ツイートする Facebook にシェア

甲山 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

甲山(かぶとやま)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・甲山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

甲山の代々

  • 代目の太字は、部屋持ち親方
代目 引退時しこ名 最高位 所属部屋 襲名期間 備考
初代 甲山力藏 --- ---
2代 浪除半五郎 --- ---
3代 浪除宗吉 --- ---
4代 朝嵐熊太郎 --- ---
5代 荒志子長吉 --- ---
6代 大甲信太郎 --- ---
7代 小田ノ山権藏 十3 --- ?-1945年6月(死去)
8代 小松山貞造 前3 井筒-双葉山道場 1945年11月-1972年4月(死去)
9代 大雄辰實 前1 井筒部屋 1973年3月-2005年5月(停年(定年)退職)
10代 大碇剛 前11 伊勢ノ海部屋 2005年5月- 借株、のち取得

関連項目