ツイートする Facebook にシェア

美山なをみ・白川珍児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

美山なをみ・白川珍児(みやま-・しらかわちんじ)は戦後にかけて活躍した漫才コンビ。夫婦だったといわれているが実際は不明。またコンビを組んだ時期も不明(昭和40年代?1968年にはすでに上方演芸会に出演している)。吉本興業の旧うめだ花月に出演。

来歴

なをみは京都を拠点にしていた島津志朗・近江京子の娘で幼少時代から漫才師であった。幼いころは巴家寅の子(のちの島田洋之介・今喜多代の今喜多代)と組んで人気少女漫才として売り出され人気者であった。その後も浮世亭夢丸浅田家寿郎ミナミサザエ等とコンビを変える。「美山なおみ」の芸名を使っていたこともあった。

珍児は堺市の生まれ、戦前落語家の桂枝輔の弟子であったがコメディアンに転向ののちに漫才師になった。コメディアン時代には千土地興行(のちの日本ドリーム観光)の千日劇場で「センニチコメディ」に出演していた。のちに漫才師になる。その傍ら吉本新喜劇が「吉本ヴァラエティ」と呼んでいた草創期のころから出演。白羽大介との絡みで評判になる。めがね姿が杉狂児3代目江戸家猫八に似ていた。また変人で知られた。愛称は「珍ちゃん」。

メンバー

  • 美山 なをみ(みやま -、1936年4月27日 - 故人?)本名は富原美子。
  • 白川 珍児(しらかわ ちんじ、1925年1月24日 - 故人?)本名は白川正元。

参考文献



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
北川景子 市川海老蔵 (11代目) 安住紳一郎 松方弘樹 加藤夏希 米倉涼子 二十三夜 矢部浩之 村主章枝 藤岡弘、 太田莉菜 加藤浩次 瀬戸市立図書館 りゅうちぇる 艦これ 成宮寛貴 安達祐実 財前直見 日本お笑い史 小林麻央
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について