140211-1255968.html 2015年7月16日閲覧。 
  18. ^ “滝沢歌舞伎が10年目にシンガポール進出”. nikkansports.com. (2015年2月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150218-1435870.html 2015年7月16日閲覧。 
  19. ^ “「滝沢歌舞伎」ジャニーズ舞台で初海外”. Daily Sports Online. (2015年2月18日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/02/18/0007748952.shtml 2015年7月16日閲覧。 
  20. ^ a b “タッキー海外舞台デビュー!シンガポールに雪降らせた!”. Sponichi Annex. (2015年8月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/19/kiji/K20150819010963680.html 2015年11月22日閲覧。 
  21. ^ a b “滝沢秀明が映画初主演、清水崇のホラー「こどもつかい」で“見た事も無い役どころ””. 映画ナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/eiga/news/192856 2016年7月1日閲覧。 
  22. ^ a b c d e f “なぜタッキーは“小さいジャニーさん”と言われるのか?”. スポーツ報知. (2016年7月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160709-OHT1T50035.html 2016年7月18日閲覧。 
  23. ^ 滝沢秀明、嵐・山下智久・生田斗真らと“V6縛りカラオケ”の一夜明かす”. モデルプレス (2016年7月10日). 2016年7月18日閲覧。
  24. ^ 「今年来る」関西ジャニーズJr.人気の理由”. 女性自身. 光文社 (2013年4月5日). 2016年7月18日閲覧。
  25. ^ 滝沢秀明&櫻井翔、不仲説に言及「後ろめたさがずっとあった」「しんどかった」”. モデルプレス (2016年7月14日). 2016年7月18日閲覧。
  26. ^ 滝沢秀明の“キスの儀式”とは キスマイ北山宏光の「特にヤンチャだった」Jr.時代、恋人疑惑の存在も”. モデルプレス (2016年7月9日). 2016年7月18日閲覧。
  27. ^ “タッキー格闘技大会やりたい”. Sponichi Annex. (2006年7月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060704039.html 2015年3月29日閲覧。 
  28. ^ “タッキー、真剣!全日入り?プロレス大好き!”. CHUNICHI Web. (2006年7月6日). オリジナル2006年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060705233220/http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060704/spon____hou_____003.shtml 2013年10月31日閲覧。 
  29. ^ “タッキー19歳バースデー 突然のバースデーケーキに大喜び”. スポーツ報知. (2001年3月29日). オリジナル2001年12月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/7JSHw 2017年2月6日閲覧。 
  30. ^ “滝沢&池脇「太陽の季節」で共演 原作・石原都知事も期待”. スポーツ報知. (2002年5月26日). オリジナル2002年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021014225414/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20020526_60.htm 2015年7月16日閲覧。 
  31. ^ “タッキー、夢追う息子熱演…ドラマ「父の海、僕の空」”. SANSPO.COM. (2004年8月15日). オリジナル2005年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050307060651/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200408/gt2004081505.html 2017年2月6日閲覧。 
  32. ^ “TBS正月ドラマ タッキー主演で八犬伝”. Sponichi Annex. (2005年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050712001.html 2015年5月3日閲覧。 
  33. ^ “長澤まさみ&タッキー初共演…日テレ2夜連続シェイクスピア”. スポーツ報知. (2007年1月30日). オリジナル2007年9月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070915081945/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070130-OHT1T00076.htm 2014年11月20日閲覧。 
  34. ^ “タッキー&深キョンで夫婦ドラマ…日テレ24時間テレビ 司会に続き主演”. スポーツ報知. (2007年5月20日). オリジナル2007年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070601165042/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070520-OHT1T00062.htm 2014年11月20日閲覧。 
  35. ^ 「鼠、江戸を疾る」で滝沢秀明が新しい“平成の鼠小僧”に!”. webザテレビジョン (2013年12月16日). 2013年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
  36. ^ “鼠小僧再び!タッキー歓喜「僕はドラマの続編は初めて。うれしい」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年11月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151103/joh15110305040001-n1.html 2015年11月3日閲覧。 
  37. ^ タッキー、警察ドラマ初挑戦 見せ場のアクション「願いがかなった」”. ORICON STYLE (2013年10月29日). 2013年10月31日閲覧。
  38. ^ 武井咲、滝沢秀明と7月期連ドラで初共演 禁断愛描く「私にできるのだろうか」”. ORICON STYLE (2016年5月25日). 2016年5月25日閲覧。
  39. ^ “タッキー座長が“逃亡者”に!”. SAMSPO.COM. (2003年10月). オリジナル2003年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210154143/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003101511.html 2014年11月20日閲覧。 
  40. ^ “「Dream Boy」大阪進出”. Daily Sports online. (2004年2月1日). オリジナル2004年4月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040417172023/http://www.daily.co.jp/gossip/2004/02/01/114511.shtml 2015年5月3日閲覧。 
  41. ^ “タッキー4劇場目 史上最年少座長公演”. Sponichi Annex. (2005年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20051130017.html 2014年11月20日閲覧。 
  42. ^ 国際ドラマフェスティバル in TOKYO 11月15日にタイで放送コンテンツに関する大規模イベント第2弾「J Series Festival」を開催! (PDF)”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO実行委員会 (2014年11月10日). 2016年7月18日閲覧。
  43. ^ “タッキー、「オールナイトニッポン」で単独初パーソナリティ!”. SAMSPO.COM. (2007年4月19日). オリジナル2007年5月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070528142659/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200704/gt2007041904.html 2016年2月18日閲覧。 
  44. ^ “タッキーがラジオで初レギュラー“手作り”の番組づくり目指す”. SANSPO.COM. (2007年10月2日). オリジナル2007年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071012033849/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200710/gt2007100203.html 2016年7月18日閲覧。 
  45. ^ “タッキー、本場河南省でハードに少林寺拳法修行”. SANSPO.COM. (2004年3月22日). オリジナル2004年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040404075435/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200403/gt2004032212.html 2017年2月6日閲覧。 
  46. ^ “タッキー「世界の謎」を解く”. スポーツ報知. (2012年1月28日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094341/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120128-OHT1T00013.htm 2016年7月18日閲覧。 
  47. ^ “滝沢秀明 :南米縦断4800キロの旅「人生観変わった」 今井翼と初の本音対談も”. MANTANWEB. (2012年12月22日). http://mantan-web.jp/2012/12/22/20121221dog00m200070000c.html 2013年10月31日閲覧。 
  48. ^ “タッキー日韓CM共催 大物タレントでは初めて進出”. スポーツ報知. (2001年2月14日). オリジナル2001年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011217231233/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20010214_10.htm 2015年7月16日閲覧。 
  49. ^ “タッキーは寝起きもセクシー…6日から新CMで披露”. SANSPO.COM. (2005年7月3日). オリジナル2005年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051202232001/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005070312.html 2016年7月18日閲覧。 
  50. ^ “滝沢秀明、マフィアボスに…Spa王新CM”. スポーツ報知. (2008年4月24日). オリジナル2008年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080427202625/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080424-OHT1T00053.htm 2014年11月20日閲覧。 
  51. ^ “タッキー新CM「頑張らナイト!!」”. CHUNICHI Web. (2008年9月17日). オリジナル2008年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080920222221/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008091702000083.html 2013年12月17日閲覧。 
  52. ^ 滝沢秀明、お酒のCM初出演。豪快に「直搾りしました」”. 日テレNEWS24 (2009年3月19日). 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
  53. ^ 滝沢秀明さんが2人の風神に扮して出演!「生薬」と「洋薬」のW処方」のかぜ薬『改源錠』 (PDF)”. カイゲンファーマ (2012年9月4日). 2013年10月31日閲覧。
  54. ^ CMキャラクターは滝沢秀明さん (PDF)”. THEグローバル社 (2013年4月6日). 2013年10月31日閲覧。
  55. ^ “三宅健&滝沢秀明の“ケン&タッキー”コンビがKFCのCM出演”. ORICON STYLE. (2016年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2069846/full/ 2016年4月8日閲覧。 
  56. ^ 滝沢秀明、白髪染めCMに「正直びっくり」 - 大人のスタイリッシュさ見せる”. マイナビニュース (2017年2月6日). 2017年2月6日閲覧。
  57. ^ “タッキー「永遠の24歳でいたい」ファン500人サプライズ誕生祝い”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年3月31日). オリジナル2013年3月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130331061207/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130331-OHT1T00024.htm 2016年7月18日閲覧。 
  58. ^ “滝沢秀明 眼球提供のドナー登録”. Daily Sports Online. (2015年5月29日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/29/0008073772.shtml 2015年7月16日閲覧。