織本順吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おりもと じゅんきち
織本 順吉
本名 中村 正昭(なかむら まさあき)
生年月日 (1927-02-09) 1927年2月9日(90歳)
出生地 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
身長 174cm
血液型 B型
職業 俳優ナレーター
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1952年 -
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 織本順吉
主な作品
テレビドラマ
新・平家物語
春日局
炎立つ
わかば

織本 順吉(おりもと じゅんきち、1927年昭和2年)2月9日[1][2] - )は、日本俳優ナレーター。本名は中村 正昭(なかむら まさあき)[3]神奈川県横浜市出身[3]。身長174cm、体重72kg、血液型B型[4]。趣味は絵画[4]アルファエージェンシー所属[1]。神奈川県立工業学校(現・神奈川県立神奈川工業高等学校)卒業[5]

人物[編集]

電機会社に勤務の後、1949年(昭和24年)に新協劇団に入団。舞台『破戒』で初舞台を踏む。NHKがテレビ放映を開始した直後、『ビルマの竪琴』に水島上等兵役で出演[4]1954年(昭和29年)に退団し、岡田英次西村晃木村功高原駿雄らと劇団青俳を結成[1][2]1980年(昭和55年)に解散するまで同劇団の幹部俳優として活躍し[1]、テレビドラマ・映画でも薄幸な父親から小悪党、ヤクザまで幅広い役柄を演じている。

深作欣二監督作品に最も多く出演した俳優であり、深作が助監督時代から知っていた[2]

エピソード[編集]

  • 東映京都撮影所での撮影に初めて参加した時は、東京から来た者を怖がる風潮があったため撮影所の隅にいたが、旧知の鶴田浩二に声をかけられ打ち解けることができた[2]。自身が京都に慣れてからは、この時のことを意識して東京から来た役者には積極的に声をかけるようにしていた[2]
  • 実録外伝 大阪電撃作戦』ではヤクザの世界を面白く見せようという考えから、『仁義なき戦い』での金子信雄の演技を参考にしてヤクザの親分をコミカルに演じた[2]
  • 宇宙からのメッセージ』へは、当初キド役を演じていた俳優が降板したため深作から急遽呼びだされての参加であった[2]。その時、織本は福島で撮影中であったが、スケジュールが合ったためその足で東映京都撮影所へ向かった[2]。セリフは道中の新幹線内で覚えたが、冒頭に長尺シーンがあり、名前も覚えにくかったため、織本は俳優人生の中で最もしんどかったと述べている[2]
  • プロ野球審判員の佐々木昌信は妹の娘の夫[要出典]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • 神々の山嶺
  • コーカサスの黄金の雲

バラエティ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 織本順吉 - ALPHA AGENCY”. アーティストファイル. アルファエージェンシー. 2011年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 特撮秘宝3 2016.
  3. ^ a b 織本順吉 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年1月23日閲覧。
  4. ^ a b c 織本順吉”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月23日閲覧。
  5. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.536

参考文献[編集]