熊谷渋川連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国道17号標識

熊谷渋川連絡道路 (くまがや・しぶかわれんらくどうろ)は、起点を埼玉県鴻巣市、終点を群馬県渋川市とする延長70km地域高規格道路の路線名である。国道17号の一部。

概要[編集]

1994年12月16日候補路線へ、1998年6月16日に計画路線へと指定された。

起点では同じく地域高規格道路の新大宮上尾道路終点から直結される計画で、終点では関越自動車道渋川伊香保ICと接続[1]しており、地域高規格道路上信自動車道とも接続する計画。

国道17号現道に対する大規模なバイパス道路でもあり、現道における同区間の主要都市である熊谷深谷本庄高崎前橋の各市街地を経由せずに、太田市伊勢崎市の間を走る群馬県内のショートカット経路になっている(本庄市・高崎市は市域にすら入らない)。

2017年3月19日に上武道路の未開通区間が開通したことで、暫定形(側道部のみ整備区間と暫定2車線区間がある。詳細は後述)ではあるが、遂に鴻巣市から渋川市までの直結が実現された。これにより、東京新潟方面の距離が大幅に短縮された。

更に、前述の新大宮上尾道路と直結されると、国道17号における東京都北部から群馬県中部までの約100kmを越える長距離[2]が、高規格なバイパス道路で結ばれることになり、更なる時間短縮が図られる見込である[3]

構成する道路[編集]

  • 熊谷バイパス(箕田−玉井IC間、約16km)
    側道である一般道路の整備は4車線で完了済み。自動車専用道路本線(4車線)の事業化は未定。側道であるが、本線用地を活用し、立体交差化をした交差点がある。
  • 深谷バイパス(玉井IC−上武IC間、約4km)
    側道である一般道路の整備は4車線で完了済み。自動車専用道路本線(4車線)の事業化は未定。
  • 上武道路(全線指定、40.5km)
    緩和ルールに基づく一般道路規格で、2017年3月19日に全線開通[4]。一部区間は4車線化済、一部区間は暫定2車線。
  • 前橋渋川バイパス(全線指定、5.7km)
    緩和ルールに基づく一般道路規格で、2010年3月20日に全線開通。暫定2車線(4車線の計画。現道拡幅区間のみ4車線化済み)。

インターチェンジ[編集]

構成する4バイパスの中で、インターチェンジとして存在している他の道路との接続地点について一覧にする。熊谷・深谷バイパスにおいて、これが実際に本線のインターチェンジになるのか、それ以外にも本線インターチェンジが設けられるのかについては不明。

  • 持田インターチェンジ:埼玉県行田市持田
    • 熊谷バイパス上にある。国道125号現道と接続する。
  • 玉井インターチェンジ:埼玉県熊谷市玉井
    • 熊谷バイパスと深谷バイパスの接続地点。本線に合わせ、熊谷バイパス鴻巣・東京方面と深谷バイパス渋川・新潟方面が直結しており、鴻巣方面より熊谷バイパスの終点(本庄・高崎)方面(連絡道路区間外)が分岐するハーフインターチェンジ。国道407号との立体交差(代交差点)と一体化している。
  • 上武インターチェンジ:埼玉県熊谷市西別府
    • 深谷バイパスと上武道路の接続地点。玉井ICとは異なり、深谷バイパス熊谷方面と終点(本庄・高崎)方面(連絡道路区間外)が直結して、熊谷方面から上武道路が分岐するハーフインターチェンジ。上武道路は本線として建設されているため、これまで側道として建設され分離していた上下線がインターチェンジの先で合流する。
  • 伊勢崎インターチェンジ:群馬県伊勢崎市三和町
  • 渋川伊香保インターチェンジ:群馬県渋川市中村

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 厳密には渋川伊香保ICの直前までの道路になっているが、構造上、国道17号本線新潟方面へ直結しており、渋川伊香保ICのランプに直接接続できる。
  2. ^ 直線距離では100km未満。
  3. ^ 新大宮上尾道路を構成する上尾道路(の側道)が、首都圏中央連絡自動車道桶川北本ICより当路線を構成する熊谷バイパス起点の鴻巣市箕田までの区間でまだ未開通。
  4. ^ 国道17号 上武道路 平成29年3月19日(日)に全線開通 [(主)前橋赤城線〜国道17号田口町南交差点間3.5km] (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 高崎河川国道事務所 (2017年2月3日). 2017年2月3日閲覧。

関連項目[編集]