粕谷佳五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かすや けいご
粕谷 佳五
生年月日 (1976-12-24) 1976年12月24日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
身長 176cm
血液型 A型
職業 俳優脚本家演出家
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1998
事務所 ドルチェスター
公式サイト プロフィール

粕谷佳五(かすやけいご、1976年12月24日)は日本俳優。オリオンズベルト、ブルージェイを経て現在は(株)ドルチェスター所属。

兵庫県出身。血液型はA型。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出場がデビューのきっかけとなった。

略歴[編集]

身長・176cm。B・92cm。W・72cm。H・91cm。靴のサイズ・26cm

趣味は服のリメイク、絵画。特技はダンス、ボクシング。 剣道(初段)、銃剣道(初段)、徒手格闘(初段)。元自衛官少年工科学校(現・高等工科学校)出身。

1998年夜想会にて演技の基礎を学び舞台デビュージュノンスーパーボーイコンテスト出場中、事務所・ルージュからスカウトを受け「SHINGEN」というダンスパフォーマンスユニットに参加。「SHINGEN」は六三四Musashiの弟分的な存在として六三四の楽曲を用いてダンスパフォーマンスを行うグループで、プロデューサーは元竜童組の小針克之助が務め、多数のLIVE活動を行っていた。「SHINGEN」と並行して、22歳で自身の脚本、演出を始め、「WHITEWAY」というプロデュースユニットでの活動を始める。全作品の脚本と演出を手掛け、出演、プロデュースも兼任していた。

2001年には王子小劇場グループの佐藤佐吉賞で優秀脚本賞、作品賞、主演男優賞等を受賞する。

2003年、舞台活動の功績を認められオリオンズベルトに所属し、所属タレントの演技指導や、公演の際にはプロデュースから脚本、演出を全て任される。同時期ドラマ、映画デビュー。

土曜ワイド劇場のゲスト出演でドラマデビューし、同時期、「仮面ライダー555」の第1号オルフェノクで出演。

人物・エピソード[編集]

内臓逆位という特異な身体を持つ。左利きの部分が多いが、箸、鉛筆は矯正された為逆に左で使う練習をしている。

飲食店の経験も豊富な為、料理全般得意で、特にイタリアンが得意である。役者仲間にその料理の腕を振るっているのがblogtwitter等で散見される。

剣道(初段)、銃剣道(初段)、自衛隊格闘術/徒手格闘(初段)は自衛隊在職時に取得。

自衛官としては中学卒業時から所属する少年自衛官という高校生と自衛官を併せ持つ全国一校の機関に入隊し、武山駐屯地久里浜駐屯地大宮駐屯地への赴任を経て約6年間勤め、三等陸曹で退官。

自衛官時代、体力検定の屈腕懸垂という種目で147秒という驚異的な記録を出し、その後数年記録は保持された。また、射撃検定では優秀な成績を収める事もあり、中でも同一弾痕という先に撃った弾と同じ場所を弾丸が通過する事も度々あったという。検定は一級。自衛官の経験を活かし、映画や舞台に軍事指導として出演と共に行う事も多く、在職時よりも詳しくなったと後述している。

芸人活動もしており、2003年から2009年頃まで、俳優の宮本行とともに「UNI」(ウニ)というコンビ名で活動していた。主に漫才、たまにコントというスタイルで数々のLIVE、路上パフォーマンスなどを行っていた。漫才、コントの全般を手掛け、ボケもツッコミもしていたが、相方の宮本行が天然の為、主にツッコミを担当。しかし本人もボケたい時があるらしく、たまにボケもやっていたという。コンビ解散の理由は、6年間ものコンビ活動の末、宮本に「お笑い苦手なんだよね…」と告げられたことで、円満に解散している。

前記の「Whiteway」の活動時より、脚本演出も手掛ける活動を度々しており、また、若手の頃より舞台照明舞台美術アルバイトを経ていた為、「ナグリを振れる、明かりを吊れる演出家」と度々言われるが、「いやいや、芝居ができるのを省かないでください」と役者ベースな自身をアピールする場面もあった。

出演[編集]

主演は役名を太字で示す。

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

  • 切れない糸(2004年 NTT東日本ウェブドラマ) - 阿嶋 役
  • サイバー犯罪事件簿~姿なき侵入者~(2005年 警察庁ウェブドラマ) - 鈴木翔太 役
  • Urban Myth 第5話(2007年 TV ONウェブドラマ) - 直樹 役(主演)

映画[編集]

Vシネマ[編集]

CM[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

  • 同期の桜(1998年 劇団夜想会紀伊國屋サザンシアター) - 森通信兵役
  • Catch Your Dream(1998年 劇団アタック、武蔵野芸能劇場) - 健役(準主役)
  • 嫁ぐ日(1999年 劇団夜想会、アトリエフォンテーヌ) - 花井敏也役
  • トランス(1999年 鴻上尚史作) - 立原雅人役
  • サイコパス(1999年 つかこうへい作) - 榊原役
  • ハムレット(1999年 劇団夜想会、紀伊國屋サザンシアター) - 墓掘り役
  • しっぱいのせいこう(1999年 劇団BAY、東京芸術劇場シアターウエスト) - 建二
  • ホワイト・トイレット・ピコレット(2000年劇団SOAP、シアターモリエール)
  • よゐこライブ2002(2002年 鈴木おさむ演出、シアターV赤坂) - ブラマウス役
  • はいざら小町(2003年 殿様ランチ) - 篠原雅人役
  • KAKURENNBO(2005年 藤本隆宏作・演出、時事通信ホール) - ケイゴ
  • PAULパウロ(2006年 ミュージカル翔企画銀河劇場) - アンサンブル
  • ボーイズレビュー2006HOLD ON(2006年 ミュージカル、翔企画東京芸術劇場プレイハウス/梅田芸術劇場シアタードラマシティー) - ショーン役
  • 霧薔薇(2006年 鬼頭理三演出、シアターグリーンBOXinBOX) - マキタ役
  • リバース・ヒストリカ(2007年 *pnish*作・演出、シアターグリーンBOXinBOX) - 明智光秀
  • 港入口若津屋食堂(2008年 東京スウィカ比佐廉作・演出、赤坂レッドシアター) - 向井仁役
  • うちに来るって本気ですか?(2008年 シアターミラクル) - 御殿場太一郎役
  • ハムレット(2008年12月 TYPES、シアターモリエール) - レアティーズ役
  • 赤毛のアン(2009年2月 劇団エンゼル、高倉亜矢子演出、全労済ホールスペースゼロ/六行会ホール/一心寺シアター 他) - ギルバート役
  • ダウン・バイ・ロウ(2009年3月 TYPES、シアターモリエール) - 古賀和樹役
  • オサエロ(2009年7月 エアスタジオ) - 仲原修
  • MOTHER(2009年-2010年 エアスタジオ、藤森一朗作・演出、新国立劇場/銀河劇場 他) - 穴井利夫少尉役
  • 第六天魔王の最期~夏目漱石推理帳(2010年 エアスタジオ、藤森一朗作・演出) - 夏目漱石
  • 信長(2010年 エアスタジオ、藤森一朗作・演出、全労済ホールスペースゼロ) - 織田信長
  • CHUJI〜幕末侍伝説(2011年 WAKIGUMI(脇組)、脇太平作・演出、博品館劇場) - 定八役
  • 八十五歳の女の子(2011年 音楽劇丹宗立峰作・演出、六行会ホール) - 英二役
  • MOTHER(2011年 エアスタジオ、藤森一朗作・演出、新国立劇場) - 穴井利夫少尉役
  • 愛が殺せとささやいた(2011年9月 DHE岡本貴也作・演出、草月ホール) - マネージャー役
  • 14日の12人~12人のロックなオトコとオンナ~(2012年 劇団スポーツ、笠木望作作・演出、シアターKASSAI) - 陪審員役
  • PEACH BOY'S(2012年 ぱるエンタープライズ、米田基作作・演出、シアターサンモール) - 大原幽学
  • 桃太郎外伝~黄金の夜明け~(2012年 A☆ct Stage、麻草郁作・演出、築地ブディストホール) - ティンマン役
  • 暮れ六つ教室(2012年 キャットミント、拝田ちさと/粕谷佳五共同演出・出演、築地ブディストホール)
  • リズミックタウン(2012年 ゼロプロジェクト、宇治川まさなり作・演出、シアターサンモール) - ロック役
  • MARIONETTES -マリオネッツ-(2013年2月 キタムラ印、中目黒キンケロシアター) - リョウ役(W主演)
  • 喋々喃々(2013年 粕谷佳五脚色・演出・出演、築地ブディストホール) - 越川役
  • SOUL BLANKER ~君の隣にいるから~(2013年 READ & ACT PROJECT、中目黒キンケロシアター) - ツカサ役
  • 逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜(2013年 カプコン大関真演出、六行会ホール) - 裏野力役
  • 泣いてたまるか!!漢字検定者大会~虹の向こう側へ(2013年 佐藤智恵作・演出、劇場MOMO)
  • TAKE-MITSU~反逆のラビリンス~(2013年 キタムラ印、キタムラトシヒロ監修、犬伏雄一演出、ウッディシアター中目黒) - マサト役
  • サロメ(2014年2月 オスカーワイルド作、佐藤智恵演出、東京芸術劇場 シアター)
  • 若草物語~ルイザが描く愛の物語~(2014年 イマジンミュージカル、戸田幸彦演出、三鷹市公会堂) - ブルック先生役
  • ステキなハプニング(2014年 円盤ライダー、菅野臣太郎作・演出、鶯谷ホテルシャーウッド) - 黒服の男役
  • 暗転セクロスw (2014年 岡本貴也作・演出、上野ストアハウス) - オムニバス 第5話主役
  • SP〜下高井戸プリンセス(2015年 ステージアクト、亀田真二郎作・演出、上野ストアハウス) - 是枝部長役
  • 軋み(2015年 スタークプロデュース、ブラジリー・アン山田作・演出、サンモールスタジオ) - W主演
  • 下天の華(2015年 コーエー、キタムラトシヒロ作・演出、全労済ホールスペースゼロ) - 百地尚光役
  • 百千さん家のあやかし王子(2015年 舞台「百千さん家のあやかし王子」製作委員、硝音あや原作、滝井サトル演出、博品館劇場) - 火車役
  • オオカミとイヌ~不条理スケッチ集~(2015年 かくたすのいるところ、水野美紀作・演出/えのもとぐりむ演出、シアター711) - オムニバス
  • SCORE(2015年 ミュージカル、SCORE製作委員会、大塚浩汰作・演出、博品館劇場) - 司会者役
  • チックジョ〜〜(2015年 Office ENDLESS、西田大輔作・演出、全労済ホールスペースゼロ) - 佐久間信盛

作・演出作品[編集]

  • Happy Birthday(1999年 作・演出・出演、わたりスタジオ) - 裕一郎
  • RINX(1999年 作・演出・出演、わたりスタジオ) - 宇佐美
  • JIGSOW(1999年 作・演出・出演、わたりスタジオ) - 剛役
  • おなかのなかからでてみっか(2000年 作・演出・出演、ザムザ阿佐ヶ谷) - オムニバス
  • 青い窓・僕を呑んで…(2001年 作・演出・主演、ザムザ阿佐ヶ谷) - 前川真一
  • アキカゼフクカワベ。(2001年 作・演出・主演、王子小劇場) - 柳田宏章役 ※佐藤左吉賞 優秀脚本賞/演出賞/主演男優賞 受賞
  • 有情の特効薬(2002年 作・演出・主演、巣鴨小劇場) - 前田慎也
  • 盛り上がれ心臓(2003年 作・演出・出演、浅草5656会館) - 城下町影男役
  • 絆~ビジュアルボーイ感謝祭~(2006年 作・演出、スペース107)
  • 暮れ六つ教室(2012年 脚色・演出・出演、キャットミント、拝田ちさとと共同演出、築地ブディストホール)
  • 喋々喃々(2013年 脚色・演出・出演、キャットミント、築地ブディストホール) - 越川役
  • チープブライダル(2013年 作・演出、ステージアクト、中目黒ウッディシアター)
  • マジハウス(2014年 脚色・演出、スタイリッシュボーイズvol.1、テアトルBONBON