登山家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

登山家(とざんか)は、登山クライミング山スキーを生活の中心としている人達のこと。実際には、登山・クライミングなどを通じて得た経験を元に、登山ガイド(アルパインガイド・山岳ガイド)、登山学校経営、登山ショップ経営、講演活動、執筆活動などを行って生活の糧を得ており、長いこと日本に居ないならば定職に就けないため、彼らのためにビルの窓ふきの会社まで設立されたこともある(ゴンドラが使えない特殊な形状の建物については登山の技術を生かして窓ふきができる)[1]

フランスでは、登山ガイドになるのに国立の養成所(ENSA)があり、そこに入る為には厳しい入学試験がある。スイスでは、プロの登山ガイドになるための国家試験を国がガイド組合に委託して行っている。

日本でも1971年に日本アルパインガイド協会が設立。プロの登山ガイドの育成・認定を行っていた。現在は、社団法人日本山岳ガイド協会が資格認定団体となり、その傘下にいくつかの組織が成立している。しかし、独自の資格認定を行うなど問題の多かった日本アルパインガイド協会が除名されるなど各団体ごとの意識や技術の差が大きいのが問題となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社オーシーエス(2016年4月28日閲覧)

関連項目[編集]