羞恥心 (ユニット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クイズ!ヘキサゴン > 羞恥心 (ユニット)
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
羞恥心
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2008年 - 2011年
2015年12月12日
レーベル FLIGHT MASTER
共同作業者 島田紳助
高原兄
神原孝
ヘキサゴンオールスターズ
メンバー つるの剛士(羞)
野久保直樹(恥)
上地雄輔(心)

羞恥心(しゅうちしん)は、フジテレビ系列で放送されていたクイズバラエティ番組クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた男性3人組の企画ユニットアイドルグループ[1]である。CDデビューは2008年、発売レーベルはFLIGHT MASTER。プロデュースは『ヘキサゴンII』司会者であった島田紳助が担っていた。

同番組に出演して誤答・珍解答を連発し、“おバカタレント”と呼ばれたつるの剛士野久保直樹上地雄輔の、本業は俳優である3人によって結成。デビューシングル羞恥心」は2008年オリコン年間シングルチャート5位となるヒットを記録し、同年末の日本レコード大賞特別賞受賞や紅白歌合戦出場など、番組およびテレビ局の枠を超えて活動した。

2009年に「結成当初の想定通り」として音楽活動を休止。2011年、島田紳助の芸能界引退による『ヘキサゴンII』およびその関連企画の終了[注 1]に伴い解散した。

概要[編集]

里田まいスザンヌ木下優樹菜の女性3人組おバカユニットPaboに続く、島田紳助プロデュースによる2組目の『ヘキサゴンII』発ユニットである。ユニット名は同番組内で上地が「羞恥心(しゅうちしん)」を「さじしん」と読み間違えたことに由来している[1][2][3]。CDデビュー時に「ちょっと勉強ができなくても好きなことを貫いて、夢と希望を与えられるユニットになりたい」と宣言していた[4][5]。この後『ヘキサゴンII』から20組以上のユニットが生まれているが、“おバカキャラによるグループ”を明言して結成されたのはPaboと羞恥心、両者の合体ユニットのアラジンだけである[注 2]

1980年代アイドル風[1][6]の楽曲「羞恥心」でCDデビュー。同曲のヒットをフジパシフィック音楽出版は「社会現象的な大ヒット」と表現した[7][8]。発売したシングル3作は全てオリコン年間シングルチャートの20位以内にランクインし、2008年のオリコン年間ランキング新人部門作品別/アーティスト別売上ランキングで1位を獲得[9]オリコンスタイルは羞恥心を「国民的人気キャラクター[6]」「2008年を代表するキャラクター[10]」などと評した。 2008年11月発行の『現代用語の基礎知識2009』に、「羞恥心/おバカキャラ」として掲載されている[11][12]

羞恥心として発表した単体名義の作品は、2008年に発表された「羞恥心」「泣かないで」「弱虫サンタ」のシングル3作のみである。CD化されているオリジナル楽曲数は6曲(リミックスを除く)で、『ヘキサゴンII』発ユニットの中ではサーターアンダギー里田まい with 合田兄妹/家族に次ぐ数である。シングルを発表した『ヘキサゴンII』発ユニットの中で、最も多い累計売上枚数・平均売上枚数を記録している。

羞恥心の結成・ブレイクと同時期に、つるの・野久保・上地の3人もブレイクに至った。それぞれの所属事務所は異なる。CDデビュー時の平均年齢は29歳で、歌手出身者もアイドル出身者もいない。羞恥心は元々「アイドル“ごっこ”」という意識であり[13]、ブレイク後も自分たちは俳優であると主張し[14]、「アイドル」と扱われることには否定的であった[15][16]

歌手活動期間をファーストステージとし、その後をセカンドステージとした。セカンドステージは「個々が力をつける期間」とし、それを「その先のサードステージのため」としていたが[17][18]、結果的に「サードステージ」と呼ばれた期間は存在しない。CDデビューから解散まで約3年半(ユニット名決定から解散までは4年以上)の期間があるが、活動のほとんどはファーストステージの数ヶ月間に集約されており、それ以降に羞恥心単体・メインの活動は行われていない。活動の途中に野久保の芸能活動休業と『ヘキサゴンII』降板があり、後半の約2年間は3人が揃うこと自体がなくなっていた。

メンバー[編集]

年齢順につるのが長男、上地が次男、野久保が末っ子という立場で扱われる、または自ら称することがある。戦国三大武将に準えた「鳴かぬなら…ホトトギス、○です」というキャッチフレーズは、2008年1月30日放送の『ヘキサゴンII』内で発表された。

羞(しゅう) - つるの剛士
リーダー。メンバーを『羞』『恥』『心』としたのはつるのであり[3]、同じタイミングでリーダーに決定している。
イメージカラーは赤。立ち位置は中央。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス、『羞』です」
リニューアル前の『クイズ!ヘキサゴン』時代から「おバカタレント」の称号が与えられている。番組初登場は2005年7月6日放送分と最も早く(ただし当初は中庸な成績で、それほど目立つ存在ではなかった)、常連となったのも2007年3月頃と最も早い。羞恥心以前に出演者テロップに付け加えられていた肩書きは「俳優/ミュージシャン」「俳優/元ウルトラマンダイナ」など。
2009年4月にカバーアルバム『つるのうた』でソロデビュー。番組発ユニットとしては他に「フレンズ」・「ツバサ」に参加した。
恥(ち) - 野久保直樹
イメージカラーは青(メンバーのイメージカラーを提案したのは野久保である[3])。立ち位置は向かって右。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス、『恥』です」
番組初登場は2006年11月29日放送分。16位になり珍解答を連発、紳助に「香田晋の後継者が現れた」と言われる。常連化は上地と同じく2007年7月以降。羞恥心以前のテロップの肩書きは「俳優/元高校球児・プロ野球ドラフト候補」など。
他の2人と比べてキャラクターや存在感が薄いとネタにされることがあり、本人もそれを認める発言をしていた[19]
2009年7月の『FNS26時間テレビ』出演をもって一時芸能活動を休業、活動再開後も『ヘキサゴンII』には復帰しなかった。羞恥心での急激なブレイクによる知名度と実力との差に違和感を覚えるようになり、紳助に相談をした上で自らの意志でバラエティから離れた、と後に明かしている[20]
『ヘキサゴンII』以外での歌手活動の経験はない。
心(しん) - 上地雄輔
イメージカラーは黄。立ち位置は向かって左。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス、『心』です」
番組初登場は2007年6月27日放送分。いきなり最下位になり、すぐに常連出演者となる。羞恥心以前のテロップの肩書きは「俳優/松坂大輔の高校野球部の先輩」など。
羞恥心のCDデビューをすぐに受け入れたつるの[13]とは対照的に、「最後まで『無理』『やだ』とワガママを言った」と明かしている[15]。2008年のランキング等では他2人や羞恥心をも上回る結果を出しており[21][22][23]、「2008年を代表するタレント」の一人とされた[22][23]
2009年3月に「遊助」名義でソロデビュー。シングル「ひまわり」は羞恥心のセカンド・サードシングルを上回る売上枚数を記録し、同年のCD総売上金額は、2008年の羞恥心を超えた[24]

DVDドラマ[編集]

シングル付属のDVDに、「地球の平和を守るために戦う、ちょっとおバカだけど愛すべき3兄弟の物語」という設定のショートドラマが収録された。その中では互いを実名ではなく「羞」「恥」「心」、「兄ちゃん」「弟」と呼び合っている。

アニメキャラクター[編集]

つるの・野久保・上地それぞれに相応する、「羞」「恥」「心」というキャラクターがある。

それぞれのイメージカラーの服[注 3]とイメージカラーとは別の色の眼鏡を着用し、顔は個々にやや似せて描かれた、三頭身ほどの小人のようなキャラクター[注 4]。「羞恥心」のミュージックビデオで初登場。以降CD付属のDVDに1分程度のアニメが収録されたほか、『ヘキサゴンII』の番組グッズなどで展開された。このキャラクターを元にした「羞恥心キューピー」「羞恥心キティ」が公式に作られている。並び順は左から「羞」・「恥」・「心」が基本で、実際の羞恥心の立ち位置(左から心・羞・恥)とは異なる。

WE LOVE ヘキサゴン 2011』発売時に、アルバム参加者全員の統一されたタッチでの似顔絵が発表されたが、羞恥心の3人はこのアニメキャラクターのままで、最後までこれ以外のキャラクターでは描かれなかった。

略歴[編集]

結成〜CDデビュー発表[編集]

先にCDデビューをしたのはPaboであるが、グループ名の決定は羞恥心の方が先である。Paboや後発の他ユニット群と同様に、当人達がユニット結成やCDデビューを志願したわけではない[13]

2007年7月11日の『クイズ!ヘキサゴンII』で初めてつるの・野久保・上地の3人(以下、文中の「3人」はつるの・野久保・上地のことを表す)が揃って出演し、番組冒頭ナレーションで「“イケメンおバカ三銃士”が登場」と紹介された。その後7月25日の放送で共演者の品川祐品川庄司)が「(Paboに続いて)ついでに男3人でアルフィーみたいなの作ればいい」と提案。8月1日の放送で紳助がユニット名を『羞恥心』と決定。「イメージは少年隊」とし、さらにリーダーをつるの、それぞれを『羞』『恥』『心』と決定するやり取りが行われた。その後しばらくの間は特に動きはなく、「羞恥心」は単なる番組内での3人の呼び名であった。また9月以降は3人が番組に揃わないことも増えた。上地はこの時期を「羞恥心はあるようでない感じでフワフワ〜っと存在し続けた」としている[15]

2008年1月2日放送の『ヘキサゴンII』において「春にデビュー予定」と発表され、3人の出演者紹介テロップに加えられる肩書きが一様に「俳優/羞恥心」となった。3月5日の放送でデビュー曲「羞恥心」を初披露。オンエア直後から開始された着うた配信が「フジメロのダウンロード記録を更新」と発表された[2]。この時期から3人は毎週『ヘキサゴンII』に出演している[注 5]

CDデビュー〜2008年の活動[編集]

2008年4月9日、デビューシングル「羞恥心」発売。同日に池袋サンシャインシティで行われたデビューイベントには約2000人が集まった[4][25]。翌4月9日付のオリコンデイリーチャートで1位を獲得、週間2位・月間1位・年間5位というチャート成績を記録し、ユニットおよび『ヘキサゴンII』最大のヒット曲となる。

6月25日にセカンドシングル「泣かないで」を発売。同日に行われたイベントは各会場の動員記録に影響を与え[26][27][28]、合計で約24000人を動員した[6]。7月30日にPaboとの合体ユニット・アラジンとしてシングル「陽は、また昇る」を発売。8月6日に主演ドラマ『お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件』が放送された[14]。この時期に紳助が『ヘキサゴンII』内で、「本物のアイドルみたいになってきた」「秋にアルバムを出して、紅白出て、撤収(解散)」などと発言している。

10月4日に『ヘキサゴンファミリーコンサート』開催、それぞれのソロ楽曲も披露された。新曲「我が敵は我にあり」「南の島〜友へ〜」を含む番組発コンピレーション・アルバムWE LOVE ヘキサゴン』はオリコン1位を獲得。同月、羞恥心とPaboのメンバーおよび『ヘキサゴンII』プロデューサーの神原孝に「フジテレビ社長賞」が授与された[29]

紳助は引退後に、引退会見の中で「(芸能界の)てっぺんに立った半年間」と表現した時期を、羞恥心が人気を博したこの頃であったと言及している[30][31]

2008年末〜歌手活動終了[編集]

11月19日に東京スポーツが「羞恥心が2009年1月2日の特番をもって解散」と報じ[32]、翌日『ギネス世界記録2009』の記者会見上でこの件に触れられた上地が解散を否定した[33][34]。11月25日に「羞恥心 with Pabo」として『第59回NHK紅白歌合戦』出場が決定、同日に開かれた初出場会見には出席せず後日単独での会見が行われた[35]

12月10日に3枚目のシングル「弱虫サンタ」を発売、初のオリコン週間1位を獲得した。その1週間前にはに『2008 FNS歌謡祭』に出演し、番組内にVTRで(プロデューサーの「カシアス島田」という立場で)登場した紳助から「2009年1月2日をもってファーストステージ終了」と、歌手活動の終了が発表された[17][18][36]。紳助はこれを「CDデビュー当初からの予定通り」とし、「3人を元の持ち場に返す(俳優活動に注力させる)」と宣言した[17]。メンバーも「解散ではない」と強調した[36][37]

2008年末は読売テレビベストヒット歌謡祭』、テレビ朝日ミュージックステーションスーパーライブ』など、フジテレビ以外の音楽特番に出演した。12月30日に『第50回日本レコード大賞』にてカシアス島田とともに「特別賞」を受賞。12月31日に『第59回NHK紅白歌合戦』に出演、同日はフジテレビ『FNS2008年クイズ!!』に掛け持ちで出演している。ヘキサゴンファミリーとともに「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」を披露、同放送での歌手別視聴率において最高記録となった[38][39]

2009年1月1日、午前に神戸、午後より東京で、ファーストステージ最後のライブイベント『謹賀新年!羞恥心新春歌謡ショー』を開催。「僕たちは普通のおバカに戻ります」と、キャンディーズ風の宣言で締められた[38][注 6]。羞恥心単体のイベントはこれが最後となった[注 7]。翌1月2日放送の『ヘキサゴンII』を「ファーストステージ最終章」とし、歌手活動を終了。同放送内で紳助より「解散ではないし、3人はこれからもヘキサゴンに出続ける」と改めて明言された。

2009年以降[編集]

『ヘキサゴンII』以外の場で3人が揃うは、紳助が司会の別番組にヘキサゴンファミリーとして出演したときだけとなり、それ以外の場で個々が「羞恥心メンバーの…」と扱われることは減っていった。3月に上地が、4月につるのがソロ歌手デビュー。ともに『ヘキサゴンII』でソロ楽曲を披露し、以降も新作発表のたびに番組で曲を披露するようになった。2人のソロ活動のプロデュースに紳助や番組は関わっていない。

7月25日・26日放送の『FNSの日26時間テレビ 2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!』を紳助およびヘキサゴンファミリーが担当することとなり、つるのと崎本大海による新ユニット・フレンズが行う全国縦断弾丸イベントに上地・野久保も同行することを発表、「限定復活」とされた[40][41]。当日は各会場で羞恥心の楽曲を披露。その放送のエンディングで紳助から「野久保は明日から、勉強のため旅に出ます」と、『ヘキサゴンII』から離れることが発表された[42][43]。これは後に野久保が自ら「バラエティを卒業した」と述懐しており[20]、その後3人が表舞台に揃うことは解散発表時まで一切なかった。

10月31日に開催された『ヘキサゴンファミリーコンサート2009』では野久保のパートを紳助が務めた「泣かないで」のほか、渡辺正行ら別出演者による羞恥心が披露された。以降2010年のコンサートなどでは、野久保の映像を用いる演出でその不在に対応した。CD・DVDのジャケットや関連グッズなどでは、野久保のアニメキャラクター「恥」を用いる措置が取られている。

ヘキサゴンII終了・解散[編集]

2011年8月23日、紳助が暴力団関係者と交際があったことを理由に芸能界から引退。同日に行われた会見の中で「ヘキサゴンという番組が当たって、そこから自分の子供のような人たちがスターになっていったのが嬉しかった」という旨を述べている[30][44][45]。レコード会社は、CDの回収や出荷停止などの措置は取らないと発表した[46]。9月13日に『ヘキサゴンII』の打ち切りが決定[44]、同月28日に放送された最終回の最後の場面にて、「羞恥心」の衣装に着替えたつるのと上地が「ヘキサゴンは永久に不滅です」と宣言した。

2011年11月26日、『ヘキサゴンファミリーコンサート2011』開催。出演告知のなかった野久保がコンサート途中でサプライズで登場。約2年ぶりに3人全員が公の場に揃い、さらにこのコンサート中に正式に解散が発表された[47]。つるの・上地・野久保はそれぞれのブログやTwitterでその心情を明かした[48][49][50]

コンサート以降、羞恥心が揃う場面はなかったが、2015年12月12日に、同年8月に結婚した上地の結婚式で当時の衣装で一夜限りの復活が実現したが、つるのや野久保、ヘキサゴンで共演していた品川(品川庄司)のInstagramで写真が載ったのみで、映像化などはされていない[51]

受賞歴[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

全楽曲の作詞はカシアス島田[注 8]作曲高原兄編曲は斉藤文護・岩室晶子。

  1. 羞恥心(2008年4月9日)
  2. 泣かないで(2008年6月25日)
  3. 弱虫サンタ(2008年12月10日) - カップリングに羞-Shu-(つるの剛士)のソロ楽曲「何もかもが君だった」を収録。

アルバム発表曲[編集]

リミックス[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

音楽特番

ラジオ[編集]

その他[編集]

影響・パロディなど[編集]

羞恥心の代表的なパロディユニットに、バラエティ番組『はねるのトびら』内で結成された悲愴感があり、その解散ライブで羞恥心と共演している[52]

2008年頃には、羞恥心や『ヘキサゴンII』と直接関係があるかないかにかかわらず、『〜界の羞恥心』を自称するユニットがあったり[53]、特に「テレビ番組発の企画」としてのユニットの会見の中では「羞恥心を意識しているか」という問いかけがあったりした[54][55]。『ヘキサゴンII』発のおバカキャラとして羞恥心の先輩にあたる香田晋は、羞恥心のブレイク時に自ら「演歌界の羞恥心です」と称したことがある[56]

2008年にオリックス・バファローズ所属(当時)の大引啓次が自身を中心に坂口智隆小瀬浩之とオリックス版「羞恥心(Bs羞恥心)」を結成[57]。スポーツニュースの見出しに使われるなど、“当人たちだけの遊び”にとどまらない呼び名となった[58][59]

2009年1月に千葉ロッテマリーンズ所属(当時)の西岡剛が『ヘキサゴンII』に出演し、“おバカキャラ”を露呈する結果となった。その放送後に西岡は大阪桐蔭高校OBの中田翔平田良介とともにプロ野球版羞恥心「好奇心」の結成を宣言した[60][61]。「好奇心」は、2009年4月に野久保とFUJIWARAが映画PRイベント上で結成したユニット名としても用いられている[62]

韓国の音楽グループ・MBLAQが2011年に日本デビューする際、「韓国の羞恥心」というキャッチコピーが用いられた。MBLAQのメンバーが韓国内で“おバカアイドル”とされていたことに由来している[63]

ネットアニメ『やわらか戦車』第18話(2008年公開)に、「笠恥羞」(りゅうちしゅう)という三人組の音楽グループが登場している。

後継ユニット[編集]

2009年1月の羞恥心の歌手活動終了後、島田紳助のプロデュースによって“ポスト羞恥心”とされた男性ユニットが作られた。紳助がカシアス島田名義[注 10]でプロデュース・作詞を担い、実際に「ポスト羞恥心[64][65]」と扱われた新選組リアンが2009年10月にデビュー(2014年10月解散)、同じく紳助のプロデュース[注 11]で「ヘキサゴンから誕生した新たなイケメン三銃士[66]」というキャッチコピーが用いられたサーターアンダギーが2010年2月にデビューした(2013年2月解散)。

新選組リアンとサーターアンダギーはともに野久保の『ヘキサゴンII』降板後に結成されており、3人全員が揃った羞恥心との共演は2011年のヘキサゴンファミリーコンサートが最初で最後となった(ただし、山口純は体調不良で休んでいたため、野久保との共演は最後まで実現しなかった)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サーターアンダギーのみ、これ以降も活動を継続した。
  2. ^ 「羞恥心の後継ユニット」とされたサーターアンダギーは結果として全員“おバカキャラ”であったが、それを前提にメンバーが選ばれて結成されたという明言はない。
  3. ^ アラジン「陽は、また昇る」のDVDアニメの描写から、服は全身タイツのような形状であることが解る。
  4. ^ 人間の大人と変わらない大きさで描かれている場合もあるが、アニメの画風から他の物との大きさの比較が定まっていない。
  5. ^ その後つるの(2010年の育児休業期間を除く)と上地は最終回まで欠かさず出演、野久保は番組を降板した2009年7月末まで欠かさず出演した。
  6. ^ 同ライブでは「マイクをステージに置いて去る」という、山口百恵のラストコンサートを真似たパフォーマンスも披露している。
  7. ^ 同日放送のテレビ番組『初詣!爆笑ヒットパレード』で同ステージからの生中継が行われた関係で、一部に他のタレントが出演している。
  8. ^ 「羞恥心」のみシングル発売当時は島田紳助名義。
  9. ^ 10月24日の放送は上地がスケジュールの都合で収録(番組は2度とも生放送ではなく録音である)に参加できず、番組ラスト数分間の電話出演のみとなった。
  10. ^ 2010年よりプロデュースは広小路亨名義。
  11. ^ プロデュースは広小路亨、作詞はカシアス島田名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c “羞恥心/羞恥心”. ポニーキャニオン. オリジナル2011年7月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110722182349/http://music.ponycanyon.co.jp/pickup/pcca02665/ 2014年11月4日閲覧。 
  2. ^ a b “Vol.17 「クイズ!ヘキサゴンII」から飛び出したユニット「羞恥心」に火がついた!!!”. 株式会社フジパシフィック音楽出版. http://www.fujipacific.co.jp/company/column/feature/17.html 2013年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b c “コメントをくれたあなたへ。”. 上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」. (2009年1月4日). http://ameblo.jp/kamijiyusuke/entry-10187805383.html 2013年8月25日閲覧。 
  4. ^ a b “羞恥心デビューイベントにファン2000人殺到「僕たち、ただの“おバカさん”ですよ」?”. ORICON STYLE. (2008年4月9日). http://www.oricon.co.jp/news/music/53581/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  5. ^ “全国の“おバカ”に夢と希望を! 話題のユニット“羞恥心”がオリコン1位を記録!!”. リッスンジャパン. (2008年4月10日). http://listen.jp/store/musicnews_23461_all.htm 2013年8月25日閲覧。 
  6. ^ a b c ““バカ”にできない、羞恥心の人気”. ORICON STYLE. (2008年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/music/56289/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  7. ^ “Vol.23 大ヒット"羞恥心"に続け! 『ヘキサゴンII』発第3弾ユニット:『ラクダとカッパ』デビュー!”. 株式会社フジパシフィック音楽出版. http://www.fujipacific.co.jp/company/column/feature/23.html 2013年8月25日閲覧。 
  8. ^ “Vol.27 羞恥心2ndシングル『泣かないで』、またまた大ヒット!”. 株式会社フジパシフィック音楽出版. http://www.fujipacific.co.jp/company/column/feature/27.html 2013年8月25日閲覧。 
  9. ^ 『オリコン年鑑2009』 オリコン・エンタテインメント、8頁。ISBN 978-4871310857。
  10. ^ “羞恥心『惜しまれる“音楽活動終了”宣言! 大ブレイクした羞恥心の軌跡をたどる!!』”. ORICON STYLE ミュージック. (2008年12月10日). http://www.oricon.co.jp/music/special/081210_04.html 2013年8月25日閲覧。 
  11. ^ “ねじキューピー、「現代用語の基礎知識」に掲載 - 同ページに「羞恥心」も”. 新橋経済新聞. (2008年11月17日). http://shinbashi.keizai.biz/headline/482/ 2013年8月25日閲覧。 
  12. ^ 現代用語の基礎知識2009』 自由国民社、1302頁。ISBN 978-4426101275。
  13. ^ a b c つるの剛士 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』 ランダムハウス講談社、190-208頁。ISBN 978-4270003961。
  14. ^ a b ““おバカブーム”ドラマに羞恥心3人主演”. nikkansports.com. (2009年7月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080710-381927.html 2013年8月25日閲覧。 
  15. ^ a b c “8月生まれだって。”. 上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」. (2008年8月1日). http://ameblo.jp/kamijiyusuke/entry-10122398936.html 2013年8月25日閲覧。 
  16. ^ “どっかいほー”. つるの剛士オフィシャルブログ つるたけ日記. (2008年8月22日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/802 2013年8月25日閲覧。 
  17. ^ a b c “羞恥心、来年1月2日で歌手活動を終了 島田紳助が明言”. ORICON STYLE. (2008年12月4日). http://www.oricon.co.jp/news/music/60493/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  18. ^ a b “「羞恥心」歌手活動終了 次のステージとは何なのか”. J-CASTニュース. (2008年12月4日). http://www.j-cast.com/2008/12/04031486.html?p=all 2013年8月25日閲覧。 
  19. ^ “ピピピクラブSP 実録 野久保直樹と60分” 『TV Bros.2008年10月10日号』 東京ニュース通信社、4-5頁。
  20. ^ a b “元「羞恥心」の野久保直樹が語る「紳助さんには止められました」(後編)”. exiteニュース. (2013年4月15日). http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130415/E1365960179260.html?_p=1 2013年8月25日閲覧。 
  21. ^ “2008上半期検索ワードランキング![アイドル・タレント]”. All About. (2009年7月31日). http://allabout.co.jp/gm/gc/202812/3/ 2013年8月25日閲覧。 
  22. ^ a b “OCN 年間検索ワード - 総合ランキング2008”. OCN. http://ranking2008.blog.ocn.ne.jp/totalrank.html 2013年8月25日閲覧。 
  23. ^ a b “上地雄輔と宮崎あおい、2008年の“顔”に決定!”. ORICON STYLE. (2008年12月30日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/61679/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  24. ^ “上地雄輔、遊助として「羞恥心」超えた! 「オリコン年間ランキング」3冠達成”. 映画.com. (2009年12月22日). http://eiga.com/news/20091222/21/ 2013年8月25日閲覧。 
  25. ^ “ヘキサゴンおバカ3人組「羞恥心」ついにオリコン1位”. ZAKZAK. (2008年5月1日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_05/g2008050111_all.html 2013年8月25日閲覧。 
  26. ^ “「羞恥心」が「光GENJI」超え! ナニワファン熱狂!”. Sponichi Annex. (2008年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200806/26/ente212327.html 2013年8月25日閲覧。 
  27. ^ “おバカ見物に6000人 「羞恥心」名古屋初上陸だ”. 中日スポーツ. (2008年6月26日). オリジナル2008年6月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080627160818/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008062602000085.html 2013年8月25日閲覧。 
  28. ^ “バカ殿御一行、羞恥心としょこたん超える人気にご満悦”. ORICON STYLE. (2008年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/58500/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  29. ^ “鳥肌”. つるの剛士オフィシャルブログ つるたけ日記. (2008年10月23日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/862 2013年8月25日閲覧。 
  30. ^ a b “「前もって教えていたのはダウンタウン松本だけ」 島田紳助さん芸能活動引退会見 全文”. ガジェット通信. (2011年8月24日). http://getnews.jp/archives/137400 2013年8月25日閲覧。 
  31. ^ “紳助さん 芸能界復帰の意思なし「もうやり尽くした」”. Sponichi Annex. (2012年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/19/kiji/K20120419003072340.html 2013年8月25日閲覧。 
  32. ^ “羞恥心が正月特番で電撃解散? 上地の「おバカ卒業」が原因か”. Narinari.com. (2008年11月19日). http://www.narinari.com/Nd/20081110599.html 2013年8月25日閲覧。 
  33. ^ “上地雄輔「おバカキャラ嫌いじゃない」 - 羞恥心の解散を否定”. マイナビニュース. (2008年11月20日). http://news.mynavi.jp/news/2008/11/20/040/index.html 2013年8月25日閲覧。 
  34. ^ “上地雄輔、羞恥心解散は「ないです」と断固否定”. 日テレNEWS24. (2008年11月20日). http://www.news24.jp/entertainment/news/162924.html 2013年8月25日閲覧。 
  35. ^ “羞恥心 with Pabo、初紅白も“おバカ道”貫く ユッキーナは余裕発言?”. ORICON STYLE. (2008年12月3日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/60732/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  36. ^ a b “羞恥心が歌手としての活動を終了”. ナタリー. (2008年12月3日). http://natalie.mu/music/news/11437 2013年8月25日閲覧。 
  37. ^ “羞恥心”. 上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」. (2008年12月4日). http://ameblo.jp/kamijiyusuke/entry-10173510288.html 2013年8月25日閲覧。 
  38. ^ a b “羞恥心 涙の熱唱『普通のおバカに戻ります』”. デイリースポーツonline. (2009年1月3日). http://www.daily.co.jp/gossip/2009/01/03/0001638744.shtml [リンク切れ]
  39. ^ “紅白視聴率、歌手別最高は「羞恥心」47.8%”. ZAKZAK. (2009年1月5日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200901/g2009010526_all.html 2013年8月25日閲覧。 
  40. ^ “『FNS26時間テレビ』で羞恥心が久々のそろい踏み”. ORICON STYLE. (2009年6月27日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/67249/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  41. ^ “FNS26時間テレビで羞恥心が限定復活”. nikkansports.com. (2009年6月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090627-511439.html 2013年8月25日閲覧。 
  42. ^ “野久保直樹の休業発表にネット騒然、4月の「事務所独立騒動」影響か。”. Narinari.com. (2009年7月27日). http://www.narinari.com/Nd/20090712024.html 2013年8月25日閲覧。 
  43. ^ “「羞恥心」野久保レギュラー降板 紳助の涙は何を意味するのか”. J-CAST. (2009年7月27日). http://www.j-cast.com/2009/07/27046125.html?p=all 2013年8月25日閲覧。 
  44. ^ a b “ヘキサゴン打ち切り「紳助さん抜きでは限界」”. デイリースポーツonline. (2011年9月14日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/09/14/0004465261.shtml 2013年8月25日閲覧。 
  45. ^ “おバカ“紳助ファミリー”安堵!? ヘキサゴン打ち切り回避”. ZAKZAK. (2011年8月27日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110827/enn1108271553007-n1.htm 2013年8月25日閲覧。 
  46. ^ “フジ「遺憾」ヘキサゴン休止 TV各局、対応に苦慮…紳助さん引退”. スポーツ報知. (2011年8月25日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110824-OHT1T00323.htm 2013年8月25日閲覧。 
  47. ^ “羞恥心、解散ライブ収録『ヘキサゴン』DVDが好評”. ORICON STYLE. (2012年1月27日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006323/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  48. ^ “ヘキサゴン学校☆卒業☆”. 上地雄輔オフィシャルブログ「神児遊助」. (2011年11月27日). http://ameblo.jp/kamijiyusuke/entry-11090969526.html 2013年8月25日閲覧。 
  49. ^ “撤収!建設。”. つるの剛士オフィシャルブログ つるたけ日記. (2011年11月28日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/1802 2013年8月25日閲覧。 
  50. ^ “野久保もサプライズで登場! 羞恥心の解散ライブ、3人が思いつづる”. RBB TODAY. (2011年11月28日). http://www.rbbtoday.com/article/2011/11/28/83407.html 2013年8月25日閲覧。 
  51. ^ “「羞恥心」上地雄輔&つるの剛士&野久保直樹が復活!上地の結婚式で3人そろってパフォーマンス”. シネマトゥデイ. (2015年12月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078871 2015年12月15日閲覧。 
  52. ^ “悲愴感の解散ライブにライバル羞恥心が割り込み”. ナタリー. (2008年9月22日). http://natalie.mu/music/news/9713 2013年8月25日閲覧。 
  53. ^ “演歌界の“羞恥心”「シン御三家」お披露目”. Sponichi Annex. (2008年10月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/archive/2008archive/KFullNormal20081010078.html 2013年8月25日閲覧。 
  54. ^ “ポスト“羞恥心”!? 「ゴーオンジャー」からアイドルユニットが誕生!”. webザテレビジョン. (2009年1月19日). オリジナル2009年1月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090124194620/http://blog.television.co.jp/entertainment/entnews/2009/01/20090119_01.html 2013年8月25日閲覧。 
  55. ^ “イモ欽トリオが一夜限りの再結成! 羞恥心にライバル心むき出し”. マイナビニュース. (2008年11月9日). http://news.mynavi.jp/news/2008/11/09/004/index.html 2013年8月25日閲覧。 
  56. ^ “香田晋「演歌界の“羞恥心”です」 20周年記念”. ZAKZAK. (2008年6月30日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008063025.html 2013年8月25日閲覧。 
  57. ^ “数合わせ(-_-;)”. 大引啓次オフィシャルブログ「一笑懸命」. (2008年9月25日). http://ameblo.jp/bickey10/entry-10143693783.html 2013年8月25日閲覧。 
  58. ^ “【携帯サイト】Bs羞恥心・Bs悲愴感」特集コーナー公開”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト. (2008年11月26日). http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/429.html 2013年8月25日閲覧。 
  59. ^ “「羞恥心」トリオ大暴れでオリ最下位脱出”. nikkansports.com. (2009年8月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090820-533185.html 2013年8月25日閲覧。 
  60. ^ “西岡、中田、平田大阪桐蔭“好奇心”結成”. nikkansports.com. (2009年1月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090110-448658.html 2013年8月25日閲覧。 
  61. ^ “俺たちは〜♪「好奇心」…大阪桐蔭おバカトリオ誕生”. ZAKZAK. (2009年1月10日). http://www.zakzak.co.jp/spo/200901/s2009011003_all.html 2013年8月25日閲覧。 
  62. ^ “野久保直樹が新ユニット“好奇心”結成! 「バーン・アフター・リーディング」”. 映画.com. (2009年4月22日). http://eiga.com/news/20090422/3/ 2013年8月25日閲覧。 
  63. ^ ““韓国の羞恥心”「MBLAQ」が日本上陸”. Sponichi Annex. (2011年2月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/18/kiji/K20110218000267570.html 2013年8月25日閲覧。 
  64. ^ “島田紳助、日テレ『深イイ話』でも音楽プロデュース! ポスト羞恥心「新選組リアン」がデビュー”. ORICON STYLE. (2009年7月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/67979/full/ 2013年8月25日閲覧。 
  65. ^ “ポスト“羞恥心”!? 島田紳助が新たに世に送り出す“新選組リアン”がブレイク間近!”. e+weekly. (2009年10月5日). http://weekly.eplus2.jp/article/129194564.html 2013年8月25日閲覧。 
  66. ^ “サーターアンダギー『ヘキサゴン発! 山田親太朗率いる新たなイケメン三銃士に直撃&密着★』”. ORICON STYLE ミュージック. (2010年2月17日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/100203_01.html 2013年8月25日閲覧。 

関連項目[編集]