熊谷渋川連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国道17号標識

熊谷渋川連絡道路 (くまがや・しぶかわれんらくどうろ)は、起点を埼玉県鴻巣市、終点を群馬県渋川市とする延長70km地域高規格道路の路線名である。国道17号の一部。1994年12月16日候補路線に指定。1998年6月16日計画路線に指定。

埼玉県鴻巣市箕田の国道17号から群馬県渋川市の国道17号を結ぶバイパス道路として計画されており、国道17号(現道)の大きな迂回路となっている。これにより、群馬県から東京新潟方面の距離が大幅に短縮される。

2017年3月19日に上武道路の未開通区間が開通することで、暫定形ではあるが、遂に鴻巣市から渋川市までの直結が実現される見込みである。

構成する道路[編集]

  • 熊谷バイパス(箕田−玉井IC間)
    側道としての整備は完成4車線で完了済み。地域高規格道路としての本線の建設時期は未定。側道であるが、本線用地を活用し、立体交差化をした交差点がある。
  • 深谷バイパス(玉井IC−上武IC間)
    側道としての整備は完成4車線で完了済み。地域高規格道路としての本線の建設時期は未定。
  • 上武道路(全線指定)
    一部区間は建設中、2017年3月19日全線開通予定[1]。開通済み区間の一部は暫定2車線。
  • 前橋渋川バイパス(全線指定)
    暫定2車線で開通済み(現道拡幅区間のみ4車線化済み)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国道17号 上武道路 平成29年3月19日(日)に全線開通 [(主)前橋赤城線〜国道17号田口町南交差点間3.5km] (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 高崎河川国道事務所 (2017年2月3日). 2017年2月3日閲覧。

関連項目[編集]