矢野広美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
矢野 広美
Hiromi Yano
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1955-01-05) 1955年1月5日(62歳)
出身地 山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町
ラテン文字 Hiromi Yano
身長 174cm
体重 67kg
選手情報
ポジション 主にセンター
利き手
 
獲得メダル
オリンピック
1976 女子
世界選手権
1974 女子バレーボール
1978 女子バレーボール
ワールドカップ
1977 女子バレーボール
テンプレートを表示

矢野 広美(やの ひろみ、現姓:池田、1955年1月5日 - )は、日本の元女子バレーボール選手、指導者。

来歴[編集]

山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)出身。増穂商業高校入学直後からバレーボールを始める。インターハイは3年連続出場し活躍した。

増穂商業を卒業後、日本リーグの日立武蔵(当時)に入団。

1973年に日本代表に選ばれて、1976年モントリオールオリンピックで金メダルを獲得した。

1979年に現役引退後は、竜王中などのコーチを務め、2009年4月より山梨県の日本航空高等学校バレーボール部の監督に就任[1]。同月山梨県高校春季大会にて監督として初采配、母校増穂商業と対戦しフルセットの末、優勝を飾る。

人物・エピソード[編集]

中学時代の部活動はコーラス部だったが、高校入学式当日にバレーボール部監督に、170cmの長身を見込まれて勧誘を受けた。農業を営む両親は、最初は「お好きなように」と認めてくれたが、農繁期でも家業を手伝いできず、矢野がバレーボール部活動を続けることに後に反対にまわったという。

日立武蔵に入団を決めたのは、山田重雄が言った「モントリオールオリンピックを目指しているから協力してくれ」の一言だったという。日立武蔵入団後には前年のレギュラーが4人同時に抜けたこともあり、吉田真理子高柳昌子との同期ライバル競争に勝ち、都市対抗バレー(現・黒鷲旗大会)からレギュラーを獲得した。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
増穂商業日立武蔵/日立(1973-1979年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1976年 - 第9回 日本リーグ ブロック賞、ベスト6
    • 1977年 - 第10回 日本リーグ ブロック賞、ベスト6
    • 1978年 - 第11回 日本リーグ ベスト6

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2009年6月号 89ページ

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1973年10月号 172-175ページ