秋篠美帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

秋篠 美帆(あきしの みほ、本名田中雅江(たなか まさえ、旧姓は仲田1957年7月18日 - )は、日本女優で元宝塚歌劇団花組トップ娘役。東京都墨田区、山脇学園出身。公称身長162センチ。宝塚歌劇団時代の愛称はマサエ

略歴[編集]

  • 1978年64期生として宝塚歌劇団入団。『祭りファンタジー』で初舞台後、星組に配属。
  • 1980年、『恋の冒険者たち』で新人公演初ヒロインを務める。
  • 1981年、『暁のロンバルディア』でバウホール初ヒロインを務める。
  • 1983年、花組へ組替え。花組では同期のひびき美都と並ぶ2番手娘役として活躍。
  • 1985年若葉ひろみ退団による後任としてトップ娘役に就任。
  • 1987年、『あの日薔薇一輪』『ザ・レビュースコープ』で男役トップスター高汐巴とともに宝塚退団。
  • 退団後は、映画、ドラマ、舞台を中心に活動。近年は宝塚OGの公演を中心に出演している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 1980年3月、『恋の冒険者たち』新人公演:オリヴィア(本役:東千晃)/『フェスタ・フェスタ』 *新人公演初ヒロイン
  • 1980年6月、『虹の橋』(バウ)マルガレーテ
  • 1980年8月、『響け!わが歌』新人公演:朝霧(本役:桐生のぼる)/『ファンシー・ゲーム』
  • 1981年6月、『暁のロンバルディア』(バウ)アンヌ *バウホール初ヒロイン
  • 1981年8月、『海鳴りにもののふの詩が』新人公演:花世(本役:桐生のぼる)/『クレッシェンド!』
  • 1982年1月、『ミル星人パピーの冒険』新人公演:アン王女(本役:東千晃)/『魅惑』 *新人公演ヒロイン
  • 1982年2月、『忘れじの歌』(バウ)ジェーン *バウホールヒロイン
  • 1982年4月、『小さな花がひらいた』おこと、新人公演:おゆう(本役:若宮あいの)/『魅惑』(東宝)
  • 1982年6月、『エーゲ海のブルース』イヴ、新人公演:ジャクリーヌ(本役:姿晴香)/『ザ・ストーム』 *新人公演ヒロイン
  • 1982年10月、『心中・恋の大和路』(バウ)千代蔵
  • 1983年1月、『こぶし咲く春』萩/『ラブ・コネクション』
  • 1983年4月、『オルフェウスの窓 -イザーク編-』イングリット、新人公演:ロベルタ(本役:姿晴香) *新人公演ヒロイン

花組時代[編集]

  • 1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)
  • 1983年11月、『アンダーライン』(バウ)ナタリー *バウホールヒロイン
  • 1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』フランソワーズ・ドゥ・プレール/『ジュテーム』
  • 1984年4月、『朱に恋うる調べ』/『メイフラワー』イザベラ(全国ツアー)
  • 1984年8月、『名探偵は一人ぼっち』キャロライン/『ラ・ラ・フローラ』
  • 1984年10月、『オクラホマ!』(バウ)ローリー *バウホールヒロイン
  • 1985年2月、『名探偵は一人ぼっち』キャロライン/『ラ・ラ・フローラ』(中日)
  • 1985年3月、『愛あれば命は永遠に』ポーリーヌ
  • 1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(ハワイ公演)

花組トップ娘役時代[編集]

  • 1985年9月、『テンダー・グリーン』メイ/『アンドロジェニー』
  • 1986年1月、『微風のマドリガル』マリーア/『メモリアール・ド・パリ』
  • 1986年6月、『真紅なる海に祈りを』クレオパトラ/『ヒーローズ』
  • 1986年9月、『微風のマドリガル』マリーア/『メモリアール・ド・パリ』(全国ツアー)
  • 1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』エレーナ・プローゾロワ/『ショー・アップ・ショー』
  • 1987年3月、『第2回バウホール・コンサート スプリング! スプリング! スプリング!』(バウ)
  • 1987年4月、『真紅なる海に祈りを』クレオパトラ/『ヒーローズ』(全国ツアー)
  • 1987年8月、『あの日薔薇一輪』ハンナ・デイヴィス/ミレイユ(2役)/『ザ・レビュースコープ』 *退団公演
  • 1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』シャロン・カザティ/『ヒーローズ』(全国ツアー)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • 『虹の橋』(1993年)

舞台[編集]

  • 『ベルばらから次郎長へ 勢揃い、清水港 次郎長三國志』(2011年)