ツイートする Facebook にシェア

生理的欲求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

生理的欲求(せいりてきよっきゅう)とは、アブラハム・マズローの提唱する自己実現理論における最も低次の基本的欲求を指す。人間が生命を維持するための睡眠欲食欲排泄欲がこれに当たる。

大脳新皮質の割合が大きい人間の場合、生理的欲求を顕わにするのははしたないとされる。

ただし、極限状態に置かれた場合、大脳新皮質の制御が利かなくなり、生理的欲求の確保のために殺し合いになることもある。

親鸞は、これをもって人間の本性とし、生きている限り逃れることが出来ないものとした。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
有村架純 高須克弥 小林麻央 仮面ライダーエグゼイド 松居一代 A型肝炎 竹内涼真 松井秀喜 2017年の台風 相模原障害者施設殺傷事件 友寄隆英 松井秀喜5打席連続敬遠 陸海空 こんな時間に地球征服するなんて ひよっこ (テレビドラマ) 平尾昌晃 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング 第99回全国高等学校野球選手権大会 仮面ライダービルド 浅野史郎 微生物資材
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
「生理的欲求」のQ&A
1  抑えられない第4の生理的欲求
2  マズローの基本欲求についてなのですが、
3  マズローの欲求5段階説とは何かと説明しろと言…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について