白川和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
しらかわ かずこ
白川 和子
本名 小西 郁子
生年月日 (1947-09-30) 1947年9月30日(69歳)
出生地 日本の旗, 長崎県佐世保市
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1967年 - 1973年
1976年 - 現在
主な作品
映画
団地妻』シリーズ
備考
身長:158cm

白川 和子(しらかわ かずこ、1947年9月30日 - )は、日本で活動する女優である。長崎県佐世保市出身、神奈川県相模原市在住。2015年6月よりワハハ本舗に所属。

JUN SKY WALKER(S)のメンバー、寺岡呼人は甥にあたる。

来歴・人物[編集]

東京都立目黒高等学校卒業。跡見学園女子大学在学中、劇団「赤と黒」に入団。また在学中にスカウトされ、1967年向井寛が監督したピンク映画「女子寮」に出演し映画デビュー。これがきっかけで大学を中退。以後5年間でピンク映画約200本に出演した。

1971年日活にスカウトされて移籍。当時、経営難であった日活が経営立て直しの為製作路線を変更した「日活ロマンポルノ」の第1作目に主演。「団地妻」シリーズで人気を得、日活ロマンポルノのトップ女優になった。

1973年 2月21日、自身の体験に基づいた引退記念映画『実録白川和子・裸の履歴書』(曽根中生監督、田中陽造脚色)が公開される。この作品は当時のロマンポルノオールキャスト作品として話題を呼んだ。

3月、17歳年上の日活社員の小西俊夫と結婚し引退。小西は先年癌で妻を亡くし、14歳の娘(長女)と11歳の息子(長男)がいて再婚。大阪のマンモス団地に移住して専業主婦の生活に入り、小西との間に一女(次女)を儲ける。

1976年、映画『青春の殺人者』に出演。

1980年小西と離婚。

1985年小西と子供たちと和解して再婚。[1]

2009年には、お笑い芸人のジジ・ぶぅとコンビ『50・60これからだ』を組んでM-1グランプリに出場した[2]。1回戦は突破したものの2回戦で敗退。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

2時間ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • アナザーストーリーズ「ロマンポルノという闘い 日活・どん底からの挑戦」(2016年11月16日、NHK BSプレミアム、再放送 2016年11月22日)

映画[編集]

2010年代[編集]

  • 牝猫たち(2017年1月公開予定) - SMクラブのマダム役
  • うさぎ追いし 山極勝三郎物語(2016年11月公開予定)
  • 少女(2016年) - 桜井由紀の祖母役
  • 凶悪(2013年)
  • ペコロスの母に会いに行く(2013年、森崎東監督)
  • デンデラ(2011年)
  • 婚前特急(2011年)
  • 団地妻 昼下りの情事(2010年)

2000年代[編集]

  • 大阪ハムレット(2008年)
  • 死に花(2004年)
  • 冬の幽霊たち ウィンターゴースト(2004年)
  • ママズアタック 熟母参上!(2003年)
  • 幸福の鐘(2002年)
  • 百合祭(2001年)

1990年代[編集]

  • ワンダフルライフ(1999年)
  • 尾崎翠を探して(1999年)
  • 東京兄妹(1995年)
  • 帝都物語外伝(1995年)
  • 麗霆"子!! 総長最後の日(1995年)
  • 遥かな時代の階段を(1995年)
  • N.45(1994年)
  • セイリング 海にはばたく(1992年)
  • 寝盗られ宗介(1992年)
  • 真夏の少年(1991年)
  • 良いおっぱい悪いおっぱい(1990年)
  • 死の棘(1990年)
  • ドンマイ(1990年)
  • バタアシ金魚(1990年)

1980年代[編集]

1970年代[編集]

  • 十九歳の地図(1979年12月1日公開、プロダクション群狼、109分) - 安田久代役

  ※第53回『キネマ旬報』ベストテン(日本映画部門 7位)

  • 復讐するは我にあり(1979年4月21日公開、松竹、140分) - 吉里幸子役
  • 皮ジャン反抗族(1978年12月2日公開、東映、82分) - 文代役
  • 西陣心中(1977年10月15日公開、ATG、110分) - 井上の妻役
  • らしゃめん(1977年9月3日公開、東映京都、74分) - 豐子役
  • 青春の殺人者(1976年10月23日公開、今村プロ/綜映社/ATG、132分) - 常世田ケイ子の母役
  • 実録白川和子 裸の履歴書 - 白川和子 役(1973年2月21日公開、日活、77分)
  • 赤い鳥逃げた?(1973年2月17日公開、グループ法亡/配給:東宝、98分) - 中根不二子役
  • さらばパラノイアの群れ(1973年6月2日公開、恋慕プロ (自主製作)、50分)
  • 熟れすぎた乳房 人妻(1973年2月3日公開、日活、71分) - 竹村夏子役
  • 性豪列伝 お揉みいたします(1973年1月24日公開、日活、64分) - 愛子役
  • 団地妻 奪われた夜(1973年1月13日公開、日活、72分) - 戸倉照子役
  • たそがれの情事(1972年1月8日、日活、70分) - 秋津令子役
  • 学生妻 しのび泣き(1972年3月18日、日活、71分) - 春江役
  • 団地妻 しのび逢い(1972年4月29日公開、日活、65分) - 香坂伸子役
  • 性豪列伝 夜も昼も(1972年4月8日公開、日活、64分) - 大堀初代役
  • 真夏の夜の情事(1972年7月27日、日活、67分) - みさ役
  • 昼下りの情事 裏窓(1972年11月18日、日活、74分) - 福沢鮎子役
  • 一条さゆり 濡れた欲情(1972年10月7日公開、日活、69分) - まり役
  • 覗かれた情事(1972年9月16日公開、日活、73分) - 萬木夏子役
  • 性豪列伝 死んで貰います(1972年8月16日公開、日活、63分) - 加代子役
  • 真昼の情事(1972年5月27日公開、日活、63分) - 牧村泰子役
  • さすらいの情事(1972年2月19日公開、日活、70分) - 弘子役
  • 花弁のしずく(1972年2月9日公開、日活、70分) - 秋子役
  • 闇に浮かぶ白い肌(1972年6月28日公開、日活、68分) - 宗方響子役
  • 団地妻 昼下りの情事 - 笠井律子 役(1971年11月20日公開、日活、64分) - 笠井律子役
  • 恋狂い - 矢島火奈子 役(1971年12月1日公開、日活、74分) - 矢島火奈子役
  • 日本ポルノオリンピック 乳首山の性宴 - (1971年12月29日公開、プリマ企画、72分)

1960年代[編集]

  • おいろけ天使(1969年)
  • 野郎と情婦(1969年)
  • Oをつき上げろ(1969年)
  • 色欲三重奏 だまされた女狐(1969年)
  • ピカピカハレンチ(1969年)
  • 女のしずく(1969年)
  • 引裂かれた女高生(1969年)
  • 女肉 狂い責め(1969年)
  • 肌のもつれ(1969年)
  • 人妻千一夜(1969年)
  • 盛り妻(1969年)
  • 女性自身(1969年)
  • だまされた女狐(1969年)
  • 毒ある経験(1969年)
  • 痴漢の限界-ユキエ(1969年)
  • 女体の渇き(1968年)
  • 日本(秘)風俗史 乳房(1968年)
  • 女と男の味くらべ-秋子(1968年)
  • 引裂かれた処女(1968年)
  • 色くるい-由利子(1968年)
  • セックスドライブ-女子大生真理(1968年)
  • 日本性犯罪史 白昼の暴行鬼(1968年)
  • 穴じかけ(1968年)
  • 女子学生残酷白書 真赤なうぶげ(1968年)
  • 妖しい性の女(1968年)
  • うぶ殺し(1968年)
  • (秘)女狩り(1967年)
  • 女子寮(1967年)

舞台[編集]

  • 雪国
  • 女系家族
  • 椿姫

書籍[編集]

  • くもり晴れ時々大雨注意報
  • いのち輝いて
  • わたしの家族革命

脚注[編集]