矢作光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
矢作 公一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市
生年月日 (1966-12-29) 1966年12月29日(50歳)
身長
体重
175 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1988年 ドラフト6位
初出場 1989年7月29日
最終出場 1991年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢作 光一(やはぎ こういち、1966年12月29日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元プロ野球選手スポーツライター。現役時代の登録名は矢作 公一(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

医者の息子として生まれ、跡継ぎとして期待されたが野球の道に進む。立教高校(現・立教新座高校)から、立教大学へ進学。立教大では、長嶋一茂とクリーンナップを組んだこともあった。東京六大学リーグ通算83試合出場、245打数71安打、打率.290、17本塁打(歴代7位タイ)、38打点。ベストナイン2回。

立教大から1988年ドラフト6位で日本ハムファイターズから指名され、1989年入団。守備、走塁にかなり難が有り、打撃のみに期待がかかった。(「ハムの原料として入団」と伊集院光がよくネタにする。またドラフト指名時のインタビューも自身が「ハム大好きなんですよ」と言いながら日本ハムの商品に齧り付くというものだった。)

1992年現役引退後はスポーツライターの傍ら、埼玉県川口市にお好み焼き屋「ピンチヒッター」を開いた。スポーツライターとして、1990年代週刊ベースボールイースタン・リーグのリポート記事を担当していた。

2005年に「ピンチヒッター」を閉店。2011年現在は父の会社で取締役を務めつつ、少年野球クラブチームのコーチや自ら設立した「Y.S.B野球塾」を通じて子供への指導を行っている。

炎のチャレンジャーの「回転寿司30皿制限時間内に食べたら100万円」に一般参加者として挑戦したものの達成ならなかった(100万円の使い道は「日本ハムの優勝旅行についていく」だった。)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 日本ハム 10 10 9 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .222 .300 .222 .522
1990 14 19 19 0 3 0 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .158 .158 .158 .316
1991 9 9 8 0 1 0 0 0 1 3 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .125 .222 .125 .347
通算:3年 33 38 36 0 6 0 0 0 6 7 0 0 0 0 2 0 0 16 0 .167 .211 .167 .377

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1989年 - 1992年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]