この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田島寧子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オリンピック
女子 競泳
2000 400m個人メドレー
たじま やすこ
田島 寧子
本名 山内 寧子
生年月日 (1981-05-08) 1981年5月8日(35歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県鎌倉市
国籍 日本人
職業 女優
ジャンル 映画、舞台、テレビドラマ
活動期間 2001年 - 2007年
活動内容

2001年:女優デビュー

2007年:芸能界を引退
主な作品
テレビドラマ
『てるてる家族』
映画
『筆子・その愛 -天使のピアノ-』
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

田島 寧子(たじま やすこ、1981年5月8日 - )は、元水泳選手、元タレント。本名、山内 寧子(やまうち やすこ)[1]。旧姓、田島(たじま)[1]神奈川県鎌倉市出身。東京立正高校卒業、日本体育大学中退。2000年9月、シドニーオリンピックの400m個人メドレーで銀メダルを獲得した。

略歴

人物

3歳から喘息の体質改善のため水泳を始め、幼稚園の時に東京都練馬区に引っ越してから南光スイミングスクールに入る。練馬区立練馬第二小学校、練馬区立貫井中学校には水泳部は無かったもの、外部の試合で好成績をおさめた。

2000年、日本選手権女子400m個人メドレーで4連覇を達成して同年のシドニー五輪に出場。同種目において日本記録で銀メダルを獲得し、シドニー五輪の日本人メダル第1号となった。競泳での日本選手のメダル獲得は、バルセロナ五輪の女子200m平泳ぎで優勝した岩崎恭子以来2大会ぶりとなる。また、田島の出した400m個人メドレーの日本記録4分35秒96は、2014年6月20日に高橋美帆が4分35秒69の記録を出すまで、14年間破られなかった(高橋が新記録を出すまで競泳競技における「最古」の日本記録だった)。

2001年7月に現役を引退、大学も中退してタレント業へ転身。水泳連盟には相談無しで決めた為、連盟はこの引退を快く思っていなかった。当時は演技派女優を志していたようで、『田舎に泊まろう!』(テレビ東京)で埼玉県荒川村を訪問する等、リポーター、スポーツボランティア活動も行っていた[2]。田島はオリンピックで有名になる以前から、「将来の夢はイルカの調教師かデザイナーか女優」だった。2006年12月、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(公開は2008年)に革命左派メンバーの早岐やす子役で出演後、シドニー五輪後の社会経験不足を理由に芸能活動を休止[3]2007年3月、芸能活動を事実上引退し、現在は一般人として生活を送っている[4]

エピソード

  • シドニーオリンピック400m個人メドレーで銀メダルを獲得。インタビューで悔しさを吐露した時の「めっちゃ悔しぃ~!!」「金がいいですぅ~!!」は流行語になった。なおこの発言について後日、新聞のインタビューで「泳ぎ終わった直後に記録を見たところ予想以上によかったので『私って速いんだ』と思ったのだが、1位で金メダリストとなったウクライナの、ヤナ・クロチコワ選手との差がわずかだったとすぐに気づいたため、『もう少しがんばればよかった』と思ったため」と述べている。400m個人メドレーの表彰式の際に表彰台から落ち、その際に左足を傷め捻挫してしまった。そのために他の出場種目であった200m個人メドレーと400m自由形では精彩を欠いて予選落ちしてしまうという不運もあった。

主な戦績

  • 1997年 - 日本選手権 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝
  • 1998年 - 日本選手権 200m個人メドレー優勝、400m個人メドレー優勝
  • 1998年 - 世界選手権 女子400m個人メドレー3位(日本記録更新)
  • 1999年 - 日本選手権 400m個人メドレー優勝
  • 2000年 - 日本選手権 女子400m個人メドレー優勝(日本記録更新)
  • 2000年 - シドニーオリンピック 女子400m個人メドレー2位(日本記録更新)

出演

テレビドラマ

映画

ネット配信

  • コラム寧子草紙 (2005年11月 - 2006年10月、水泳ポータルサイト「スイミングストリート」で連載)

脚注

  1. ^ a b 平成27(2015)年度 東京会場 (PDF). オリンピアン研修会 (日本オリンピック委員会): 4. (2016年7月20日). http://www.joc.or.jp/event/olympianworkshop/pdf/workshop_report_2015_tokyo.pdf 2016年12月30日閲覧。. 
  2. ^ a b 『てるてる家族 : 連続テレビ小説 : 総集編』 日本放送出版協会〈NHKドラマ・ガイド〉、2003年12月[要ページ番号]全国書誌番号:20653493。ISBN 4-14-923541-4。
  3. ^ 女性自身』2007年3月27日号
  4. ^ “金メダルは食われるな!お騒がせメダリスト小林さんは"第3の人生" - ◆田島さんは女優"廃業"”. スポーツ報知. (2008年8月12日). オリジナル2009年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090704111744/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080812-OHT1T00028.htm