祖乙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
祖乙
第13代王
王朝
河亶甲
※名はあるいはとも作る。

祖乙(そいつ)は殷朝の第13代王。卜辞では、仲丁の子とされる。また、竹書紀年などでは中宗とされる。

耿(あるいは邢)に遷都した。あるいは庇に都したともいう。祖乙は、巫賢を用い、殷を復興させた。