笈田敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

笈田 敏夫(おいだ としお、1925年大正14年)2月21日 - 2003年平成15年)9月2日)は昭和期のジャズ歌手。戦後を代表するジャズ歌手として活躍した。愛称は「ゲソ」。ドイツベルリン生まれ。

父はピアニストの笈田光吉。妻は女優・歌手の宇治かほる。

経歴[編集]

戦時中は海軍に召集され、大分で終戦を迎える。 戦後、数々のバンドを転々とし、1953年(昭和28年)ビクターからレコードデビュー。 1957年(昭和32年)慶應義塾大学卒業。翌年『嵐を呼ぶ男』に出演する。1961年10月18日東京赤坂の自宅で警視庁四谷警察署に逮捕される[1]。笈田は銀座のホステスを愛人に持っていたが、この愛人は別の男と二股をかけていた[1]。それを知った笈田が知人の暴力団員に解決を頼んだところ、暴力団員は愛人の浮気相手から30万円を脅し取った[1]。このため笈田も恐喝の幇助犯として1ヶ月間勾留され、1962年3月30日に懲役8月、執行猶予2年の有罪判決を受ける[2][1]。このスキャンダルにより笈田は芸能界から干されて苦渋をなめた[1]

1990年(平成2年)にテレビドラマ花王 愛の劇場家族って』に出演する。

1994年(平成6年)にはニューヨーク公演を行った。

1995年(平成7年)勲四等瑞宝章を受章。

大橋節夫と長年に渡って親交があった。

2003年(平成15年)9月2日、腎孟ガンにより死去。享年78。

1953年(昭和28年)から連続8年、NHK紅白歌合戦に出場している。

生放送中心の黎明期のテレビ界に於いて、1ヶ月間に30本余りの生放送出演をした事がある。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1953年(昭和28年)/第4回 ばら色の人生 02/17 池真理子
1954年(昭和29年)/第5回 2 愛の泉 09/15 ペギー葉山
1955年(昭和30年)/第6回 3 恋とは素晴らしいもの 07/16 ペギー葉山(2)
1956年(昭和31年)/第7回 4 ハイ・ソサエティ・カリプソ 12/25 池真理子(2)
1957年(昭和32年)/第8回 5 アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド 04/25 藤沢嵐子
1958年(昭和33年)/第9回 6 オール・ザ・ウェイ 19/25 ペギー葉山(3)
1959年(昭和34年)/第10回 7 プリテンド 17/25 藤沢嵐子
1960年(昭和35年)/第11回 8 スターダスト 02/27 宝とも子
注意点
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。
  • 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にあるカッコはトリ等を務めた回数を表す。

賞歴[編集]

  • 1985年 日本ジャズヴォーカル賞 奨励賞(ジャズワールド紙主催)
  • 1988年 第13回南里文雄賞(ジャズボーカリスト)
  • 1994年 日本ジャズヴォーカル賞 大賞(ジャズワールド紙主催)
  • 2003年 日本ジャズヴォーカル賞 特別功労賞(死後、長年に功績に対する贈呈)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ゴシップ10年史』(三一新書)p.152-154
  2. ^ 『戦後史の生き証人たち: 12人の巷のヒーロー』p.75