石橋貴明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
石橋 貴明
本名 石橋貴明
ニックネーム タカさん、バシタカ
生年月日 (1961-10-22) 1961年10月22日(55歳)
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区成増
血液型 A型
身長 182cm
方言 共通語
最終学歴 帝京高等学校
出身 お笑いスター誕生
コンビ名 とんねるず
トリオ名 矢島美容室
グループ名 野猿
相方 木梨憲武
芸風 漫才コント
立ち位置 左(たまに右)
事務所 アライバル
活動時期 1980年 -
同期 コロッケ小柳トム
現在の代表番組 スペシャル番組
石橋貴明のスポーツ伝説…光と影
オール芸人お笑い謝肉祭
過去の代表番組 うたばん
今夜、宇宙の片隅で
第四学区
イシバシ・レシピ
リシリな夜
作品 メジャーリーグ2
他の活動 歌手俳優作詞家
配偶者  鈴木保奈美(1998年 - )
親族 石橋穂乃香(実娘)
弟子 佐々木主浩

石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、日本のお笑い芸人、お笑いタレント歌手であり、お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダーである。相方は木梨憲武芸能事務所アライバル代表取締役社長兼タレント。身長182cm、体重74kg

概要[編集]

略歴[編集]

東京都葛飾区の裕福な家庭に生まれるも、小学一年のとき、父・武夫の経営する「石橋化成」が倒産。板橋区成増へ移住(夜逃げ)し、更に父が蒸発。それ以降は極端な貧乏生活を強いられる。素人時代にテレビに出て様々な賞をとったのは、自分が頑張って賞金をもらい、その様子が父の目に留まれば帰って来てくれるとの考えがあったという。現在もその延長である旨を書籍で語っている[1][要ページ番号]

高校の同級生の木梨憲武貴明&憲武を結成。所ジョージ司会の『ドバドバ大爆弾』に出場するも、あと一息のところで賞金72万円を獲り逃がす。その後も木梨と共にコンビとして『お笑いスター誕生』など素人参加番組に出演。単身で『TVジョッキー』の「ザ・チャレンジ」という素人参加コーナーにも出演。

1982年4月、「お笑いスター誕生!!」で念願の10週勝ち抜きでグランプリを獲得した。プロデビュー後2、3年は下積みの日々を過ごしたが1985年頃から売れはじめる。

1988年、元モデルの前妻と入籍。妻との間に1989年には娘で今は女優の石橋穂乃香をもうける。

1998年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」で共演した女優の鈴木保奈美と再婚、後に鈴木との間に娘を3人もうける。

2005年、『MLB主義』で共演した牛島和彦監督が率いる横浜ベイスターズのエグゼクティブ・アドバイザーに就任(以前は読売ジャイアンツのファンだったが、妻の鈴木が横浜のファンなので気持ちが変わった)。

2008年8月28日、MCを担当していたTBSの『うたばん』が1996年10月15日の放送開始以来500回の節目を迎える。番組はその後2010年3月23日まで13年半続き、2010年4月から9月まで放送された後続の音楽番組である『ザ・ミュージックアワー』を含めて丸14年務めあげた。

2010年、コンビ結成30周年を迎える。

2012年秋、憧れの先輩でもあるビートたけしと『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』でレギュラー番組初共演した。現在もソロの番組やCMに出演中。

2013年頃からは老眼鏡をかけていることが多い。

2016年秋にTBSテレビで放映された『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』の放送内容について視聴者から抗議の声が大きく、放送倫理・番組向上機構(BPO)が同年10月25日に審議入りしたことが報道された[3]

その他コンビとしての略歴はとんねるずを参照のこと。

芸風・仕事[編集]

テレビカメラ転倒事件[編集]

1985年1月19日放送の「オールナイトフジ」にて『一気!』を熱唱中、石橋がテレビカメラを何度も揺すっているうちに、バランスが崩れてフロアに横倒しになった。倒れたカメラはスタッフがすぐに立て直したが、とんねるずの二人は顔面蒼白であった。木梨は「俺、しらねーよ……」と幾度もつぶやき、曲終了後、MC陣がその場を取りつくろった。カメラは倒された際の衝撃で廃棄処分となり、約1,600万円を弁償する羽目になった。保険はあったものの、当時のカメラマンが報告書に「とんねるずの悪ふざけ」と申請した為、認められなかったと本人たちは語る(一方で保険金は下りたと語る関係者もいる[4])。その後、フジテレビの歴史や過去を振り返る特番等で、このシーンは繰り返し放送されている。なおこのエピソードはみのもんたも「プロ野球ニュース」でネタにしており、「時価1000万のフジテレビのカメラを壊したのは落合(博満)さんととんねるずぐらい」と発言している。

音楽活動[編集]

自身の音楽活動としては、「NHK紅白歌合戦」において別名義で2回の初出場をしている(1991年:とんねるず、1999年:野猿)。1997年には「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」発のユニットで工藤静香と組んだ“Little Kiss”の「A.S.A.P.」(オリコン初登場3位)、また同年に定岡正二・デビット伊東と組んだ“ANDY'S”の「FREEDOM」(作曲:佐野元春)(オリコン初登場10位)をリリースした。Little Kissでは当時ヒット曲を輩出していた宝石会社のCMソングに起用され、PVでの過激な二人の絡みや、生放送音楽番組「ミュージックステーション」で間奏中にキスをして話題になった。ANDY'Sでは河村隆一HOUND DOGライブに飛び入り参加した。後に“関東裸会三羽烏”や、松田聖子との“SEIKO with Crazy.T”でCDリリースをしている。公式のCDリリースのなかったものとしては「矢島工務店」がある(担当)。この矢島工務店の流れを汲み、2008年には、「とんねるずのみなさんのおかげでした」での企画として「矢島美容室」が結成され、メンバーのプロデュースを行っている(メンバーとはあくまで別人ということになっている)。

俳優活動[編集]

映画「メジャーリーグ2」では謎の日本人選手「タカ・タナカ」として出演。続編にあたる「メジャーリーグ3」にも出演した。これがきっかけで石橋は本場のメジャーリーグ選手やファンから「あの日本人選手」として知名度を得た。その後三谷幸喜脚本、西村雅彦飯島直子とのトリプル主演だった1998年「今夜、宇宙の片隅で」や、議員秘書に焦点を当てた2001年「レッツ・ゴー!永田町」でドラマの主役を演じる。

人物[編集]

スポーツ[編集]

近年力を入れているのがテニス。『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』内のテニス対決で松岡修造に勝利するべく、2011年より神和住純らのコーチを受けるようになり、以後「趣味はテニス」と公言するまでになった。また同番組が縁で錦織圭と親交が生まれ、2012年には『情熱大陸』の特別企画「石橋貴明が撮る錦織圭」のために7ヶ月に渡り錦織に密着取材している(同年11月放送)[5]

その他[編集]

貧乏でも終生誇りを捨てなかった父・武夫を、貴明は現在も尊敬しており、父は常に貴明の味方であったという。中学時代にテレビに出たことを学校側が問題視したが、武夫は「帰宅した後は学校の管轄外だ! 帰宅後の子供の行動は私が責任を持つ。それを学校がとやかく言うことか!」と怒鳴り込んだこともある。そんな父は貴明がデビューしてまもなく死去し、その当日に友達と遊び歩いていた貴明はそれを知って「最後の最後に親不孝をした」と、死に目に会えなかったことを後悔したという[1][要ページ番号]

小学生の頃は貧乏なためいじめられていた。

2005年までに公表されていた高額納税者ランキングにおいて俳優・タレント部門のトップ常連であり、相方の木梨憲武と共にランキング上位に顔を出していた。1980年以降の20年間の芸能人生涯所得ランキングは、1位の小室哲哉に続き2位にランキングされている。

浜田雅功ダウンタウン)の子供と石橋の子供が通う学校が一緒であったことを浜田が明かしている。浜田によれば、「石橋さんとは学校で会ってた。普通の時は普通にしゃべってるよ。(番組で)共演してないからNGちゃうんかって思われてる」と語っている[6]

らっきょうが大嫌い。本人曰く「臭い」「どんな美人でもらっきょの匂いがしたらダメ」との事。あまりに石橋がらっきょう嫌いなため、一緒にいる木梨までらっきょう嫌いになってしまった[7]

巨乳が嫌い。番組で巨乳が自慢の素人女性に会った際に、最初は我慢していたが、女性が何度も自慢するため、ついに耐えきれず後ろを向いてえずいていた。涙目になりながら「俺本当巨乳ダメなんだよ〜」と語っていた。

ドラマをよく見ていて特に『前略おふくろ様』が大好きで、『拝啓、父上様』を観ていた。食わず嫌い王で二宮和也が出演した際に「なんで俺出してくれなかったの?」と嘆き、さらに出演していた横山裕を大絶賛していた。しかし『うたばん』で横山に会った際に「ドラマですごく良かったのに普段はチャカつくんだよなぁ」とガッカリしていた。

出演番組[編集]

石橋貴明としての出演作品を記載。コンビでの出演作品はとんねるずの項目を参照。(ゲスト出演番組は除く)

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ

レギュラー番組[編集]

スペシャル番組[編集]

判明分のみ(ゲスト出演番組除く)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 大塚製薬「UL・OS(ウル・オス)」(2012年4月21日 - )
    • 『ウルオス知ってるか?』篇
    • 『うるおいのあるお肌』篇
    • 『好きよ!ウォッシュ』篇
    • 『今だよ!スカルプ』篇
    • 『日やけ止めな男たち』篇
    • 『大人たちのリフレッシュ』篇
    • 『ウルオスたちと旅に出よう』篇
    • 『ウルオスライフ始まる』篇
    • 『俺たちの冷やしウルオス』篇
    • 『お疲れ顔にピュッ』篇
    • 『朝ウルオス』篇
    • 『泡ウルオス』篇
  • DMM.com証券「DMM FX」(2014年11月14日 - )ローラと共演[8]
    • 『世界第2位ベッド』編
    • 『世界第2位散歩』編
    • 『世界第1位CM』編

音楽作品[編集]

単独で活動しているもののみ。コンビでの音楽作品は「とんねるず」を参照。

書籍[編集]

映像作品[編集]

  • 銃声 LAST DROP OF BLOOD (2003年11月21日)
  • ブラックジャックによろしく〜涙のがん病棟編〜(2004年7月22日)
  • 星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉 (2005年9月25日)
  • メジャーリーグ2 (2000年6月21日)
  • メジャーリーグ2 (2004年3月5日)
  • メジャーリーグ お買い得パック <初回限定生産>(2004年3月5日)
  • メジャーリーグ3 (2000年7月19日)
  • メジャーリーグ3 (2004年3月5日)
  • メジャーリーグ2 <期間限定生産> (2005年9月30日)
  • メジャーリーグ2 <期間限定生産> (2006年6月2日)
  • メジャーリーグ3 <期間限定生産> (2006年6月2日)
  • イシバシ・レシピ 前編(2005年2月16日) - 2003年よりTBS系列にて放送分全24回の前半12回分を収録。
  • イシバシ・レシピ 後編(2005年2月16日) - 2003年よりTBS系列にて放送分全24回の後半12回分を収録。
  • イシバシ・レシピ2 (2006年1月18日) - 2005年1 - 3月放送分を収録。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『とんねるず 大志』.
  2. ^ とんねるず石橋長女、穂のか女優デビュー”. サンスポ. 産業経済新聞社 (2008年11月11日). 2009年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月18日閲覧。
  3. ^ 「裸になれば笑いがとれるという低俗な発想」「股間を触る下品な内容」TBSバラエティーがBPO審議入り - yahoo! ニュース・産経新聞、2016年10月26日(木)17:38配信、同月28日閲覧
  4. ^ “「賞味期限は切れた」とんねるず・石橋貴明、栄光時代の総額1億円被害エピソード”. サイゾーウーマン. (2014年7月15日). http://www.cyzowoman.com/2013/07/post_9245.html 2014年8月6日閲覧。 
  5. ^ 石橋貴明が錦織圭に7カ月の密着取材!その強さの秘密に迫る!!『情熱大陸』 - テレビドガッチ・2012年11月2日
  6. ^ “浜田雅功 とんねるずとの22年前の秘話を告白 出川は不仲説に「ああ、やっと」”. デイリースポーツ. (2016年7月29日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/29/0009334393.shtml 2016年7月31日閲覧。 
  7. ^ 『とんねるずのみなさんのおかげでした』「新・食わず嫌い王決定戦」(2010年3月25日放送分)より
  8. ^ “ローラさんCM主出演”. DMM.com証券公式サイト. http://fx.dmm.com/special/rola/ 2014年11月16日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 木梨憲武、石橋貴明 『とんねるず 大志』 ニッポン放送出版、1994年。ISBN 978-4594013974。

関連項目[編集]