真月譚 月姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
月姫 (ゲーム) > 真月譚 月姫
真月譚 月姫
ジャンル 伝奇
アニメ
原作 奈須きのこTYPE-MOON
監督 桜美かつし
シリーズ構成 ときたひろこ
キャラクターデザイン 小澤郁
音楽 大森俊之
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 「真月譚 月姫」製作委員会
放送局 BS-i
放送期間 2003年10月 - 12月
話数 全12話
漫画
原作・原案など 奈須きのこ、TYPE-MOON
作画 佐々木少年
出版社 メディアワークス
掲載誌 月刊コミック電撃大王
発表号 2003年10月号 - 2010年9月号
巻数 全10巻
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ・漫画

真月譚 月姫』(しんげつたん つきひめ)とは、TYPE-MOON同人ゲーム月姫』を原作とするテレビアニメ及び漫画作品である。

概要[編集]

2002年9月22日に開催された『RONDO ROBE MAIDEN FLIGHT』で初めて発表された[1]アニメ『真月譚 月姫』は、同人ゲームとしては異例の大ヒットとなった『月姫』の映像化ということで、多くの注目を集めていた。一方漫画版『真月譚 月姫』は『月刊コミック電撃大王』で2003年10月号から連載が開始された。

『月姫』というタイトルにせず、『真月譚 月姫』にしたのは「月姫」の商標がすでに使われていたためである[2]

アニメ[編集]

BSデジタル放送局BS-iにて2003年10月9日から12月25日まで全12話が放送された。原作にあるアルクェイドのトゥルーエンドが元になっているが、12話という短い話数に原作の全ての要素を盛り込むことは困難であるというスタッフの考えから、重要でない設定は描かれていない[3]。また、設定やキャラクターの性格にも一部変更が加えられている[4]。主役に抜擢された生天目仁美をはじめ、伊藤静植田佳奈などは当時まだアニメ出演数の少ない若手の声優だった。ちなみにアルクェイド役の生天目仁美は、本作がテレビアニメデビュー作である。

キャスト[編集]

なお、本作品放送前に出展・頒布された『MELTY BLOOD』とは声優が全く異なっており、以降に発表された関連作品でも『MELTY BLOOD』でのキャストが使われている。だが後に発表されたTYPE-MOON関連作品では、鈴村健一生天目仁美伊藤静植田佳奈夏樹リオ本田貴子が重要人物の声優として起用されている。ただし、櫻井孝宏のみ『Carnival Phantasm』にて乾有彦役を続投している(しかしのちに『Fate/Prototype』にて同作のセイバーを演じた)。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「The Sacred Moon」
作曲・編曲 - 大森俊之
エンディングテーマ「輪廻の果てに…」
作詞 - 入山誠 / 作曲・編曲 - 上野洋子 / 歌 - 折笠富美子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
episode 1 反転衝動 桜美かつし 浅見松雄 小澤郁
episode 2 黒い獣 清水博幸 川嶋恵子
小澤郁
episode 3 直死の魔眼 阿保孝雄 音地正行、高石和三 小澤郁
episode 4 揺籠の庭 小川浩司 山元浩 川嶋恵子
和田崇
episode 5 空の弓 桜美かつし まつもとよしひさ はっとりますみ、佐野英敏 小澤郁
episode 6 白い夢 浅見松雄 清水博幸、杉山了蔵 和田崇
川嶋恵子
episode 7 蒼い咎跡 又野弘道 小山知洋 小澤郁
episode 8 檻髪 島津裕行 鈴木行 川田剛、杉山了蔵 和田崇
episode 9 死。 細田雅弘 阿保孝雄 山元浩、清水博幸
杉山了蔵、川田剛
高石和三、小澤郁
小澤郁
episode 10 朱の紅月 渡部高志 浅見松雄 佐野英敏、柴田志朗 和田崇
episode 11 凶つ夜 下田正美 まつもとよしひさ 阿保孝雄、川田剛
杉山了蔵、和田崇
高石和三、片岡英之
episode 12 月世界 山本英世
桜美かつし
桜美かつし 小澤郁 -

漫画[編集]

このアニメ化を機に始まった漫画版『真月譚 月姫』は、これまで宙出版月姫アンソロジーなどで知られる佐々木少年により、月刊コミック電撃大王で2003年10月号から2010年9月号まで7年間にわたって連載、複数のルートを織り交ぜたストーリー展開となっている[5]。原作の雰囲気を損ねず『月姫読本』や『歌月十夜』で言及された設定なども違和感なく統合されているとして、原作者からも帯の言葉などで絶賛の言葉が寄せられており評価は高い。

  1. ISBN 4-8402-2717-9(2004年5月27日発売)
  2. ISBN 4-8402-2958-9(2005年1月27日発売)
  3. ISBN 4-8402-3255-5(2005年11月26日発売)
  4. ISBN 4-8402-3575-9(2006年8月26日発売)
  5. ISBN 978-4-8402-3965-3(2007年7月27日発売)
  6. ISBN 978-4-8402-4252-3(2008年3月27日発売)
  7. ISBN 978-4-0486-8432-3(2010年2月27日発売)
  8. ISBN 978-4-0486-8510-8(2010年3月27日発売)
  9. ISBN 978-4-0486-8895-6(2010年9月27日発売)
  10. ISBN 978-4-0487-0190-7(2010年12月18日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「月姫」アニメ化の発表も! パイオニアLDCのアニメ10周年記念イベント”. 電撃オンライン. メディアワークス (2002年9月24日). 2002年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月27日閲覧。
  2. ^ 特許庁 商標 【登録番号】 第4494227号 【登録日】 平成13年(2001)7月27日 【先願権発生日】 平成12年(2000)2月14日 【区分】 9
  3. ^ 『真月譚 月姫 聖典』p.65、p.71。
  4. ^ 『真月譚 月姫 聖典』p.66-68、p.60。
  5. ^ 『劇場版 空の境界 「殺人考察(前)」』パンフレット、p.18。

参考文献[編集]

  • 『真月譚 月姫 聖典』、角川書店、2004年。 ISBN 4-04-853719-9
BS-i 木曜24:30枠
前番組 番組名 次番組
真月譚 月姫