犬塚弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いぬづか ひろし
犬塚 弘
本名 犬塚 弘(ひろむ)
別名義 ワンちゃん
生年月日 (1929-03-23) 1929年3月23日(88歳)
出生地 東京府荏原郡大森町(現・東京都大田区大森
国籍 日本の旗 日本
身長 179cm
職業 俳優
コメディアン
ベーシスト
活動期間 1955年 -
主な作品
ハナ肇 の馬鹿シリーズ
男はつらいよ シリーズ 他

犬塚 弘(いぬづか ひろし、1929年3月23日 - )は、日本俳優ベーシスト。「ハナ肇とクレージーキャッツ」メンバー。2017年現在、同メンバー唯一の存命者。

本名、犬塚 弘(いぬづか ひろむ)。愛称はワンちゃん。境事務所所属。

略歴[編集]

東京府荏原郡大森町(現・東京都大田区大森)の生まれ。生家は代々の裁判官の家系であり、江戸っ子の16代目にあたるという[1]。また、元は徳川家康と共に三河から江戸へ出てきた直参の旗本の家柄で、祖父の代まで十数代にわたり現在の新橋第一ホテル本館の一帯に居を構えていた大地主だったともいう[2]

父が貿易商で海外勤務が多かったことからジャズハワイアンレコードに親しみ、音楽への興味を育まれる。暁星中学校陸軍飛行学校[3]を経て、1949年文化学院社会学部を卒業。在学中は羽仁五郎神近市子、仁戸田六三郎らの教えを受けた。貿易業をしていた父親の友人であるアメリカ人の紹介で、当時進駐軍の統計調査をしていたIBMに入社するが、その紹介者が帰国した直後、2年で退社。職場のアメリカ人たちからいじめを受けたのが直接の理由だという[1]

IBM退社後、1951年、兄が作ったハワイアンバンドグリーン・グラス・キャップ・ボーイズに参加[2]。このとき、兄から「背が高いからベースをやれ」と言われ、そのままベースを受け持った[2]。このとき、真面目な性格ゆえ日本フィルハーモニー交響楽団指揮者に基礎から個人レッスンを受けた[2]

1952年、シックス・レモンズの与田輝雄の誘いで萩原哲晶とデューク・オクテットに参加。モダンジャズを演奏するようになる[2]。しかし当時のジャズのしかつめらしさになじめないものを感じ[2]、そのころ楽屋にたびたび遊びに来ていたハナ肇の誘いでクレージーキャッツの前身である「ハナ肇とキューバン・キャッツ」の結成に参加(1955年4月1日)。ウッドベースを担当。

その後、クレージーの一員としてテレビ映画などに出演する一方、植木等ハナ肇谷啓に次ぐ『第4の男』として大映などで主演作も撮られた。しかし、「基本的にドタバタが好きじゃない」と言う犬塚は1970年以降、喜劇以外への出演が多くなり、宇野重吉などから演劇を教わっていくにつれ演劇に没頭。当時の事務所である渡辺プロダクションからの移籍を考え、10回目の交渉で現在の事務所への移籍が認められた。その際、渡辺プロの渡邊晋社長(当時)からは「つらかったら戻ってこいよ」と言われたという。また渡辺プロ創立50周年の記念パーティーには、植木等の強い誘いもあって出席している。

谷啓とは下戸という共通点から、特に親しかった。他のメンバーが夜の街に繰り出してしまうと、残った二人でトランプなどをして過ごした。久しぶりに会っても目を合わせただけで、すべてが分かる仲だったという。没後のお別れ会では、弔辞を朗読している。

暁星中学の一学年先輩でもある石橋エータローが退団し得意の料理の道に進んだ際も「オイ、水を得た魚だな」と激励をしたり、最年少の安田伸を必ず「僕と安さん」と敬意を評した。桜井センリに対しても同様に「バンドマンの給与が月平均4万円の頃桜井さんは16万円だったが誰からも揶揄されなかった」と絶賛している。植木等の死去に関して「今どき80歳なんて早すぎます」とコメント。記憶力が低下した谷啓に対しても自ら文字板を持ってキャメラの後ろに立ったり、ハナ肇には『シャボン玉ホリデー』の本番でいきなり本名=弘(ヒロム)と呼ばれた事に立腹しつつ1980年に自宅にハナ肇からクレージーキャッツ結成25周年記念の花束が届いた事に「定夫のバカヤロウ、余計な事しやがって」とハナ肇に電話し、お互いに泣き合ったという逸話がある。

『シャボン玉ホリデー』のエンディングで『スターダスト』のギターを弾く男のシルエットは、犬塚その人である[4]

メソッド演技で挑んだ『馬鹿が戦車でやって来る』の兵六が火の見櫓に登る場面や兵六のセルフパロディである高い場所が好きな『クレージー大作戦』の陣十郎(ジンベス)がロープ一本で宙吊りされる場面、『クレージーのぶちゃむくれ大発見』の私立探偵=犬丸が遊園地観覧車の梯子に登るスタント等を自ら演じている。

ミュージシャンとしてだけでなく、俳優としても地位を確立し、80歳を過ぎた現在でも精力的に活動を続けている。

2012年11月桜井センリが他界したことにより、クレージーのメンバーで最後の存命者となった。

係累[編集]

司法省中解部(現在の裁判官)の犬塚重遠は父方の祖父。歌人の原阿佐緒は母のいとこ[5]菅原文太も母方の親戚で、弘の又いとこにあたる(『最後のクレイジー犬塚弘』p.185-186)。母方の祖父は南画家の土屋漁洋(同p.177)。

出演[編集]

太字は役名

映画[編集]

主演作品[編集]

東宝クレージー映画[編集]

馬鹿シリーズ[編集]

喜劇一発シリーズ[編集]

男はつらいよシリーズ[編集]

その他[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

第3作 助け人走る 第19話 「世情大不安」(1974年2月23日)
第10作 新・必殺仕置人 第18話 「同情無用」(1977年5月20日) - 北町同心・服部左内
第14作 翔べ! 必殺うらごろし 第21話 「夜空を飛ぶ女が見た悪の罠」(1979年4月27日) - 喜兵ヱ
第17作 新・必殺仕事人 第25話 「主水 猫を逮捕する」(1981年11月6日) - 南町奉行・日高
第21作 必殺仕事人IV 第16話 「主水 転職を夢見る」(1984年2月17日) - 南町同心・木村

バラエティ・教養番組ほか[編集]

吹き替え[編集]

その他[編集]

舞台[編集]

著書[編集]

  • 飄飄として訥訥―クレージーが青春、いまも青春(1994年・労働旬報社)ISBN 9784845103737
  • 最後のクレイジー 犬塚弘 ホンダラ一代、ここにあり!(2013年・講談社)ISBN 9784062184472
佐藤利明との共著。同年の東京新聞夕刊の連載「この道 犬塚弘 最後のクレイジー」に大幅加筆したもの。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『シャボン玉ホリデー スターダストを、もう一度』 五歩一勇 (日本テレビ放送網、1995年)p.76・84
  2. ^ a b c d e f 『THE OFFICIAL CRAZY CATS GRAFFITI』(エディシオン・トレヴィル、2007年)p.318
  3. ^ 潮健児『星を喰った男』(BANDAI,1993年刊)p.73-p.74によると、犬塚と潮健児丹波哲郎の3人が陸軍飛行学校の出身であり、潮は「同じ飛行学校に、将来芸能界に進む人間が三人もいた、などというのも考えるとちょっと不思議です」と述べている。
  4. ^ 歌と歌手にまつわる話(58) ホーギー・カーマイケルの伴奏でStardust JAZZにまつわる話
  5. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.114では「母方の叔父に俳優座原保美さんがいましてね」と語っているが、母のいとこの子は本来「はとこ」と呼ばれる。

関連項目[編集]