田中美佐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たなか みさこ
田中 美佐子
本名 深沢 美佐子(ふかさわ みさこ)
別名義 田中 美佐
生年月日 (1959-11-11) 1959年11月11日(57歳)
出生地 日本の旗 日本島根県隠岐郡西ノ島町[1]
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1981年 -
活動内容

1982年:『ダイアモンドは傷つかない

1986年:『愛の嵐
配偶者 深沢邦之Take2)(1995年 - )[1]
事務所 佐藤企画
主な作品
テレビドラマ
想い出づくり
愛の嵐[1]
Age,35 恋しくて
14才の母
天地人

映画
ダイアモンドは傷つかない

田中 美佐子(たなか みさこ、1959年11月11日 - )は、日本女優。本名、深沢 美佐子(ふかさわ みさこ)旧姓、田中

島根県知夫郡(現・隠岐郡西ノ島町出身。佐藤企画所属。

来歴・人物[編集]

島根県海士郡海士村(現・隠岐郡海士町)で4人兄姉の末子として誕生。県職員である父親の転勤に伴い、西ノ島町 - 西郷町 - 松江市と転居を重ねる。松徳女学院高等学校(現:松徳学院高等学校)卒業後、上京。短大在学中に、劇団ひまわりに入団[1]東洋女子短期大学英語英文科卒業後の1981年TBSの緑山私塾からドラマ『想い出づくり』でデビュー。当時の芸名は「田中美佐」であった。

1982年、『ダイアモンドは傷つかない』で映画初出演(主演)[1]し、第6回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。またこの時期にはキングレコードから歌手としてもデビューしている。演技力でも高評価を得たが、ヌードが嫌で芸能活動を休止。移籍事務所を1人で探した事もある。その時相談に乗ったのが当時浅井企画で萩本欽一のチーフマネージャーだった佐藤宏榮。佐藤の力添えで浅井企画へ移籍した後は女優業を再開して、確かな演技力で数々のドラマ、映画、舞台などへ出演する。その後、佐藤が独立(佐藤企画設立)する際、田中美佐子も佐藤企画に移籍した(佐藤企画第一号タレント)。佐藤が独立後も業務提携の形で萩本欽一のマネジメントをしている事もあり、田中美佐子主演舞台の演出を萩本欽一が何度も手掛けている。

1995年11月、付き人であった深沢邦之Take2)と結婚。田中からのプロポーズであった。当時年収1億円を誇る田中と月収10万円と格下であり年下でもある深沢との結婚生活を危ぶむ声すらあったが、その後も良き家庭を築き上げている[1]

2002年12月、女児を出産。それ以降数年は育児優先のために休業していたが、2005年10月に連続ドラマ『ブラザー☆ビート』で女優復帰してからは精力的に活躍している。

2011年4月19日、鎌倉市由比ガ浜で乗用車を運転中、男児2人と接触し男児らが軽傷を負う事故が起こった。

2012年9月16日放送の『大相撲秋場所-八日目-「関取訪問 隠岐の海」』(NHK)では、同じく隠岐出身の隠岐の海が取り上げられたことからナレーションを務めた。

具体名は明かされなかったが、新人時代に大物女優にいじめられたと告白した事がある[2]

趣味は海釣り。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 恋をしては悲しくて(1992年、演出:萩本欽一
  • 夢のまにまに(1993年、演出:萩本欽一)
  • 夏を抱きしめたい(1994年、演出:萩本欽一)
  • 花はなのこい恋(1995年、演出:高瀬久男)
  • 真夏のサンタクロース(1996年、演出:高瀬久男)
  • ピンクオクトパス(1997年、演出:足立信明)
  • COLOR(1998年、演出:足立信明)
  • 仇討物語 でんでん虫(2007年、演出:萩本欽一)
  • あらん はらん しらん(2009年、演出:萩本欽一)
  • おたふく物語(2016年9月、明治座) - おたか 役 [4]

PV[編集]

ウェブマガジン[編集]

  • 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン「旅色」伊豆箱根特集(2008年 - )

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 好き -私流恋愛作法-(1987年、講談社、ISBN 978-4061031036) トークエッセイ
  • 淋しくないよ―自然に生きて普通にできたらいい(1991年、講談社、ISBN 978-4062056854) エッセイ
  • 可愛い女でいたい(1994年、講談社、ISBN 978-4062068321) 写真集&エッセイ

レコード[編集]

EP
  • スペインへ行きたい(1983年、シングル、キングレコード、K07S-468)
LP
  • 夢売りのピエロ(1983年11月21日、アルバム、キングレコード、K28A-456)
2004年10月20日発売の『幻のメロディー3』には、当該アルバム内の一曲「二人は踊った」が作曲者・大野克夫の歌唱により収録されている。

CD[編集]

シングル(Jelly beans)

※2枚とも浅野ゆう子との2人組ユニット「Jelly beans」としてリリースした作品。

  • 嘘も本気でピュアなハートで(1997年2月5日、東芝EMI、TODT-3925) 8cm CD
  • DAY TO DAY(1997年7月30日、東芝EMI、TODT-3968) 8cm CD
アルバム
  • 夢売りのピエロ (2014年3月12日、NKCD-6660) 1983年発売の田中美佐子ファーストアルバムCD化

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.102.
  2. ^ http://taishu.jp/detail/20698/
  3. ^ “生田斗真がトランスジェンダー演じる主演作、追加キャストにミムラ、門脇麦ら5人”. 映画ナタリー. (2016年6月20日). http://natalie.mu/eiga/news/191409 2016年6月20日閲覧。 
  4. ^ 明治座九月公演「おたふく物語」を藤山直美が動画で告知”. ステージナタリー (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。

関連項目[編集]