珪石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

珪石(けいせき、: silica stone)は、ケイ酸質の鉱物岩石を資源として扱うときの鉱石名。鉱物としては石英、岩石としてはチャート、珪質砂岩、珪岩、石英片岩(珪質片岩)などがある。外観は白っぽいものが多い。

用途[編集]

産地[編集]

かつては日本各地で採取されていた。火成岩には高純度の珪石が含まれることが多く、硫黄島伽藍岳などで採掘されていたが、輸入鉱石に価格面で太刀打ちできず多くの鉱山が閉山している。現在では愛知県瀬戸市静岡県西伊豆町が産地として有名である。西伊豆町では1938年から採掘を始め、2008年まで続けられ、最盛期には日本国内の板ガラス原料の90%を産していた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西伊豆町についての出典 : 『南から来た火山の贈り物 冒険半島伊豆へようこそ 伊豆半島ジオパーク公式ガイドブック』、静岡新聞社、2013年

参考文献[編集]

関連項目[編集]