純烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
純烈
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP/歌謡曲/ムード歌謡
活動期間 2007年 -
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS(2010年 - 2012年)
日本クラウン(2013年 -)
事務所 G-STAR.PRO
公式サイト 純烈 official web site
メンバー 酒井一圭
白川裕二郎
小田井涼平
友井雄亮
後上翔太
旧メンバー 林田達也

純烈(じゅんれつ)は、日本の歌謡コーラス・グループG-STAR.PRO所属。

概要[編集]

  • 2007年、酒井一圭白川裕二郎小田井涼平を「紅白歌合戦を目指そう!親孝行しよう!」と誘い結成[1]。その後、林田達也・友井雄亮・後上翔太が加入。
  • 2010年、約3年に及ぶボイストレーニング、下積みを経て『涙の銀座線』でメジャーデビュー。
  • 4名が特撮番組でレギュラー出演経験のある俳優で構成されている。平均身長183cm。「親孝行、紅白歌合戦出場、全国47都道府県で唄うこと」を結成以来の目標として掲げている。
  • デビュー後も老舗キャバレー、健康センターやスーパー銭湯などで腕を磨き続けマラソン大会やプロレスにも参戦。躍動感溢れるパフォーマンスと軽妙なトークが評判を呼び動員を増やしていった。
  • 2014年、札幌観光大使に就任。新歌舞伎座での前川清座長公演。
  • 2015年、「全国縦断 にっぽん演歌の夢祭り2015」に出演。念願であったNHK歌謡コンサートに初出演(翌月も出演といきなり2ヶ月連続出場を果たす)。秋には浅草公会堂での単独ライブを成功させ、同日にはファーストアルバム『純烈ベスト』を発表、この年、年間ステージ数が200ステージを上回った。
  • 2016年、作曲家・中川博之の遺作となった7枚目のシングル『幸福あそび・愛をありがとう』を発表。オリコン演歌・歌謡曲ウイークリーチャートで結成以来、初めての第1位を獲得。同年12月31日をもって林田達也が卒業。
  • 2017年、健康センターライブで老若男女が熱狂する様子が深夜番組で放送されるやワイドショーや雑誌の取材が殺到。「スーパー銭湯アイドル」と呼ばれるようになりゴールデンタイムのバラエティー番組や全国紙、様々な媒体で特集されるようになり知名度が急上昇。
  • 東京・西蒲田のグランドキャバレー「レディタウン」で、マヒナスターズとスペシャルジョイントライブを行った。
  • 2017年3月14日、8枚目のシングル『愛でしばりたい』をリリース。2017年3月27日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:3月13日 - 3月19日)第5位(演歌・歌謡部門1位)を獲得した。

メンバー[編集]

オリジナルメンバー
元メンバー

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 涙の銀座線(2010年6月23日)
(c/w)それからの夕子さん
  • キサス・キサス東京(2011年7月20日)
(c/w)ひとりじゃないから
  • 恋は青いバラ(2013年1月9日)
(c/w)港町銀河
  • スターライト札幌(2014年1月8日)
(c/w)噂の雨がふる前に
  • 星降る夜のサンバ(2015年1月7日)
(c/w)SAYONARA SAPPORO
  • 今夜はドラマチック タイプA(2015年9月30日)
(c/w)忘れていいのよ
  • 今夜はドラマチック タイプB(2015年9月30日)
(c/w)言葉足らずのメロディ
  • 幸福あそび / 愛をありがとう(2016年5月25日) ※両A面シングル
  • 幸福あそび / 愛をありがとう / たそがれの銀座(2016年7月27日) ※プレミアム盤
  • 愛でしばりたい タイプA(#2017年3月14日)
(c/w)大阪ロマン / ふたりで一緒に暮らしましょう
  • 愛でしばりたい タイプB(2017年3月14日)
(c/w)純烈一途 / 六本木は嫌い

アルバム[編集]

  • 純烈ベスト Vol.1 2010-2015(2015年10月21日)
  • このムード歌謡がすごい!〜純烈が選んだ今キテるムード歌謡の世界!(2017年3月29日)

DVD[編集]

  • 純烈のムード歌謡日和(2014年10月29日)
  • 純烈の健康センターで逢いましょう♪(2017年4月26日)

写真集[編集]

  • 183(2014年11月29日)
  • 純烈天国(2017年6月23日)

その他[編集]

出演作品[編集]

純烈としての主な出演作品を記述。各メンバーの出演作品は、それぞれのメンバーの記事を参照。

TV[編集]

ラジオ[編集]

  • 純烈のイケメンモーニング(CBCラジオ
  • 純烈のドラマチック歌謡(USEN

舞台[編集]

ショー[編集]

  • 日本縦断 にっぽん演歌の夢祭り 2015

オリジナルビデオ[編集]

プロレス[編集]

  • DDT「April Fool 2013」(2013年、新宿FACE)
  • DDT「Road to Ryogoku 2days in SHIMIZU」(2013年、清水マリンビル)
  • DDT「工場プロレス 2013」(2013年、宮地鉄工所)
  • DDT「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」(2013年、両国国技館)

脚注[編集]

  1. ^ BARKSニュース (2010年6月25日). “元戦隊ヒーローたちの歌謡グループ、純烈の目標は?”. 2010年7月2日閲覧。