白石加代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

白石 加代子(しらいし かよこ、1941年12月9日 - )は、東京都出身の舞台女優。有限会社白石加代子事務所所属。夫は早稲田小劇場に所属していた深尾誼(ふかお よしみ)。

来歴・人物[編集]

父・仁志郎(にしろう)、母・フサの長女として生まれる。父は逓信省の役人で静岡県河津浜電話中継所の所長を務めた。5歳の時、結核父親を亡くしたため、家計が常に苦しかった。小学生の時、学校にやって来た児童劇団の芝居を見て、すでに舞台の世界に魅力を感じ始めていたが、弟が就職するまで長女として家計を支えなければならないという責任感から、麹町学園女子高等学校卒業後は港区役所(東京)に就職。弟の就職が決まった1967年の春、同区役所税務課を退職して、早稲田小劇場(現・SCOT)に入団。1970年、『劇的なるものをめぐってII』(演出鈴木忠志)の主演で狂気女優と称されて評判になり、以後、同劇団の看板女優となる。

劇団は世界各国での公演も行う。映画作品では『女囚さそり 第41雑居房』で、主人公・松島ナミ(梶芽衣子)にライバル心を燃やす、男憎さのあまり、その赤子を殺すために自分の腹に刃物を突き立てた過去を持つ女囚役が強烈な印象を残す。結婚後の1989年、SCOTを退団して独立。現在も個性派女優として幅広い分野で活躍している。無類の稽古好きとして知られる。夫の深尾はビル管理会社を経営するかたわら白石加代子事務所代表および白石のマネージャーを務めている。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオドラマ[編集]

その他[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]