甘利はるな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あまり はるな
甘利 はるな
本名 甘利 はるな
生年月日 1996年4月10日(20歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県
血液型 B型
職業 女優
活動期間 2008年 - 現在
活動内容 映画テレビドラマ
主な作品
映画
コドモのコドモ
ブタがいた教室
備考
特技は、ピアノ。
趣味は、お笑い芸人ウォッチ。

甘利 はるな(あまり はるな、1996年4月10日 - )は、日本女優

群馬県生まれ。JMO所属。

人物略歴[編集]

2006年に銀座の日産ギャラリーで開催されていた『24時間テレビ』イベントを家族で観覧していたところをスカウトされ、芸能界入り。

その直後に受けた2008年公開の『コドモのコドモ』主演オーディションで400人の中から選ばれ[1]、持田春菜役で映画主演デビュー。小学生の妊娠・出産という題材ゆえ撮影開始前から賛否両論だったこの作品で撮影当時11歳にして妊婦役という難役を演じる。

続く実話をベースにした同年公開の『ブタがいた教室』では、転校生でクラスに馴染めない女の子・甘利花役を演じた。

そして『コドモのコドモ』での演技により、第82回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第23回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

2009年3月8日放映の骨腫瘍と闘った少女とその家族の実話をベースにした『田舎に泊まろう! スペシャルドラマ 空飛ぶりぼん』のヒロイン役に起用される。

エピソード[編集]

  • コドモのコドモ』で妊婦を演じるための参考として萩生田宏治監督から薦められて観たのは、チャン・ツィイー主演の『ジャスミンの花開く』。また出産シーンを演じる際には、母から「大きいウンチをするような感じ」というストレート過ぎるアドバイスを受けたとのこと[1]
  • ピアノは小さい頃から習い続けている。元々保育士に憧れていて、「弾けるといいかな」という理由から。
  • 目標としている女優は、『コドモのコドモ』と『海の上の君は、いつも笑顔。』で二度共演した谷村美月[2]
  • 『ブタがいた教室』と『コドモのコドモ』を観た木下ほうかが、別のキャストでは想像が全くつかないと絶賛している[3]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

雑誌[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]