真理アンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まり あんぬ
真理 アンヌ
生年月日 (1948-05-20) 1948年5月20日(68歳)
身長 160cm
血液型 AB
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
主な作品

映画
ジョゼと虎と魚たち
殺しの烙印

自動車泥棒

真理 アンヌ(まり アンヌ、1948年5月20日 - )は、日本女優タレント歌手。所属事務所吉本興業兵庫県神戸市生れで東京都文京区本郷で育つ。本名・福村デヴィ(旧姓・ワサンティデヴィ・シェス)。アーユルヴェーダ伝承協会会長。

父親がインド人で母親が日本人(インド国籍)のハーフ。三姉妹の長女で、次女はモデルのプラバー・シェス、三女は女優の久万里由香(妹)。夫は上海交響楽団首席指揮者福村芳一

来歴・人物[編集]

1964年山脇学園高校在学中、エキストラを経て東宝映画『自動車泥棒』でデビュー。その後は持ち前のエキゾチックな美貌でTVや映画、雑誌のグラビアなどに多数出演した。芸名はレコードデビューが決まっていたキングレコードによって命名されたが、本人は「真理」も「アンヌ」もファーストネームなので変な名前で嫌だったと述べている[1][2]

1971年より5年間、『11PM』のレギュラー・ホステスとして活躍した。

1988年代後半から吉本興業所属となり、吉本芸人の関わる舞台やバラエティ番組を中心に活動を展開している。

エピソード[編集]

  • 日本生まれの日本育ちであったが、結婚前まではインド国籍だった[3]。『11PM』の海外ロケでもインドのパスポートを使用していた[3]
  • 東宝が協賛するコンテストで準ミスになったこともあるが、「キャラが濃いから専属じゃない方が活躍の場が広がる」として専属契約を結んでもらえなかった[3]。妹の久万里由香が女優になった際は、自身の経験から「専属契約したほうがいい」「ヌードシーンはやめろ」などの忠言をしたという[2]
  • 母親からインド舞踊を習っており、『マイティジャック』第12話ではこれを披露するシーンもある[4]
  • ウルトラマン』出演当時はロングヘアであったが、レギュラー出演していた桜井浩子もロングヘアであったため、真理は自前のショートヘアのウィッグを被っている[3]。このウィッグは『マイティジャック』出演時にも使用している[4]
  • インド国籍の女優シリア・ポールの親戚であると間違われることが多い[3][5]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

レギュラー出演
ゲスト出演

Vシネマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

コマーシャル[編集]

  • ハウス食品 「デリッシュカレー」(1978年)※夫・福村夫人として出演。
  • シャープ 「マイビデオV13トルトル」(1982年)

ラジオ[編集]

  • 井上浩郷のさわやかライフ!

写真集[編集]

  • 妖の女 真理アンヌ写真集(2014)

著書[編集]

  • お母さんの勉強室
  • この指とまれ
  • ハートの時代を生きるあなたへ
  • おなかが凹むインド式ダイエット
  • 対談集 オーナー・ザ・トーク

ディスコグラフィー[編集]

  • ワイルド・パーティー
  • 太陽ハント
  • ある愛の終り
  • オレンジの灯がともる
  • オルフェの歌/パパもう一度
  • 嘘でとおした愛だけど
  • 愛する資格

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「INTERVIEW 真理アンヌ」『別冊映画秘宝 ウルトラセブン研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2012年、252 - 253頁。ISBN 978-4-8003-0027-0。
  2. ^ a b 「真理アンヌ&久万里由香対談」『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、148 - 150頁。ISBN 978-4-8003-0174-1。
  3. ^ a b c d e 「INTERVIEW 真理アンヌ」『別冊映画秘宝 ウルトラマン研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、248 - 249頁。ISBN 978-4-8003-0262-5。
  4. ^ a b 「MJビューティーズ」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、47頁。ISBN 978-4-8003-0209-0。
  5. ^ 『マイティジャック』の監督だった満田かずほも、シリア・ポールが真理の妹であると誤認している。 DVD「デジタルウルトラシリーズ 戦え!マイティジャック」VOL.4 解説書