白井鉄也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
白井鉄也
本名 白井鉄也
ニックネーム 白井
生年月日 (1981-05-09) 1981年5月9日(35歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県印旛郡酒々井町
血液型 B型
身長 176.5cm
方言 共通語(結成初期は関西弁
最終学歴 千葉県立佐倉南高等学校
出身 NSC大阪校23期
コンビ名 チーモンチョーチュウ
相方 菊地浩輔
芸風 漫才(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2001年4月 -
同期 友近
勝山慎司
西森洋一(モンスターエンジン)など
配偶者  未婚
公式サイト 公式ブログ

白井 鉄也(しらい てつや、1981年5月9日 - )は、日本お笑いタレントであり、お笑いコンビチーモンチョーチュウボケ担当。相方は、菊地浩輔

千葉県印旛郡酒々井町出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

身長176.5cm、体重68kg。B87cm、W86cm、H94.5cm、F27.0cm。B型。喘息持ち。不思議キャラ。

略歴[編集]

人物[編集]

趣味・特技[編集]

その他[編集]

  • 声が非常に高いのが特徴。声変わりはしている。
  • 2歳年下の弟と仲が良い。兄(白井鉄也本人)同様、声が高い。
  • 一人称は「僕」。
  • かなり意志が強く頑固なところがあり、高校時代は度々教師と揉めていた。その頃はピンクや緑など奇抜な色の頭をしていた。
  • が大の苦手。バイクで走っているときに雷が鳴り出し、吐いたことがあるほど。
  • 地震予知能力を持ち、ブログでも高確率で的中させている。芸人内の信奉者も多い。他にも不思議な体験をすることが多い(一度だけサイコメトリーの能力が使えた、体調の悪いカナリア安達の口から青い煙が見えた等)。
  • 以前住んでいた家には、よく幽霊が出たらしい。トークでよく話されているのは「三人組の幽霊」で、両側の二人は長身で真ん中の幽霊は背が低かったため、白井はこの幽霊をグランジと通称している(ちなみにこの幽霊は、白井の家に取材にきた作家に憑いていってしまったという)。他にも「名探偵コナンの犯人役のような黒い人物がドアの隙間から覗いてくる」、「強力な女性の霊による耳鳴り」、「棚に飾ってあるフィギュアが落ちる」などの怪奇現象が多く起こったらしい。
  • バイト中に自分の手を竜田揚げ状態にしたことがある。その後、病院に行き治療をしてもらうも、医者からは「もう右手は使えない」といわれてしまった。その後、菊池に誘われ海に行った際、包帯を外して海水の中で大はしゃぎしたところ、痕もなく完治した[1]
  • 中学生のころ、かなりモテていた。合唱コンクール指揮者をやったときの写真がすべて売り切れたことがある。また、その頃自身の写真がプリントされたテレホンカードが出来たという。
  • 以前は関西弁を喋っていたが、ペナルティワッキーからアドバイスを受けて標準語にした。
  • 知的障害を疑われて病院に連れていかれた事がある。
  • 利き目である左目の視力が1.5で、右目の視力は2.0以上。近くが見えず、昔は眼鏡をかけていた。
  • インパルス堤下敦などと一緒に「糞BAND」というバンドを組んでいた。

出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浜ちゃんが!2011年10月25日[出典無効]