美浜町 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みはまちょう
美浜町
Noma todai s.jpg
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
知多郡
団体コード 23446-0
法人番号 1000020234460
面積 46.20 km²
総人口 23,337
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 505人/km²
隣接自治体 常滑市
知多郡武豊町南知多町
町の木 クロマツ
町の花 ツツジ
他のシンボル -
美浜町役場
所在地 470-2406
愛知県知多郡美浜町大字河和字北田面106
北緯34度46分43.9秒東経136度54分29.6秒座標: 北緯34度46分43.9秒 東経136度54分29.6秒
Mihama town office.JPG
外部リンク 美浜町公式サイト

美浜町 (愛知県)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
南知多ビーチランド
河和口潮干狩り場

美浜町(みはまちょう)は、愛知県知多郡である。知多半島の南部にあたる。

地理[編集]

町名のとおり、浜に面した土地である。

隣接する自治体[編集]

地名[編集]

  • 野間 (旧野間町)
  • 小野浦 (旧野間町)
  • 奥田 (旧野間町)
  • 河和 (旧河和町)
  • 浦戸 (旧河和町)
  • 時志 (旧河和町)
  • 北方 (旧河和町)
  • 布土 (旧河和町)
  • 古布 (旧河和町)
  • 豊丘 (旧河和町)
  • 上野間 (旧小鈴谷町)
  • 新浦戸 (1977年、浦戸の一部より成立)
  • 北方1~3丁目 (1986年、北方・河和の各一部より成立)
  • 美浜緑苑 (1986年、奥田・上野間の各一部より成立)
  • 新栄 (奥田の一部より成立)
  • 河和台 (河和の一部より成立)

人口[編集]

Demography23446.svg
美浜町と全国の年齢別人口分布(2005年) 美浜町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美浜町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
美浜町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 19,227人
1975年 20,408人
1980年 20,820人
1985年 23,444人
1990年 24,669人
1995年 26,076人
2000年 26,083人
2005年 26,294人
2010年 25,180人
総務省統計局 国勢調査より

日本福祉大学のキャンパスがあるため、20歳前後の人口が突出して多い。

歴史[編集]

明治22年以前 明治22年10月1日 明治22年 - 明治45年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在


上野間村 稲早村
(一部)
上野間村 上野間村 上野間村 明治39年6月16日
小鈴谷村(一部)
小鈴谷村(一部) 昭和27年7月1日
町制 小鈴谷町(一部)
昭和32年3月31日
美浜町に編入
美浜町 美浜町
柿並村 野間村 野間村 野間村 野間村 明治39年7月1日
合併 野間村
野間村 昭和17年7月1日
町制 野間町
昭和30年4月1日
合併 美浜町
細目村
一色村
小野浦村 小野浦村
北奥田村 奥田村 奥田村 奥田村
南奥田村
布土村 富沢村 布土村 布土村 布土村 明治39年7月1日
合併 河和町
河和町 河和町
北方村 北方村
時志村 時志村
河和村 三和村 河和村 河和村 明治36年5月6日
町制 河和町
浦戸村 浦戸村
古布村 古布村 豊丘村(一部) 豊丘村(一部)
矢梨村 豊丘村(一部)
切山村

市町村合併について[編集]

2005年1月、南知多町合併し、合併後の名称を中部国際空港の愛称「セントレア」にちなんで「南セントレア市」とすると発表した。しかし町内および全国から抗議が殺到したため、2005年2月27日に合併の是非と新市名を問う住民投票を実施した結果、過半数が「合併拒否」になってしまい、名前のために合併そのものが頓挫した形となった。

行政[編集]

経済[編集]

本社・事業所を置く企業[編集]

  • 大栄産業株式会社[2]
    FRP製(強化プラスチック)浄化槽の製造及び高度な水処理技術を開発・提供している。北海道から鹿児島まで営業所があり、全国的な営業・販売をしている。また、一部の製品にて、ブロワ(送風機)の消費電力が、他メーカーと比較し、最も低い製品を開発・販売しており、低炭素社会対応型の浄化槽を開発・販売している。
  • トウチュウ株式会社
  • 加藤化学株式会社

主な商業施設[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

美浜町には2015年現在、姉妹都市・提携都市は存在しない。

海外[編集]

フレンドシップ相手国

2005年に開催された愛知万博で、愛知県内の市町村(名古屋市を除く。)が120の万博公式参加国をそれぞれ「一市町村一国フレンドシップ事業」としてフレンドシップ相手国として迎え入れた。[2]

教育[編集]

日本福祉大学(美浜キャンパス)

大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 美浜町立河和中学校
  • 美浜町立野間中学校

小学校[編集]

  • 美浜町立奥田小学校
  • 美浜町立上野間小学校
  • 美浜町立河和小学校
  • 美浜町立河和南部小学校
  • 美浜町立野間小学校
  • 美浜町立布土小学校

その他[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町の中心となる駅:河和駅知多奥田駅

Meitetsu logomark 2.svg名古屋鉄道

2011年3月以降、列車は町内の全ての駅に停車するようになっている。

バス[編集]

知多乗合
巡回ミニバス『行ってきバス自然号』
  • 東部コース
  • 西部コース
南知多町営バス『海っ子バス
  • 河和駅 - 矢梨 - 豊浜 - 師崎港
  • 河和駅 - 内海駅- 豊浜 - 師崎港
  • 河和駅 - 内海高校

道路[編集]

自動車専用道路

一般国道

主要地方道

一般県道

船舶[編集]

  • 河和港(河和駅から無料送迎バスまたは、徒歩8分)

名所・祭事等[編集]

愛知県美浜町の野間大坊の境内にある源義朝の墓
時志観音
えびせんべいの里
野間埼灯台
  • 南知多ビーチランド
  • 鵜ノ山 鵜繁殖地
  • 恋之水神社
  • 野間大坊
  • 野間埼灯台(通称、野間灯台)
  • 影現寺(時志観音)
  • 和訳聖書頌徳記念碑
  • 杉本美術館
  • ティレク・ティレセク美浜美術館
  • えびせんべいの里
  • 上野間の裸まいり
  • 河和天神祭
    河和天神社の祭礼で、4月の第1日曜日と前日の土曜日に行われる。
    かつては北・中・南組の3両の山車が出ていたが、現在は北組と中組が知多型の山車と提灯山車を1台ずつ、計4台所有する。
  • 北方区祭礼
    北方十二神社の祭礼で、4月の第1日曜日に行われる。
    近年建造された小型の知多型の山車が一両曳き出される。
  • 布土祭
    神明車・津島神社の祭礼で、四月の第一日曜日と前日の土曜日に行われる。
    平田・上村・大池の3組3台の山車が出る。うち、平田組は小形で総漆塗り、金箔押しの知多古型である。
  • 上野間祭
    野間神社の祭礼で、3月第4日曜とその前日の土曜に行われる。
    越智嶋組・四嶋組の2組2台の山車が出る。かつては常滑市坂井の山車一両も参加していた。
  • 奥田地区祭礼
    大己貴神社の祭礼で、4月第1日曜日とその前日の土曜日に行われる。
    近年製造された北中組と南組の2組2台の山車が出る。


出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇佐美尚(2015年2月25日). “美浜町60周年ロゴマーク 斎藤さんの作品選ぶ”. 中日新聞 (中日新聞社)
  2. ^ [1](あいちフレンドシップ交流アルバム)