神武天皇祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
宮中祭祀
四方拝
歳旦祭
元始祭
先帝祭(昭和天皇祭)
先帝以前三代の例祭
(孝明天皇祭)
紀元節祭
祈年祭
春季皇霊祭・春季神殿祭
神武天皇祭皇霊殿御神楽
皇妣たる皇后の例祭
先后の例祭
節折・大祓
先帝以前三代の例祭
(明治天皇祭)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭
神嘗祭
鎮魂祭
招魂祭
新嘗祭大嘗祭
賢所御神楽
天長祭〈天長節祭〉
先帝以前三代の例祭
(大正天皇祭)
節折・大祓
式年祭・旬祭)

神武天皇祭(じんむてんのうさい)は、神武天皇を祭る皇室の祭祀(宮中祭祀)。大祭。また、休日祝祭日)の一つであった。

概要[編集]

初代天皇である神武天皇の崩御日に相当する4月3日に毎年行なわれ、神武天皇の天皇霊を祭る。崩御日は『日本書紀』によれば紀元前586年(神武天皇76年)3月11日であるが、これをグレゴリオ暦に換算して4月3日としている。宮中皇霊殿と神武天皇陵に治定される奈良県橿原市の畝傍山東北陵で儀式が行われる。

神武天皇祭は幕末孝明天皇の時代、1860年万延元年)3月11日に神武天皇の御陵祭として始まり[1]1871年明治4年)9月に定められた「四時祭典定則」で規則化され、その後、1908年(明治41年)9月19日制定の「皇室祭祀令」で改めて法制化された。同法は1947年昭和22年)5月2日に廃止されたが、以降も宮中祭祀として存続している。

「皇室祭祀令」における歴代天皇の祭祀は、

となっている。

先帝祭は天長節天皇誕生日)と同様に皇位継承によって変更されるものであり、皇霊祭は春分秋分に歴代天皇霊をまとめて祭る祭祀であることから、神武天皇祭は永劫的に特定の一代の天皇を毎年大祭で祭る唯一の祭祀であり、皇統の始祖(皇祖)として別格の扱いとなっている。

当日、皇霊殿で儀式が行なわれるとともに、勅使を差遣して畝傍山東北陵に奉幣を行う。なお、旧制では式年祭には、天皇自ら神武天皇陵へ行幸して参拝することが定められていた。また、橿原神宮(奈良県)や宮崎神宮宮崎県)などの神武天皇を祀る神社はもとより日本全国の神社の殆どで遙拝式或いは祭典が行なわれる。

奉祝行事では、橿原神宮周辺において「春の神武祭」が神武天皇祭(4月3日)付近の週末に開催され、橿原神宮のライトアップおよび映像ショー、古代衣装による参道パレード、植木市、フリーマーケットなどが行われる。宮崎神宮においては神武天皇祭当日に流鏑馬が開催される。

また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、1874年(明治7年)から1948年(昭和23年)まで4月3日は同名の休日となっていた。平成28年には「神武天皇二千六百年大祭」が行われた[5][6]

春の神武祭(橿原市)[編集]

トワイライトコンサートゲスト

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p345 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 先帝の箇所には先帝の天皇号が入る。例えば平成時代だと昭和天皇祭という名称になる。
  3. ^ 崩御の年より3・5・10・20・30・40・50・100年目および以後100年毎に斎行される。
  4. ^ 式年以外の年(例年)に斎行される。
  5. ^ 3日に100年ぶり神武天皇2600年大祭 2日は奉納土俵入り 橿原神宮 
  6. ^ 神武天皇二千六百年大祭

関連項目[編集]