片岡孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
かたおか たかたろう
片岡 孝太郎
屋号 松嶋屋
定紋 追っかけ五枚銀杏 Oikake Go-mai Ichō inverted.png
生年月日 1968年1月23日(46歳)
本名 片岡康雄
襲名歴 1. 片岡孝太郎
出身地 京都府
十五代目片岡仁左衛門
兄弟 片岡サチ
片岡京子
片岡千之助
当たり役
歌舞伎
女殺油地獄』のお吉
河庄』の小春

テレビ
白い巨塔』の佃友博
太平記』の足利義詮

片岡 孝太郎(かたおか たかたろう、1968年(昭和43年)1月23日 - )は、日本歌舞伎役者、俳優屋号松嶋屋定紋は追っかけ五枚銀杏。本名は片岡 康雄(かたおか やすお)。

京都府出身。父は十五代目片岡仁左衛門。妹が女優の片岡サチと片岡京子、長男に片岡千之助がいる。

女形としてめざましい活躍を見せ、歌舞伎界の新世代のひとりとして活躍する一方、歌舞伎以外の映画・テレビドラマでも俳優として活動の幅を広げている。

略歴[編集]

  • 1968年(昭和43年)1月23日 - 片岡孝夫(当時)の長男として生まれる。
  • 1973年(昭和48年)7月 - 歌舞伎座『夏祭』の市松で片岡孝太郎を名乗り初舞台。
  • 1987年(昭和62年) - 眞山青果賞新人賞。
  • 1991年(平成3年) - 関西で歌舞伎を育てる会奨励賞。
  • 1993年(平成5年) - 歌舞伎座賞。
  • 1994年(平成6年) - 名題昇進
  • 1998年(平成10年) - 2度目の十三夜会賞奨励賞。
  • 1999年(平成11年) - 関西・歌舞伎を愛する会奨励賞。
  • 2000年(平成12年) - 眞山青果賞奨励賞。
  • 2001年(平成13年) - 眞山青果賞。
  • 2003年(平成15年) - 国立劇場優秀賞
  • 2005年(平成17年) - 大阪舞台芸術奨励賞(歌舞伎部門)
  • 2007年(平成19年) - 国立劇場優秀賞
  • 2011年(平成23年) - 国立劇場優秀賞

来歴[編集]

芸風は上方歌舞伎の特色である気品と格調を兼ね備えたもので、赤姫や娘役を得意としている。最近は『傾城反魂香』(吃又)のおとくなど女房役や『彦山権現誓助剣』(毛谷村)のお園など強い女性の役にも積極的に挑戦している。上方歌舞伎にも力を入れており、『女殺油地獄』のお吉や『心中天網島』(河庄)の小春といった役もしっとりとつとめる。伝統歌舞伎保存会会員の一人としても活動している。

近年では歌舞伎以外の分野でも俳優としての活動の幅を広げている。1987年(昭和62年)にはスティーヴン・スピルバーグ監督映画『太陽の帝国』に特攻隊員の少年として出演したのを皮切りに、1991年(平成3年)には大河ドラマ『太平記』は足利義詮役を、2003年(平成15年)には『白い巨塔』で佃友博を演じた。2008年(平成20年)には後藤俊夫監督の映画『Beauty うつくしいもの』での主人公・小椋半次(おぐらはんじ)役を演じた。2012年にはハリウッド映画『終戦のエンペラー』で、昭和天皇を演じた[1]

青山学院中等部卒業。堀越高等学校卒業。

出演作品[編集]

歌舞伎の当たり役[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

出典[編集]