石川優吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
石川 優吾
生誕 (1960-02-09) 1960年2月9日
日本の旗 日本  大阪府四條畷市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1982年 -
代表作 よいこ
格闘美神 武龍
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

石川 優吾(いしかわ ゆうご、1960年2月9日 - )は、日本漫画家大阪府四條畷市出身。男性。農家の次男。既婚。

三流大学に入学するが、パチンコに明け暮れ、1年で中退。大学にはトランポリン(体育の授業)だけしに行っていた。中退後、デザインの専門学校に入学する。デザイン会社に就職するも半年ほどで辞め、以前からの夢であった漫画を志す。新人賞に出し、うまく賞に引っかかったことがきっかけで漫画家になることができた。1982年、22歳[1]の時に「革命ルート163」(『週刊ヤングジャンプ』新人増刊号)でデビュー。

代表作に『よいこ』、『格闘美神 武龍』、『カッパの飼い方』など。アニメ化した作品も数多い。

  • 作品には大阪弁を話すキャラがよく登場し、また大阪が舞台となっているものも多い。
  • 石川優吾という名はペンネーム。由来は、歌手の石川優子のファンであることから。
  • おっぱいパンチラで人気を得た。
  • SMAP木村拓哉と同身長であることを、自身のtwitterにて明かしている。また、アシスタントは女性のみ採用するとも発言している(職場の人間関係が円滑になりやすいためとのこと)。
  • 猫を飼っている。アメリカンショートヘアで、名前はミーくん。時折twitterに画像をupしている。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年11月14日放送の『せのぶら!(水曜 活気あふれる四條畷商店街その周辺をぶらぶら!) 内での石川優吾本人談による。