碧蹄館の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
碧蹄館の戦い
戦争文禄の役
年月日文禄2年1月26日(1593年2月27日)
場所朝鮮国京畿道
結果:日本軍の勝利

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

交戦勢力

李氏朝鮮

日本豊臣政権
指導者・指揮官
李如松

千萬里 李如柏
秋水鏡(明副将)
高彦伯(朝鮮軍)

先鋒隊小早川隆景

本隊宇喜多秀家

戦力
20000 先鋒隊20,000

本隊21,000(大部分は戦闘未参加)

損害
6,000余[9]

       

120+[10]
文禄・慶長の役

碧蹄館の戦い(へきていかんのたたかい)は、文禄・慶長の役における合戦の一つ。

文禄2年1月26日(1593年2月27日)に朝鮮半島の碧蹄館(現在の高陽市徳陽区碧蹄洞一帯)周辺で、平壌奪還の勢いに乗り漢城(現ソウル)めざして南下する提督李如松率いる約20,000の軍を、小早川隆景らが率いる約20,000の日本勢が迎撃し打ち破った戦い。

戦闘までの経緯[編集]

明の軍勢による平壌陥落、大友吉統の逃亡(誤報による無断退却とも)などによって一時混乱状態にあった日本勢だが、朝鮮半島北部各地に展開していた諸将を漢城に集めて戦力を立て直し、宇喜多秀家を総大将、小早川隆景を先鋒大将として兵力をほぼ二分し碧蹄館の戦いにのぞんだ。

一方の明軍は、24日開城に至ると歩兵と火器の大部分をそこに残し、李如松本来の部下である遼東の馬軍(騎兵)を基幹とした約3000の兵を先行させた。翌25日に生じた偵察隊同士(日本軍の主な指揮官は加藤光泰前野長康)の戦闘で圧勝したこともあり、李如松は“日本軍の精鋭は平壌で壊滅し漢城には弱兵が残るのみ”との報告を信じ、日本軍の戦力を下算して全軍を集結させないまま攻撃をし掛けた。

戦闘の経過[編集]

日本軍は迎撃の先鋒を立花宗茂高橋直次(後の立花直次)兄弟とし[11]、午前2時頃、先に森下釣雲と十時惟由ら軽兵30名が敵状を偵察、敵軍は未明の内に進軍すると予測し、午前6時頃碧蹄館南面の礪石嶺北側二所に布陣した。先鋒500を率いた十時連久と内田統続を正面に少ない軍旗を立てることで、查大受の率いる明軍2000を騙して進軍するよう誘致し、越川峠南面にて正面で連久らと交戦を開始した。そして宗茂と直次の本隊2000は、先鋒の連久らと中陣700の小野鎮幸、米多比鎮久を陣替する際に、直次と戸次鎮林(戸次鑑方の次男)を陣頭に立てて、左側面から敵後詰・高彥伯の朝鮮軍数千に奇襲を仕掛けて撃退に成功し、更に宗茂は800騎の備えを率いて明・朝鮮軍を猛烈追撃、戦果を拡大した。 だがその最中、十時連久、内田統続、安田国継(此時の名は天野源右衛門貞成と呼ぶ)らは突撃を敢行、鑓を投げて数十騎を突落し、明・朝鮮軍を中央突破して回転突破したが、その際に中陣の戸次統直は強弓を引いて20餘の敵兵を射落し援護しながらも、連久が李如梅の毒矢を受けて、帰陣から間もなく戦死し[12][13]、旗奉行の池辺永晟も連久負傷後は先鋒隊の指揮を暫任し中陣と替わるのを成功させたが、後の追撃戦で戦死した。寡兵の立花・高橋勢は奮戦してこれを撃退、越川峠北方右側にて兵を休ませ、この後に小早川隆景など日本軍先鋒隊が到着すると、疲労の深い立花勢を後方に下げて、西方の小丸山に移陣した。この戦端が開かれた時点では日本軍本隊はまだ漢城に在った。

午前10時頃、高陽原に明軍は左・右・中央の三隊の陣形で押し寄せた。日本軍先鋒隊は全軍を碧蹄館南面の望客硯に埋伏させ、同時に三方包囲策を進行し立花、高橋と吉川広家が左方、毛利秀包、毛利元康、筑紫広門と宇喜多秀家が右方から迂迴進軍する。午前11時頃、正面に出た小早川隆景軍の先陣二隊の内、明軍の矢面に立った粟屋景雄隊が次々繰り出される新手を支えきれずに後退を始めると明軍はすかさず追撃に移る。しかし戦機を待ってそれまで待機していたもう一方の井上景貞隊がその側背に回り込んで攻撃したことで明軍は大混乱となった。その機を逃さず、立花、高橋勢が左方から、小早川秀包毛利元康筑紫広門勢が右方から側撃、隆景本隊と吉川広家、宇喜多家臣戸川達安、[[花房職之]]も正面より進撃し、明軍前衛を撃破して北の碧蹄館にいた李如松の本隊に迫って正午の激戦となった、この際立花の金甲の将・安東常久と一騎討ちして李如松自身も落馬したが、李如梅の矢を受けて安東は戦死した。落馬した李如松は小早川の部将井上景貞の手勢に迫られたが、側近の李有聲が盾となってこれを助け、李如梅李如柏らが救出した、如松の親衛隊も李有聲など80餘名ほど戦死した。そこに明軍副総兵楊元が火軍(火器装備部隊)を率いて援軍として駆けつけ態勢を回復して防戦に努めるが、身動きもままならない狭隘地に三方から包囲される形となって壊走を始めたのは午後1時頃であった。

かくして日本軍本隊の本格的な戦闘参加を待たずに正午頃には戦いの大勢は決し、小早川隆景らの日本軍は退却する明軍を碧蹄館北方の峠・恵隠嶺に午後2時から4時まで追撃し深追を止めたが、立花宗茂と宇喜多秀家の軍勢はより北の虎尾里まで追討し、午後5時までに漢城へ引き上げた。なお、立花軍の金備え先鋒隊長小野成幸や与力衆の小串成重、小野久八郎と一門の戸次鎮林、そして高橋家中今村喜兵衛、井上平次、帆足左平、梁瀨新介も戦死し、立花宗茂はこの激戦で騎馬まで血塗れとなり、二つの甲首を鞍の四方手に付け、刀は歪んで鞘に戻せなくなったという。また、小早川秀包の家老横山景義、下級武士の桂五左衛門、内海鬼之丞、伽羅間弥兵衛、手島狼之助、湯浅新右衛門、吉田太左衛門、波羅間郷左衛門なども戦死した。

明軍の被害[編集]

この戦いでは、歩兵・火器を温存した明軍は騎兵中心の編成となっていたが、碧蹄館の地は騎兵の機動力を活かすことの出来ない狭隘な渓谷であり、かつ前夜よりの雨で泥濘地と化していた騎馬に不適な戦場であったこともあり、この一戦で明軍の被った損害は甚大で[14]、戦死者数6,000余に上るとされる[15]朝鮮王朝実録の記事では、日本軍戦死120人、明軍死傷1,500人とあり[16]、朝鮮王朝実録の別の記事では、日本軍と明軍の死傷者が双方500~600人とある[17]。また別の記事には「天兵(中国兵)短劍、騎馬, 無火器, 路險泥深, 不能馳騁, 賊(日本軍)奮長刀, 左右突鬪, 鋒銳無敵。」という記述もある[18]

李如松軍のために兵糧等の手配もしていた、朝鮮の宰相である柳成龍が著述した懲毖録には、「李如松提督が率いていたのは皆北方の騎兵で火器を持たず只切れ味の悪い短剣を持っていただけだった。一方賊(日本軍)は歩兵でその刀剣はみな3,4尺の切れ味無比のものだったから、衝突激闘してもその長刀を振り回して斬りつけられるので人も馬も皆倒れ敢えて立ち向かうものはなかった。提督は後続軍を呼び寄せたが、その到着以前に先軍は既に敗れ死傷者が甚だ多かった。日暮れに提督は坡州に戻った。その敗北を隠してはいたものの、気力を沮喪すること甚だしく、夜には親しく信頼していた家丁の戦死を痛哭した。」とある。

その後の影響[編集]

この戦いの敗北によって李如松は戦意を喪失して明軍の勢いはそがれ、武力による日本軍撃退方針を諦めて講和交渉へと転換する。その一方で日本軍も3月に明軍に漢城近郊・龍山の兵糧倉を焼き払われ、食料調達が最も困難なときに兵糧面で甚大な損失を出したため長期戦が難しくなり、石田三成小西行長らは明との講和交渉を開始した。

日本・明両軍の編成[編集]

日本軍

総大将-宇喜多秀家・先鋒隊大将-小早川隆景

先鋒隊

本隊

漢城守備

明軍

  • 大将-李如松-親衛200人[要出典]
  • 先鋒-査大受・李寧・高彦伯(朝鮮軍)-3000人[要出典]
  • 左軍-李如梅-1000人[要出典]
  • 中軍-李如柏-1000人[要出典]
  • 右軍-張世爵-1000人[要出典]
  • 援軍-楊元-約2万人(火軍 歩兵)[要出典]
  • 後備-歩兵と火器の大半を開城に残置[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明史/卷20 "李如松進攻王京,遇倭於碧蹄館,敗績。" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷20
  2. ^ 明史/卷238 "官軍喪失甚多。會天久雨,騎入稻畦中不得逞。倭背嶽山,面漢水,聯營城中,廣樹飛樓,箭砲不絕,官軍乃退駐開城。" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷238
  3. ^ 明史/卷238 "初,官軍捷平壤,鋒銳甚,不復問封貢事。及碧蹄敗衄" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷238
  4. ^ 明史/卷320 "如松既勝,輕騎趨碧蹄館,敗,退駐開城。" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷320
  5. ^ 明史/卷322 "如松乘勝趨碧蹄館,敗而退師。" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷322
  6. ^ 朝鮮王朝実録 1593年2月5日 當日南兵千戶吳惟珊, 以調兵事過去言: ‘前月二十七日, 晌午, 天兵爲我國哨兵瞞報所誤, 謂「倭賊已退, 京畿已空」, 領兵前進, 倭賊曾已埋伏, 反被中截圍掩, 斬倭僅一百二十餘, 天兵死傷一千五百, 提督今住臨津江邊, 雨雪如彼, 定然退屯開城
  7. ^ 朝鮮王朝実録 1593年1月 "宋經略進住安州, 提督李如松進兵坡州, 戰于碧蹄驛, 不利, 退住開城。 提督引大軍而南, 柳成龍先行促辦糧草, 幸不乏供。 臨津氷解, 乃從上流薄氷上, 聯葛索布籬, 作梁以渡軍, 列邑士民始從山谷出, 竭力搬運, 事皆隨辦。 提督徐行至坡州, 持重不前。 査大受與我將高彦伯, 領兵數百, 先行偵探, 至京城西, 遇賊於碧蹄驛南礪石峴, 斬百餘級。 提督聞之大喜, 獨與親丁騎兵千餘馳赴之, 令大軍繼發。 賊先伏大兵於峴後, 只數百人據峴示弱。 提督卽麾兵進, 賊自峴而下, 兵未交, 賊兵猝起於後, 結陣山上, 幾萬餘。 天兵短劍、騎馬, 無火器, 路險泥深, 不能馳騁, 賊奮長刀, 左右突鬪, 鋒銳無敵。 提督麾下李有升及勇士八十餘人被砍死, 提督使査大受殿後, 奪路而出, 大軍繼至, 賊望見還走。 提督暮還坡州, 召李有升壻王審大, 拊背慟哭曰: "好男兒, 爲我死也。" 提督欲退住東坡, 柳成龍、兪泓、金命元等, 叩帳請見曰: "勝負, 兵家常事, 當觀勢更進, 奈何輕動?" 提督曰: "昨日吾軍無不利事, 但此地經雨泥濘, 不便住軍, 所以欲還東坡, 休兵更進耳。" 遂退陣東坡。 明日退住開城, 成龍等力爭不聽, 獨留査大受領兵數百, 與柳成龍守臨津。"
  8. ^ 中国——朝鲜·韩国关系史 author:杨昭全 pp.486
  9. ^ 参謀本部編 『日本戦史・朝鮮役(本編・附記)』 偕行社、大正13年(1924年)
  10. ^ 朝鮮王朝実録 1593年2月5日 斬倭僅一百二十餘, 天兵死傷一千五百
  11. ^ 『日本戦史・朝鮮役』(補伝 第六十七宗茂の決心)[1]
  12. ^ 『日本戦史・朝鮮役』(補伝 第六十九十時傳右の戦死)[2]
  13. ^ 『筑後国史』(十時氏系図)によれば、死去の日は2月5日[3]
  14. ^ 明史/卷238 "官軍喪失甚多。會天久雨,騎入稻畦中不得逞。倭背嶽山,面漢水,聯營城中,廣樹飛樓,箭砲不絕,官軍乃退駐開城。" https://zh.m.wikisource.org/wiki/明史/卷238
  15. ^ 参謀本部編 『日本戦史・朝鮮役(本編・附記)』 偕行社、大正13年(1924年)
  16. ^ 朝鮮王朝実録 1593年2月5日 當日南兵千戶吳惟珊, 以調兵事過去言: ‘前月二十七日, 晌午, 天兵爲我國哨兵瞞報所誤, 謂「倭賊已退, 京畿已空」, 領兵前進, 倭賊曾已埋伏, 反被中截圍掩, 斬倭僅一百二十餘, 天兵死傷一千五百, 提督今住臨津江邊, 雨雪如彼, 定然退屯開城
  17. ^ http://sillok.history.go.kr/popup/viewer.do?id=wna_12602019_012&type=view&reSearchWords=&reSearchWords_ime= 朝鮮王朝実録 "上曰: "天兵之死者, 其數幾何?" 德馨曰: "與賊, 死傷相當, 幾至五六百矣。"
  18. ^ http://sillok.history.go.kr/popup/viewer.do?id=wnb_12601001_003&type=view&reSearchWords=&reSearchWords_ime= 朝鮮王朝実録 "○宋經略進住安州, 提督李如松進兵坡州, 戰于碧蹄驛, 不利, 退住開城。 提督引大軍而南, 柳成龍先行促辦糧草, 幸不乏供。 臨津氷解, 乃從上流薄氷上, 聯葛索布籬, 作梁以渡軍, 列邑士民始從山谷出, 竭力搬運, 事皆隨辦。 提督徐行至坡州, 持重不前。 査大受與我將高彦伯, 領兵數百, 先行偵探, 至京城西, 遇賊於碧蹄驛南礪石峴, 斬百餘級。 提督聞之大喜, 獨與親丁騎兵千餘馳赴之, 令大軍繼發。 賊先伏大兵於峴後, 只數百人據峴示弱。 提督卽麾兵進, 賊自峴而下, 兵未交, 賊兵猝起於後, 結陣山上, 幾萬餘。 天兵短劍、騎馬, 無火器, 路險泥深, 不能馳騁, 賊奮長刀, 左右突鬪, 鋒銳無敵。 提督麾下李有升及勇士八十餘人被砍死, 提督使査大受殿後, 奪路而出, 大軍繼至, 賊望見還走。 提督暮還坡州, 召李有升壻王審大, 拊背慟哭曰: "好男兒, 爲我死也。" 提督欲退住東坡, 柳成龍、兪泓、金命元等, 叩帳請見曰: "勝負, 兵家常事, 當觀勢更進, 奈何輕動?" 提督曰: "昨日吾軍無不利事, 但此地經雨泥濘, 不便住軍, 所以欲還東坡, 休兵更進耳。" 遂退陣東坡。 明日退住開城, 成龍等力爭不聽, 獨留査大受領兵數百, 與柳成龍守臨津。"