秋篠宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
秋篠宮
家紋
菊栂(きくつが)
家祖 文仁親王
今上天皇の第二皇子
種別 皇族直宮家
出身地 東京都
主な根拠地 東京都赤坂御用地
著名な人物 秋篠宮文仁親王
文仁親王妃紀子
眞子内親王(第一女子)
佳子内親王(第二女子)
悠仁親王(第一男子)
凡例 / Category:日本の氏族

秋篠宮(あきしののみや)は、日本皇室宮家の一つで、今上天皇の第二皇子・文仁親王宮号

概要[編集]

1990年(平成2年)6月29日秋篠宮文仁親王川嶋紀子との結婚を機に創設された。

宮号和歌歌枕として有名な奈良県奈良市の「秋篠」に由来する。なお宮号の候補には、常陸宮の宮号の由来のように、かつての親王任国である関東の令制国名(上総国上野国)を由来とした“上総宮(かずさのみや)”、“上野宮(こうずけのみや)”などが挙がっていたともいわれている。

宮号に秋篠が選ばれたことで、同地が話題となった。特に、秋篠寺技芸天像が文仁親王妃紀子に似ているとも言われた[1]

構成者[編集]

読み 性別 生年月日 現年齢 続柄 皇位継承
順位
秋篠宮文仁親王 ふみひと 男性 1965年(昭和40年)11月30日 51歳 今上天皇第二皇男子 2位
文仁親王妃紀子 きこ 女性 1966年(昭和41年)9月11日 50歳
眞子内親王 まこ 女性 1991年(平成3年)10月23日 25歳 文仁親王第一女子
佳子内親王 かこ 女性 1994年(平成6年)12月29日 21歳 文仁親王第二女子
悠仁親王 ひさひと 男性 2006年(平成18年)9月6日 10歳 文仁親王第一男子 3位

系図[編集]

125
今上天皇  秋篠宮
 ┣━━━━文仁親王  ┏眞子内親王
皇后美智子  ┣━━━━╋佳子内親王
      同妃紀子    ┗悠仁親王

脚注[編集]