美木良介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みき りょうすけ
美木 良介
本名 寺田 良介(てらだ りょうすけ)
生年月日 (1957-11-02) 1957年11月2日(59歳)
出生地 日本の旗兵庫県姫路市
民族 日本人
身長 180cm
血液型 O
ジャンル 俳優映画テレビドラマ舞台
歌手
活動期間 1980年-
活動内容 1980年:デビュー
1984年:初の映画出演
2001年:結婚
配偶者 既婚
主な作品

テレビドラマ
暴れん坊将軍』『武田信玄
アリよさらば』『ハッピーマニア
剣客商売』『子連れ狼
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜
嫌われ松子の一生


映画
瀬戸内少年野球団
不機嫌な果実』『IZO
LIMIT OF LOVE 海猿

美木 良介(みき りょうすけ、1957年11月2日 - )は、日本の俳優歌手。 本名は寺田 良介(てらだ りょうすけ)。身長180cm、血液型O型兵庫県姫路市出身。 法政大学社会学部卒業。

所属事務所[編集]

ライフワーク企画 → アオイコーポレーション → パイプライン → ぱれっとサンミュージックブレーン(2009年9月 - )→ 株式会社ロングブレス http://www.longbreath.jp (2013年4月)

来歴・人物[編集]

  • 姫路市の寿司店を営む家の長男として生まれる。兄弟には妹、弟(店の後継者)が一人ずつ居る。
美木の実家には土井正三などプロ野球選手・OBの写真が多数あり、そんな環境に育った良介は幼少より将来はプロ野球選手になろうと志し長じて競技生活開始。
  • デビューレコードのジャケット撮影の為に東宝に行った所、たまたま出会った土屋統吾郎監督にスカウトされ、レコード発売以前の1980年に、テレビドラマ『ただいま放課後』(フジテレビ)にて俳優としてもデビュー。更に1984年には映画デビューも果たすが、奇しくもデビュー作はかつて自らが熱中した野球を題材とした『瀬戸内少年野球団』であった。
  • 1984年からNHKで放送された連続テレビ小説『心はいつもラムネ色』で主人公の親友を演じる。以降もテレビドラマ映画舞台CM、また歌手としても幅広く活躍。『新・仁義の墓場』『新・日本の首領』といった仁侠映画からサスペンスドラマ、さらには『剣客商売』『子連れ狼』などの時代劇にいたるまでジャンルを問わず出演している。
  • 長く独身であったが2001年に10歳年下の元OLの女性と結婚。妻との間には翌2002年5月に出生した女児がひとりあることを公表している。
  • 歩行することさえ困難なほど悪化した持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。結果、腰痛は完治し、わずか2ヶ月で13.5kgの減量に成功。さらに体脂肪率測定で6.6%という驚異的な数値を計測した。この経験をもとにDVD書籍を刊行。各メディアで大きく取り上げられた。
  • 2011年9月6日笑っていいとも!の「タカトシの対決SHOW ほこ×たて」コーナーに上半身裸の格好でゲスト出演、自慢の肉体美を披露していた。
  • その他、ダイエット特集などの番組に出演する機会が増え、ロングブレスダイエットの方法を伝授している。

主な出演/リリース作品[編集]

テレビドラマ[編集]

教養番組[編集]

  • 趣味悠々 -はじめよう!社交ダンス-(2008年1月 - 全12回、ETV
  • 美木良介ロングブレス講座・土曜版(2015年4月4日 - 、BS-TBS)
  • 美木良介ロングブレス講座・日曜版 (2015年4月5日 - 、BS-TBS)

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 二代目パチンコ物語 一発必勝編(1991年)
  • 呪死霊 外伝(2000年)
  • 鬼哭 KIKOKU(2003年)
  • 極道の山本じゃ! 捨て身の極道編(2005年)
  • 極道の山本じゃ!2 伝説の親分編(2006年)
  • 修羅の軍団(2006年)

舞台[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングルレコード[編集]

  • 涙きれいだね(1981年1月)
  • TOKYOサンセット
  • まごころ

シングルCD[編集]

  • 愛が震えてる(c/w きっと許せやしない)(1995年12月16日)
  • 一秒の刻(c/w 愛してなんかいない)(1996年6月21日)
  • ストーリー 〜 君に逢うための(c/w 今夜はこのまま)(1997年7月24日)

アルバムCD[編集]

  • サンセット・ストーリー (1985年7月21日)
  • 同じ景色を見つめた日 (1996年1月24日)
  • 同じ景色を見つめた日+4 (2012年12月26日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時中日ドラゴンズ投手コーチを務めていた。
  2. ^ 八名は大学卒業後に東映フライヤーズの投手として短期間ではあるがプロ野球選手であったことが美木とは異なる。

出典[編集]

  1. ^ エブ★ラジ 〜夜の連続スマホ小説〜”. E★エブリスタ. 2015年2月3日閲覧。