田中健三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

田中 健三(たなか けんぞう、1973年7月27日 - )は、元お笑い芸人。熊本県出身。

経歴[編集]

熊本キリンで桐畑トールの相方として活動の後、引退した。

草野球等で親交のあった伊集院光がラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』のウェブ版で語ったところによれば、引退後は居酒屋チェーン笑笑で店長として活躍していたという。また同番組の2012年4月9日放送によると、現在は「離島の民宿でいきいきと働いている」という。

出演[編集]

ドラマ[編集]

事故[編集]

桐畑とコンビを組む前、バイト仲間とのキャンプの最中に皆と川に飛び込んで遊んでいた時、お笑い芸人らしいところを見せたかったらしく、派手な飛び方で飛び込んだら頭から川に落ちてしまった。救急隊員が駆けつけた時には平気な顔をしていたが、次第に全身麻痺ということが分かり、救急ヘリで救急車ごと病院に運ばれた。怪我の症状は非常に重く救急車が通常の路面でも徐行運転で走行したという。

なお、この事故があった日にはキャンプ場の近くの病院で大掛かりな救急訓練が行われておりその訓練のために救急ヘリが近くに待機していた(通常は救急ヘリは待機していない)。また多数の医師や最新機材が稼動状態で揃っていた。こういった幸運により九死に一生を得たとされる。

上記の大事故を経験した事で今生きている事の素晴らしさを痛感しているという。

同じような重傷を負った人を応援する内容を収録したVTRに生還者代表としてお笑い芸人として出演している。

事故が起こる前までは、若手芸人らしく笑いに対する向上心はあったらしいが、事故後に人生観が大きく変わった事が結果的に芸能界引退に繋がった。