田畑智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
たばた ともこ
田畑 智子
本名 田畑 智子
生年月日 1980年12月26日(33歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市東山区
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1992年 -
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
主な作品
ドラマ
NHK連続テレビ小説私の青空
私の青空2002
『風立ちぬ』
救命病棟24時
天体観測
新・夜逃げ屋本舗
ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏
映画
血と骨
隠し剣 鬼の爪
大停電の夜に
さんかく
ふがいない僕は空を見た
備考
・生家は祇園享保年間創業の老舗料亭鳥居本

田畑 智子(たばた ともこ、1980年12月26日 - )は、日本女優京都府京都市東山区出身。所属事務所はカノックス・フィルム→鈍牛倶楽部

経歴・概歴

人物・エピソード

  • 実家周辺は遊び場がなく、また老舗料亭だった事から元芸妓の祖母や両親から京都人として厳しく躾られた。トイレは夜間は客人と共用のために短時間で済ませ、家の中では「京言葉」と正座を常に求められた。また習い事も数多く経験し、卒業した学校(聖母学院・金光大阪)の校則も厳しいという甘えのない環境は上京するまで続いた。当時は不満も大きかったが、時代劇で着物や作法に苦労しなかった時に初めて祖母・両親へ感謝の気持ちを抱いたという[2]
  • 高校時代は書道[3]。同級生にムーディ勝山斉藤大介がいる。
  • ハスキーで可愛らしい声を活かし、NHKのBSプレミアムの『世界ふれあい街歩き』等、ナレーターを務めることもある。
  • 恋するハニカミ!』では小泉孝太郎とデートし、ハニカミアワードという公式サイト投票において1位を獲得する。デートのドライブ中に小泉が運転する車の助手席で居眠りしてしまった場面も放送された。
  • チュートリアル徳井のファン[4]。『あっぱれ!!さんま新教授』において対面し、電話番号を渡したがその後の進展は不明。
  • 関ジャニ∞渋谷すばるのジャニーズJr.時代からの大ファンであり『関ジャニ∞のジャニ勉』 (2012年11月7日放送)にゲスト出演した際、渋谷の魅力を語りお手製オムライスを食べてもらう。ただ、本当にファンなので実際には会いたくなかったと発言。母親と共に関ジャニ∞のファンでもある。

出演作品

テレビドラマ

映画

舞台

  • ニンゲン御破産(2003年) - お吉 役
  • 夜叉ヶ池(2004年、三池崇史演出) - 百合 役
  • もとの黙阿弥(2005年) - お琴 役
  • 奇跡の人(2006年) - アニー・サリバン 役
  • たとえば野に咲く花のように - アンドロマケ(2007年) - 四宮あかね 役
  • 羊と兵隊(2008年)
  • トム・プロジェクト 田畑智子ひとり芝居「バッタモン」(2008年10月29日 - 11月3日、中津留章仁演出)
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2009年) - 樋口夏子 役
  • この雨 ふりやむとき(2010年) - ガブリエル・ヨーク 役
  • わらいのまち(2011年9月4日 - 24日、宅間孝行演出) - 真知子 役

吹き替え

  • リロ・アンド・スティッチ - リロの姉・ナニ 役
    • リロ・アンド・スティッチ2
    • スティッチ!ザ・ムービー
    • リロイ・アンド・スティッチ
    • リロ・アンド・スティッチ ザ・シリーズ

ラジオ

朗読

  • テレビ絵本NHK教育
    • ぎゅうぎゅうかぞく(作:ねじめ正一、画つちだのぶこ)
    • でこちゃん(作・画:つちだのぶこ)
    • でこちゃんととらすたくん(作・画:つちだのぶこ)

CM

ナレーション

写真集

DVD

  • kazuko's case 〜月刊 NEO ムービー 田畑 智子〜(2011年9月9日、イーネット・フロンティア、監督:入江悠

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊現代』2011年8月20・27日合併号より。写真集発売より前に同誌でフルヌードを公開している。
  2. ^ スタジオパークからこんにちは」(2011年3月1日)や『笑っていいとも!』(2013年9月13日)出演時に本人が証言。
  3. ^ 金光大阪高等学校 輝く卒業生
  4. ^ あっぱれ!!さんま新教授』(2008年02月10日、フジテレビ
  5. ^ a b 2002年5月14日にテレビ朝日系で放送され、未放送のシーンが追加された再編集劇場版が、同年10月5日より全国4ヵ所で順次公開された。
  6. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年1月18日閲覧。