稲垣吾郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いながき ごろう
稲垣 吾郎
別名義 &G
生年月日 (1973-12-08) 1973年12月8日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 176cm[1]
血液型 O型
職業 俳優歌手声優タレント司会者
ジャンル 映画テレビドラマCM舞台バラエティ番組
活動期間 1988年 - 現在
事務所 ジャニーズ事務所(1988年 - 2017年9月8日予定)
公式サイト Johnny's net > 稲垣吾郎
主な作品
映画
プライベート・レッスン』/『催眠
笑の大学』/『十三人の刺客
テレビドラマ
青春家族』/『二十歳の約束
東京大学物語』/『最高の恋人
ソムリエ』/『陰陽師』/『ヨイショの男
稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ
Mの悲劇』/『ブスの瞳に恋してる
佐々木夫妻の仁義なき戦い
ブルドクター
備考
SMAPの全活動期のメンバー

稲垣 吾郎(いながき ごろう、1973年12月8日 - )は、日本俳優歌手声優司会者タレントであり、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバーである。

東京都板橋区出身[2]ジャニーズ事務所所属。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 左利き[9]
  • 映画『十三人の刺客』で最凶の暴君として松平斉韶を演じたが[10]、監督の三池崇史は稲垣の「悪役」起用について、SMAPの中でも特殊な存在で屈折した魅力がぴったりだと思ったと語っている[11]
  • 好きな絵本は『馬のゴン太旅日記』(小学館)で、後輩達にもよくプレゼントしているという。この本に出逢ったのは、稲垣が小学校高学年の頃に『馬のゴン太旅日記』が高学年課題図書に指定された為。同じ板橋区在住で親近感が湧き、原作者の島崎保久に読書感想文を送ったと、後に本人が語っている[12]
  • 明智小五郎金田一耕助、両者を演じた経験を持つ(ほかに演じたのは岡譲司小野寺昭のみ)。明智役は1998年からテレビ朝日の『土曜ワイド劇場』で演じ、当時24歳で土曜ワイド劇場史上最年少で主演も務めた[13]。金田一役は『稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ』として5作品にわたりシリーズ化された。

受賞歴[編集]

出演[編集]

バラエティ[編集]

レギュラー[編集]

  • WIN(日本テレビ)
  • 特命リサーチ200X(1997年1月 - 2002年1月、日本テレビ) - 伊達徹 役
  • 稲垣芸術館(2000年4月 - 9月、フジテレビ)
  • SmaSTATION!!(2001年10月 - 、テレビ朝日)※準レギュラー
  • 楽語びより(2003年1月2日、2003年4月 - 9月、フジテレビ)
  • サイエンススペシャル
    • サイエンススペシャル 「記憶の海へ」(2000年3月27日 - 30日、フジテレビ)
    • サイエンススペシャル 「時間の迷宮」(2001年2月12日 - 15日、フジテレビ)[14]
  • 稲垣吾郎の音楽狂時代(2002年3月4日 - 7日、フジテレビ)
  • タモリの未来予測TV(2003年2月24日 - 27日、フジテレビ)
    • タモリの未来予測TV-II(2004年2月21日、フジテレビ)
  • ほんとにあった怖い話(2004年1月 - 3月、フジテレビ)
    • ほんとにあった怖い話 セカンドシーズン(2004年10月 - 2005年3月、フジテレビ)
  • 吾郎の細道(2004年4月 - 6月、TBS)
  • 吾郎のソナタ(2004年7月 - 9月、TBS)
  • Goro's Bar(2004年10月 - 2009年3月、TBS)
  • Goro's Bar プレゼンツ マイ・フェア・レディ(2009年4月 - 2010年3月、TBS)
  • 忘文(2003年10月 - 2010年3月、フジテレビ)
  • G.I.ゴロー(2010年4月5日 - 9月20日、TBS)
  • 哀愁探偵1756(2010年10月14日 - 2011年3月24日、TBS)
  • ゴロウ・デラックス(2011年4月 - 、TBS)
  • 1位じゃなくっていいじゃない(2015年1月25日、7月19日[15]、テレビ東京) - 草彅剛とMC

単発[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 聖闘士星矢(1991年) - フェニックス一輝
  • ドラゴンクエスト(1992年)
  • ANOTHER-少年の島編-(1993年)
  • 夜曲-tsutomu-(1996年4月14日 - 4月20日(神戸)、4月24日 - 5月17日(東京))
  • 広島に原爆を落とす日(1997年6月14日 - 6月29日)
    • 広島に原爆を落とす日・再演(1998年4月24日 - 5月2日(大阪)、5月9日 - 5月26日(東京)、5月30 - 5月31日(広島))
  • 月晶島綺譚(1999年6月11日 - 6月27日)
  • 七色インコ(2000年5月14日 - 5月30日)
  • 謎の下宿人〜サンセット・アパート〜(2003年5月4日 - 5月27日、PARCO劇場 / 5月30日 - 6月3日、シアター・ドラマシティ) - 町田 役[26]
  • ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?(2006年6月5日 - 6月30日)
  • 魔法の万年筆(2007年5月12日 - 6月12日、パルコ劇場 / 6月15日 - 6月18日、シアター・ドラマシティ) - 主演[9]
  • 象(2010年3月5日 - 3月30日)
  • ぼっちゃま(2011年5月7日 - 6月5日(東京)、6月9日 - 6月13日(大阪))
  • 泣き虫なまいき石川啄木(2011年10月7日 - 10月30日)
  • 恋と音楽(2012年12月1日 - 12月28日、パルコ劇場 / 2013年1月11日 - 1月14日、森ノ宮ピロティホール / 1月26日 - 1月27日、イズミティ21) - 主演・田代幸雄 役[27]
    • 恋と音楽II 〜僕と彼女はマネージャー〜(2014年6月13日 - 7月3日(東京)、10月31日 - 11月2日(大阪))[28]
    • 恋と音楽FINAL 〜時間劇場の奇跡〜(2016年2月6日 - 2月7日(大阪)、2月13日 - 3月8日(東京)) - 北沢修司 役[29]
  • ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR(2013年6月8日 - 6月23日、Bunkamura シアターコクーン / 6月27日 - 6月30日、森ノ宮ピロティホール) - トーマス 役[30]
  • No.9 -不滅の旋律-(2015年10月10日 - 10月25日、赤坂ACTシアター / 10月31日 - 11月4日、オリックス劇場 / 11月13日 - 11月15日、北九州芸術劇場 大ホール) - ベートーヴェン[31]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

  • 「未来の瞳」(2000年4月 - 2001年3月 TBS系)
  • 感動エクスプレス「篠原勝之ゲタ紀行」(1999年1月15日 フジテレビ系)
  • 「僕たちの出発」(2000年5月4日 NHK
  • スーパーフライデー「乙武洋匡スペシャル!」(2002年9月13日 TBS系)
  • 北極のナヌー(2007年)[35]※日本語版

CM[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  • If You Give Your Heart (1993年2月3日)- ソロデビュー、映画『プライベートレッスン』主題歌
  • Wonderful Life(2004年3月10日)- 「&G」名義、ドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』主題歌

書籍[編集]

  • 馬耳東風(2001年5月25日、集英社)ISBN 978-4083330223

雑誌連載[編集]

  • 週刊プレイボーイ(1995年)
  • COSMOPOLITAN日本版「馬耳東風」(1996年4月 - 2000年11月号)
  • an・an【稲垣吾郎 シネマナビ!】(月1回連載。持ち回り連載だった【movies】(2001年1月 - )にかわり、2009.11.11号よりスタート)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第15回(2010年)結果 MOVIEAWARDS.JP - インターネットにアクセスできる映画ファンの方ならば、どなたでも投票できる条件下で15票獲得

出典[編集]

  1. ^ Goro Inagaki”. Internet Movie Database. 2016年5月10日閲覧。
  2. ^ 稲垣吾郎TOWER RECORDS ONLINE 2014年12月28日閲覧
  3. ^ “SMAP・稲垣吾郎が牧瀬里穂と付き合っていた!?動揺した中居正広が「ヒューヒューだよ!」と絶叫”. e-talentbank. (2016年3月22日). http://e-talentbank.co.jp/news/13974/ 2016年5月8日閲覧。 
  4. ^ 『毎日新聞』朝刊 2001年8月25日付
  5. ^ 『朝日新聞』朝刊 2001年8月27日付
  6. ^ 『毎日新聞』朝刊 2001年9月22日付
  7. ^ “「生まれ変わりました」稲垣吾郎、生謝罪で涙の復帰”. SANSPO.COM. (2002年1月15日). オリジナル2003年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031003184022/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200201/g_top2002011501.html 2017年6月17日閲覧。 
  8. ^ “稲垣吾郎 解散に肉声で初言及「驚かせてしまって申し訳ございません」冒頭30秒間、ファンに謝罪”. Sponichi Annex. (2016年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/18/kiji/K20160818013186170.html 2016年8月18日閲覧。 
  9. ^ a b “稲垣、ダメダメ男 「初心に帰れる」1年ぶり舞台”. スポーツ報知. (2007年3月17日). オリジナル2007年9月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070915075957/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070317-OHT1T00069.htm 2016年7月13日閲覧。 
  10. ^ 稲垣吾郎のものすごい悪役演技ぶりを三池崇史監督が絶賛!「SMAPの見方が変わるはず!」シネマトゥデイ
  11. ^ 『十三人の刺客』三池監督、稲垣吾郎はSMAPで特殊な立ち位置…でも重要な一員【第67回ヴェネチア国際映画祭シネマトゥデイ
  12. ^ [小学館リクルートマガジン『本と人』内のインタビューにて]
  13. ^ SmaTIMES” (2012年5月5日). 2016年5月8日閲覧。
  14. ^ “稲垣は「時間」を考える知的探求番組”. nikkansports.com. (2001年1月24日). オリジナル2001年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010126021800/http:/www.nikkansports.com/news/entert/p-et-tp0-010124-03.html 2016年11月23日閲覧。 
  15. ^ 稲垣吾郎&草なぎ剛のユル司会再び、テレ東特番第2弾”. ザテレビジョン (2015年7月19日). 2016年7月13日閲覧。
  16. ^ “金ピカ稲垣吾郎が「世界水泳」案内役”. Sponichi Annex. (2007年3月4日). オリジナル2016年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160807091435/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20070304059.html 2017年5月14日閲覧。 
  17. ^ a b SMAP稲垣吾郎、織田裕二と19年ぶり共演〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年11月21日). 2016年11月23日閲覧。
  18. ^ ““影の薄い男”稲垣吾郎、12年ぶり「世にも奇妙な物語」主演!”. SANSPO.COM. (2015年3月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150328/joh15032805030001-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  19. ^ “SMAP稲垣主演の踊るドラマ”. nikkansports.com. (2003年12月2日). オリジナル2003年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20031209170932/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-031202-0009.html 2017年6月17日閲覧。 
  20. ^ 稲垣吾郎が冷徹な社長役でAKIRAとドラマ初共演”. ザテレビジョン (2015年5月27日). 2016年1月24日閲覧。
  21. ^ 稲垣吾郎、潔癖でマザコン“ダメ夫”役に発奮 『不機嫌な果実』出演”. オリコン (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  22. ^ 稲垣吾郎の“マザコン”彼氏ぶりが相変わらず凄かった「本当にはまり役」「最高すぎ」の声相次ぐ”. モデルプレス (2017年1月7日). 2017年6月17日閲覧。
  23. ^ “松下奈緒、女子力高い刑事に 鈴木亮平・稲垣吾郎ら豪華キャスト出演”. modelpress. (2016年10月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1622666 2016年10月11日閲覧。 
  24. ^ 広末涼子、稲垣吾郎 (2013年). 広末涼子&稲垣吾郎 単独インタビュー 一貫して命が感じられる作品. インタビュアー:南樹里. シネマトゥデイ.. http://www.cinematoday.jp/page/A0003651 2014年4月29日閲覧。 
  25. ^ “稲垣吾郎、大好き湊ワールド堪能 映画「少女」に出演”. スポニチアネックス. (2016年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/28/kiji/K20160428012485630.html 2016年4月27日閲覧。 
  26. ^ “稲垣吾郎が素っ裸に!? 舞台最終けい古で宣言”. SANSPO.COM. (2003年5月4日). オリジナル2003年10月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20031009131006/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200305/gt2003050402.html 2017年6月17日閲覧。 
  27. ^ “稲垣吾郎、初ミュージカルで真飛聖と共演”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年10月22日). オリジナル2012年10月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121031134644/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/10/22/0005468005.shtml 2017年6月17日閲覧。 
  28. ^ 稲垣吾郎、癖毛ゆえの悩みを明かす 「渋谷の人々の笑顔を増やしたい」”. TVfanWeb (2014年6月13日). 2016年1月24日閲覧。
  29. ^ 「オーマイガッ!」稲垣吾郎が未来の自分に悶絶!?「恋と音楽 FINAL」”. ステージナタリー. 2016年2月18日閲覧。
  30. ^ 稲垣吾郎×中越典子の甘く危険なふたり芝居、『ヴィーナス・イン・ファー』開幕!主演の稲垣吾郎・中越典子からのコメントも!〔観劇レポート〕”. e+ Theatrix!. イープラス (2013年6月13日). 2017年6月29日閲覧。
  31. ^ 稲垣吾郎&大島優子出演 白井晃演出×中島かずき脚本×三宅純音楽『No.9-不滅の旋律-』が今秋上演”. シアターガイド (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
  32. ^ “稲垣吾郎が初声優「ワンピース」封切り”. Sponichi Annex. (2016年3月5日). オリジナル2008年5月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080312220509/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060305055.html 2017年5月14日閲覧。 
  33. ^ a b c “稲垣吾郎ラジオ、新番組名は「編集長 稲垣吾郎」SMAPの名が外れる”. スポーツニッポン新聞社. (2016年12月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/15/kiji/20161215s00041000299000c.html 2016年12月16日閲覧。 
  34. ^ “稲垣吾郎ラジオ、継続!文化放送「9月いっぱいまで続くことに」”. SANSPO.COM. (2016年1月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160120/joh16012005040004-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  35. ^ ““エコ王子”稲垣吾郎でも譲れない!”. Sponichi Annex. (2007年9月27日). オリジナル2009年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090517090824/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20070927030.html 2017年5月14日閲覧。 
  36. ^ “吾郎、新CM…実写とマペットと2本で魅せます”. SANSPO.COM. (2004年11月1日). オリジナル2005年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050406011456/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200410/gt2004110108.html 2016年7月13日閲覧。 
  37. ^ “見どころは麺とのラブシーン…稲垣吾郎が“メン様”に”. SANSPO.COM. (2004年10月18日). オリジナル2005年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050207005617/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200410/gt2004101804.html 2016年7月13日閲覧。 
  38. ^ “当社イメージキャラクターに稲垣吾郎さんを起用” (プレスリリース), カブドットコム証券, (2014年4月8日), http://kabu.com/company/pressrelease/2014/20140408.asp 2014年4月29日閲覧。