灘五郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
御影郷の一つ、灘泉の酒蔵。灘五郷唯一の木造酒蔵(現存しない)

灘五郷(なだごごう)は、「灘の生一本」で知られる日本酒の生産地。兵庫県神戸市東灘区灘区と同県西宮市を合わせた阪神間の地域を指す。酒造りに適した上質の酒米(山田錦)と上質のミネラル水(宮水)が取れ、寒造りに最適と呼ばれる『六甲おろし(六甲颪)』が吹き、そして製品の水上輸送に便利な港があったことから、日本酒の名産地として栄えた。関西の私鉄である阪神電気鉄道とバスが酒蔵見学の足となる。

歴史[編集]

かつては伊丹池田摂津の代表的な酒どころであった。しかし幕府江戸に移って以降、当時の技術で品質を落とさずに江戸まで酒を輸送するのには困難がつきまとった。そこで、伊丹・池田よりも輸送所要日数にして2・3日は短縮可能な灘地区が、江戸時代中期以降の上方酒の主流となっていった。また、江戸時代中期には灘では絞油業も栄えて、絞油業を大坂に独占させて江戸への油の一元的供給を図ろうとした江戸幕府と対立したが、後に江戸への直接販売が認められるようになった[1]

明治期以降、豊かな醸造家は阪神間モダニズム文化の牽引役となった。

灘五郷を本拠地とする酒造メーカーのほか、各地の酒造メーカーの進出も多く、京都の松竹梅、滋賀の道灌なども灘五郷にも工場を置いている。かつては、京都の月桂冠伊丹市白雪、和歌山の世界一統なども工場を置いていた。また、忠勇富貴、富久娘、福徳長など非関西資本の傘下に入ったところもある。

阪神・淡路大震災では、白壁土蔵造りの酒蔵、赤煉瓦の酒蔵など伝統的な景観が大いに損なわれた。震災後、中小蔵元の廃業も見られた。

とはいえ、多くの有名メーカーが軒を連ね、日本一の酒造業地帯であることに変わりはない。仕込みの時期には新酒の香りも漂い、それが環境省かおり風景100選にも選ばれた。

江戸前期までの灘目三郷[編集]

  • 今津郷
  • 上灘郷
  • 下灘郷

江戸時代の灘五郷[編集]

上灘郷が3つの組に分裂した。

  • 今津郷:現在の兵庫県西宮市今津地区
  • 東組(魚崎郷):現在の兵庫県神戸市東灘区魚崎本庄地区
  • 中組(御影郷):現在の兵庫県神戸市東灘区御影住吉地区
  • 西組(西郷):現在の兵庫県神戸市灘区新在家大石地区
  • 下灘郷:現在の兵庫県神戸市中央区

明治中期以降の灘五郷[編集]

下灘郷が衰退し、西宮郷が加わる。 (括弧で区切ったものは廃業した蔵)

  • 今津郷:現在の兵庫県西宮市今津地区
    • 大関白雪(伊丹へ集約)・扇正宗・(金鹿(大関に醸造委託した後にブランド譲渡))
  • 西宮郷:現在の兵庫県西宮市浜脇・用海地区
    • 白鹿白鷹日本盛・(多聞(大関へブランド譲渡))・灘自慢・喜一・金鷹(休造中)・(寿海(沢の鶴へブランド譲渡))・灘一・寶娘・島美人(清酒)(←さつま焼酎とは無関係である)・富貴(富久娘酒造に灘の生産拠点を集約)・徳若
  • 魚崎郷:現在の兵庫県神戸市東灘区魚崎・本庄地区
  • 御影郷:現在の兵庫県神戸市東灘区御影・住吉地区
  • 西郷:現在の兵庫県神戸市灘区新在家・大石地区
    • 沢の鶴忠勇(白鶴酒造へブランド譲渡)・富久娘(オノエングループ)・金盃(永田醸造機械のバックアップで操業再開)・(菊川(岐阜へ集約後廃業))・月桂冠(伏見へ集約)

灘五郷にある日本酒をテーマとする施設・博物館[編集]

(別途、みりんをテーマにした施設を紹介)

脚注[編集]

  1. ^ 津田秀夫「油江戸積み禁止令」/高尾一彦「油絞運上」(『国史大辞典 1』(吉川弘文館、1979年)および藪田貫「油仕法」(『日本歴史大事典 1』(小学館、2000年)

関連項目[編集]