皇太子妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

皇太子妃(こうたいしひ、: Crown Princess)とは、皇太子身位、またその身位にある人をいう[1]

日本の皇太子妃[編集]

概要[編集]

皇太子妃旗

日本の皇太子妃は、東宮妃(とうぐうひ)、春宮妃(はるのみやひ)とも称される。

2017年(平成29年)現在、日本皇室では、皇太子徳仁親王妃雅子がその身位にある。

和語では「ひつぎのみこのみめ(日嗣の御子の御女)」という。皇太子妃は、親王妃(皇室典範第5条、第6条)にあたり、皇族とされる。敬称は「殿下」である(同法第23条第2項)。また皇統譜での表記は皇太親王妃(こうたいしんのうひ)である。

皇太子妃が成婚前より皇族(内親王又は女王)であった場合は、成婚後も(皇后となるまでは)親王妃であるとともに引き続き元来の身位も併存(保持)する。

  • 具体例:(久邇宮良子女王(ながこじょおう)→皇太子裕仁親王妃良子女王(こうたいしひろひとしんのうひながこじょおう)→皇后 良子(こうごう ながこ)→皇太后 良子(こうたいごう ながこ)→香淳皇后(こうじゅんこうごう)(追号)

現在では、皇太子妃は皇太子が天皇に即位するに伴い立后し、自動的に皇后になる。

皇太子妃は以下のいずれかを満たした場合、皇族の身分を離れ皇太子妃としての地位を失う。(同法第14条)

  • 皇太子が死亡し、皇太子妃が皇族を離れることを希望した場合。
  • 皇太子が死亡し、かつやむをえない特別の事情があり、皇室会議の承認を得た場合。
  • 皇太子と離婚した場合。

日本国政府による正式表記(内閣告示、宮内庁告示など官報における記載)は「皇太子○○親王妃××」となる。ただし、宮内庁ホームページのように「一般国民へのわかりやすさ」を重視する場面、あるいは植樹供花などでは「皇太子妃」が、歌会始では「東宮妃」などの表記も用いられる。

現在の日本の皇太子妃[編集]

読み 旧姓 生年月日 現年齢 結婚 続柄 子女
Crown Princess Masako of Japan.jpg
雅子 まさこ 小和田 1963年(昭和38年)12月09日 053歳 1996年(平成08年)03月09日
/ 20年330日
外務事務次官国連大使
国際司法裁判所所長
小和田恆第一女子
愛子内親王(第1子・長女)

日本以外[編集]

日本以外の国における王太子(皇太子)の妃については、皇太子妃(王太子妃)の称号が用いられる場合がある。

脚注[編集]

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

関連項目[編集]