私が愛したヘミングウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
私が愛したヘミングウェイ
Hemingway & Gellhorn
監督 フィリップ・カウフマン
脚本 バーバラ・ターナー
ジェリー・スタール
製作総指揮 ジェームズ・ガンドルフィーニ
トリッシュ・ホフマン
ピーター・カウフマン
アレクサンドラ・ライアン
バーバラ・ターナー
出演者 クライヴ・オーウェン
ニコール・キッドマン
音楽 ハビエル・ナバレテ
撮影 ローヒエ・ストファース
編集 ウォルター・マーチ
製作会社 HBO
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年5月28日
(HBOで放映)[1]
日本の旗 2013年6月22日
WOWOWで放映)
上映時間 154分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,500,000[2]
テンプレートを表示

私が愛したヘミングウェイ』(原題:Hemingway & Gellhorn)は、2012年HBO制作のアメリカ合衆国テレビ映画

20世紀のアメリカ合衆国を代表する文豪アーネスト・ヘミングウェイと彼の3番目の妻となった戦時特派員マーサ・ゲルホーン英語版との恋愛をスペイン内戦第二次世界大戦を背景に描いた作品。ヘミングウェイをクライヴ・オーウェン、ゲルホーンをニコール・キッドマンが演じた。

第64回プライムタイム・エミー賞では、ミニシリーズ部門作品賞、主演男優賞(オーウェン)、主演女優賞(キッドマン)を含む15部門にノミネートされた。

日本では、2013年6月22日に「WOWOWプレミア」で日本語吹替で放映された[3]

あらすじ[編集]

1936年、戦時特派員のマーサ・ゲルホーンは、キーウエストのバーで有名な作家ヘミングウェイと出会い、その豪快で情熱的な人柄に魅了される。2人は内戦が続くスペインで再会し、同じホテルの同じ階に泊まったこともあり、肉体関係を結んでしまう。ポーリンという2番目の妻がいながら、ヘミングウェイはゲルホーンと一緒にいる時間が増えていく。ついに、ヘミングウェイはポーリンとの離婚を成立させ、1940年、すぐにゲルホーンと再婚する。しかし、時は第2次世界大戦下。戦時特派員のキャリアを重視して海外に向かいがちなゲルホーンからヘミングウェイの心は次第に離れていき、2人はついに正面から衝突するようになり・・・。

キャスト[編集]

吹替その他、小形満楠見尚己菅原雅芳浦山迅長島真祐山内健嗣桂一雅山本兼平岩崎ひろし水野ゆふ徳本英一郎西村太佑倉富亮川島悠美吉田健司真壁かずみ喜代原まり町田政則森源次郎滝沢ロコ

受賞とノミネート[編集]

第64回プライムタイム・エミー賞では、作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を含む15部門にノミネートされた。俳優では特に、マーサ・ゲルホーンを演じたニコール・キッドマンに多くの賛辞が集まった。

部門 候補 結果
プライムタイム・エミー賞 作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
監督賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) フィリップ・カウフマン ノミネート
主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クライヴ・オーウェン ノミネート
主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) デヴィッド・ストラザーン ノミネート
美術デザイン賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
撮影賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ローヒエ・ストファース ノミネート
衣装デザイン賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
ヘアスタイル賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
メイクアップ賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
作曲賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ハビエル・ナバレテ 受賞
編集賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ウォルター・マーチ ノミネート
音響効果賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 受賞
録音賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
視覚効果賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クライヴ・オーウェン ノミネート
主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
全米映画俳優組合賞 男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クライヴ・オーウェン ノミネート
女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
全米監督協会賞 監督賞(テレビ映画部門) フィリップ・カウフマン ノミネート
全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞 バーバラ・ターナー、ジェリー・スタール ノミネート
オンライン映画&テレビジョン協会賞 主演女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
サテライト賞 作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 『私が愛したヘミングウェイ』 ノミネート
主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) クライヴ・オーウェン ノミネート
主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
シンユーフォリア賞 主演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
コミュニティサークル賞 主演女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
ゴールドダービー賞 主演女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) ニコール・キッドマン ノミネート
女性イメージネットワーク賞 主演女優賞(テレビ映画部門) ニコール・キッドマン 受賞

脚注[編集]