石堂夏央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

石堂 夏央(いしどう なつお、本名同じ、1973年7月17日 - )は、日本女優愛知県出身。血液型A型。身長159cm。

所属事務所は、ケイダッシュブルーベアハウス

略歴・人物[編集]

  • 1993年漫画雑誌『ガロ』制作の映画『オートバイ少女』(あがた森魚監督)のオーディションを受け、1,500名の応募の中からヒロインに選ばれる。あがたが語るところによると「一時少年に近づいた面影のある少女だったから」という。
  • 1994年TBC 東京ビューティーセンターCM(「私のどこが好き?」「体。」「彼ったら、私の体、好きなんだって。」)で注目される。
  • 2008年、関東アクトリーグのチームCULTS(カルツ)に加入し、活動の中心とする。
  • デビュー時より1990年代の間は、ボーイッシュなショートカットヘアと笑わない鋭いまなざしで、暗く翳のある中性的な少女の印象が強かった。現在も若干その面影を残している。
  • 趣味は読書と映画鑑賞。特に読書はモダンホラーから純文学に至るまで幅広く、暇があると図書館に入り浸っては手当たり次第に読み耽り、ひと月に読む本は20冊を超えていたという。好きな作家や本として、小川洋子レイ・ブラッドベリの『歌おう、感電するほどの喜びを!』を挙げている。[1]また漫画に関しても、その細部に亘る読み込みぶりは『BSマンガ夜話』で驚嘆されたほどである。[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティほか[編集]

CM[編集]

TVゲームソフト[編集]

舞台[編集]

  • 竹中直人の会 第5回公演『月光のつヽしみ』(1994年12月13日 - 29日、1995年1月11日 - 22日、下北沢ザ・スズナリ)若葉(民男の妻)役
  • 打打芝居 『アゲイン』(1998年1月28日 - 2月1日 下北沢ザ・スズナリ)家出した娘役
  • 竹中直人の会 『月光のつヽしみ』再演(2002年12月5日 - 29日、本多劇場)若葉(民男の妻)役
  • 東京深夜舞台 第4回公演『ドント・ルック・バック・イン・アンガー』(2009年4月9日 西麻布SuperDeluxe)桐子役

出版物[編集]

雑誌[編集]

  • FOCUS新潮社) 1993年12月17日号「『ガロ』から誕生した女優1号~1500人から選ばれたあがた森魚監督作品とヒロインの素顔」
  • ガロ青林堂) 1994年3月号 荒木経惟撮り下ろし『夏央』、1994年9月号 特集『オートバイ少女』 石堂夏央カラーグラビア
  • 週刊FRIDAY講談社) 1994年8月12日号(No.530)
  • キネマ旬報キネマ旬報社) 1994年8月15日号(No.1139)特集『オートバイ少女』 石堂夏央インタビュー「脚本をキチンと読めるようになってどんどん映画に出てみたい」
  • 週刊プレイボーイ集英社) 1994年12月20・27日号、1996年12月10日号
  • FINEBOYS日之出出版) 1995年5月号 Comment vous appellez-vous? 石堂夏央
  • BOON(祥伝社) 1995年7月号
  • CHECKMATE(講談社) 1995年8月号
  • CM NOW玄光社) 56号、57号、58号(以上1995年)、63号(1996年)、85号(2000年)、93号(2001年)
  • SAPIO(集英社) 1996年6月26日号 「世紀末の奇才たち」第7回 石堂夏央
  • an・anマガジンハウス) 1996年9月6日号「個性的に目立ちたい気分を表現するには、ショートが最適!長い前髪と衿足で今年風に」
  • 週刊SPA!扶桑社) 1996年10月2日号
  • H(ロッキング・オン) 1998年3月増刊号(Vol.21) 石堂夏央×杉浦英治 just married

新聞[編集]

  • 読売新聞1994年8月8日夕刊 「演技みずみずしく〜映画『オートバイ少女』新人の石堂夏央」

[編集]

参考[編集]

漫画[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 同上
  2. ^ 夏目房之介「解説」『ぶっせん』上巻、三宅乱丈太田出版、2006年。