義達祐未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よしたつ ゆみ
義達 祐未
プロフィール
愛称 よし子、よしたっちゃん
生年月日 1985年9月4日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本栃木県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 164 cm / 45 kg
BMI 16.7
スリーサイズ 86 - 57 - 88 cm
カップサイズ E
股下 / 身長比 78 cm / 47.6 %
靴のサイズ 23.5 cm
備考 美脚、童顔
活動
デビュー ドラマ
ジャンル 女優・タレント
備考 栃木県知事任命“とちぎ未来大使”(観光大使)就任中
モデル: テンプレート - カテゴリ

義達 祐未(よしたつ ゆみ、1985年9月4日 - )は、日本の元女優タレント2016年6月30日をもって芸能界を引退した[1]。本名は芸名に同じ。所属事務所クィーンズアベニューアルファだった。元、秦建日子演劇ワークショップTAKE1の第四期生。栃木県下都賀郡大平町(現・栃木市)出身。栃木県知事任命“とちぎ未来大使”(観光大使)。

来歴[編集]

秦建日子主宰演劇ワークショップTAKE1四期生オーディションに一般枠(月刊Auditionより掲載募集)から参加し、合格(同期では美元野崎亜里沙鈴木あきえ瀬長奈津実山口龍人らが参加していた)。

当時事務所には無所属であり同時に無経歴だった彼女はオーディション合格後、四期生稽古開始以前に秦脚本の≪青春☆ENERGY『チェケラッチョ!! in TOKYO』(CX)≫に四期生としてただ一人レギュラー出演を果たす。

その後、ドラマの出演がきっかけでスカウトされ、2006年7月より芸能プロダクションクィーンズアベニューアルファに所属。

所属と同時に上京し、所属後は演劇舞台を中心に常に主演やメインキャストとして活躍。

事務所所属前後からブログを開設していたが、2008年4月22日にAmebaブログにて新たに公式ブログを開設。

2009年、NHK『高校講座物理』のメインMCに選出され、タレントとしての活動も開始。

2011年にはとちぎテレビの新番組『週刊 とちぎ元気通信』の番組レポーターに抜擢され、念願であった地元栃木でのテレビ番組レギュラー出演となった。

2012年3月5日付けで、栃木県の観光大使である『とちぎ未来大使』に就任。

2012年9月に美輪明宏演出・主演作品『黒蜥蜴』出演者オーディションが行われ、ヒロイン岩瀬早苗役に抜擢される。

2016年6月30日に自身のブログで引退を公表した[1]

人物[編集]

名字の「義達」のインパクトが強いせいか、友達から「祐未ちゃん」等と呼ばれることは少なく(本人曰く「祐未」と呼ぶのは両親くらいとの事)、専ら「よし子」「義達ちゃん」等と呼ばれている。工藤里紗からは「よっちゃん」と呼ばれているらしい。

※ファンからは「よし子(ちゃん)」と呼ばれる事が多いが、「祐未ちゃん」等と呼ばれることも多く、本人も特に気にしてはいない様子である。

両親は北海道出身で、自身も北海道の赤平市出生である[2]。里帰り出産で、本人はほとんど栃木でしか生活をしていない為、正式には出身地は栃木県、出生地は北海道となっている。

黒髪に白肌、大きな目に小顔で直線的な長い脚が特徴的。そのスタイルの良さを活かして撮影会出演等のモデル活動を行っていた時期があったが、高校講座出演にあたって比重をタレント活動に移した為、以降は散発的に撮影会に出演するのみとなっている。

公立の女子高出身である。芸能界入りのきっかけは母親の言葉によるもので、高3で進路を決める際に「大学や専門学校には行かせないよ」と言われ、「じゃあどうしたらいいの?」と聞いたら「芸能人にもでもなれば」と言われたそうである[3]。母親が昔芸能人になりたかったそうで、その夢を娘に託した形となっている。そのせいか、タレント活動を行っている現在でも家族との仲は非常に良好である。

秦建日子氏のワークショップを受ける以前もさまざまなスカウトを受けていて、中でもやはり童顔という観点からかアイドル系のスカウトが大半を占めるものだったそうだ。アイドル関係のスカウトが多かった事実は彼女自身も認めているところであるが、本人の活動の意向と違うため全て断っていたそうである。

学生時代に水泳の選手だった経験があり、今でも世界水泳パンパシ等の大会は欠かさずチェックしている。彼女自身が平泳ぎの選手だったことから、尊敬する人物として北島康介の名を挙げている。

また、バーミヤンでアルバイトをしていたこともブログに記している。

芸能活動を始めてからは弟と都内で二人暮しをしていたが、その後両親が都内に引っ越したため、現在は一家揃って暮らしている。弟・桜祐は声優活動を行っており(所属事務所はぷろだくしょんバオバブ)、その弟からは「異常に頭の回転が早く、判断力や判断速度に秀でている」と称されている。

演劇ワークショップTAKE1で出会った鈴木あきえとはかなりの仲の良さで、鈴木の事を「相棒」と称している。鈴木あきえは彼女の事を「彼氏(のような存在)」などと自身のブログで呼び、お互いに親しんでいる。

かつて両親と離れて暮らしていた時も出身地である栃木県にはよく帰省しており(半日しか予定が空いていなくても帰省する程の実家好き)、栃木の観光地に自ら出向きブログでアピールするなどしている。栃木県のテレビやラジオ等の放送局でレギュラー番組をたくさん持つことも1つの目標としている。

イラストが得意で、公式ブログで度々披露したり、Yahoo!JAPANチャリティーオークションでは自身の描いたフルカラーイラスト三点を出展したりしている。イラストも歌も幼少の頃からの趣味だそうだが最近では小説や詩の制作なども好きらしい(過去ブログ参考)。

自宅ではペットのチワワ、テツオ(義達 鉄男:ロングコート、ブラックタン:牛柄)を飼っており、ブログのトップ画をはじめ、記事にもよく登場している。命名は彼女自身によるもので、漫画『ヒカルの碁』の加賀鉄男というキャラクターから貰った名前とのこと。かなりの犬好きで、道行く犬を思わず眺めてしまうらしい。

愛読書は『週刊少年ジャンプ』で、カラオケで歌う曲といえばアニメソングを連ねて記載している。好きなアニメや漫画のキャラクターでは以下のような名前が挙げられている(過去ブログ参照)。

好きな漫画ではヒカルの碁・ライジングインパクトガラスの仮面

好きなゲームソフトでは過去に桃太郎電鉄、ファイナルファンタジーⅩなどを挙げている。

好きなキャラクターは、ディズニーのマリーちゃん・リラックマシリーズ・Suzy’s Zooシリーズ・ポンデライオンシリーズ。

好きな動物は、犬とクマとウシ。好きな色は(blue)。ただし携帯電話だけはしか購入しないというこだわりを持っている。携帯電話はカシオ製のものを愛用していたが、2010年5月頃からはiPhoneも愛用している。

好きな言葉は『切磋琢磨』『常に謙虚にハングリーに』。好きな数字は『4』(『幸せの4であり、義達のヨとシを数字にすると4』だから)。

スターバックスコーヒーによく出入りしており、一日最低一度はコーヒーを飲まないと落ち着かないんだそう。特に好きなメニューはキャラメルマキアートとタゾチャイティーラテ。

お化け屋敷が大の苦手で本人いわく「断固として入らない」。しかも泊まりのロケなどの場合、旅館やホテルで一人部屋になった時は不安でなかなか寝付けないという。

「黒蜥蜴」は大規模な舞台のオーディションである上に、実は美輪明宏が自身の舞台で女性メインキャストをオーディションで募集するのは過去に前例がなく、そのため大変注目された。早苗(役)は19歳であり、募集要項には<18歳 - 25歳ほど>と記載されていたが、当時27歳での起用だった。

出演歴[編集]

ドラマ[編集]

テレビ[編集]

  • 2009.03.27 NHK高校講座オリエンテーション2009
  • 2009.04 - 2013.02 NHK高校講座物理 メインMC(レギュラー)
  • 2010.01.09 BSフジ『自転車専科』第1回 モデル出演
  • 2010.04 BSフジ『自転車専科』第7回、第8回 リポーター
  • 2010.12.02 静岡朝日テレビ『スタイルコレクション』
  • 2010.12.09 静岡朝日テレビ『スタイルコレクション』
  • 2011.05 - 2016.03 とちぎテレビ『週刊とちぎ元気通信』番組レポーター(レギュラー)
  • 2012.09.21 とちぎテレビ県政特番『あなたの声を県政に〜ともに創る“とちぎ”〜』リポーター
  • 2014.04.28 日本テレビ『有吉ゼミGW突入2時間SP』
  • 2015.04.15 日本テレビ『有吉ゼミ春満開3時間SP』
  • 2015.07.03 TBS『ナゾ解き!マイネーム 第二弾』
  • 2015.08.20 NHK『あさイチ』
  • 2015.11.20 - CS「メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ」再現VTR
  • 2016.03.14 日本テレビ「有吉ゼミ」内清水聡再現ドラマ

広告[編集]

  • 2010 ANA旅割REVIEW 栃木県旅ガール
  • 2012.02 YTVインフォマーシャル『クレディセゾン・永久不滅.com』
  • 2012 ファッションブランド『Amavel』レギュラーモデル
  • 2015.06.06 - ANA夏の旅割TV−CM 2クール
  • 2016.04.20 - 日本マクドナルドTVCM「PLAYFAMILY TIME」

映画[編集]

  • 2008 東放学園映画専門学校卒業制作『ボーダーライン』主演・ハルカ役/ガレーフ・ティムール監督

雑誌・新聞[編集]

  • 2006.5『ヤセる! Popteen』(角川春樹事務所)
  • 2009.4『月刊B.L.T.』(東京ニュース通信社)
  • 2009.6『月刊Audition』(白夜書房刊)
  • 2009.10『月刊Audition』(白夜書房刊)
  • 2011.01.14下野新聞『TOKYOとちぎ人』
  • 2013.03.15『EX大衆』(双葉社)
  • 2013.08『月刊Audition』(白夜書房刊)
  • 2014.04『月刊Audition』(白夜書房刊)

舞台[編集]

  • 2007.3 演劇ワークショップTAKE1四期生卒業公演『地図〜朝焼けに君をつれて〜』
  • 2007.9 池袋演劇祭参加公演 スプーキーズ『蒼い月への扉』『白い月への扉』
  • 2007.12 第8回MK-Boxプロデュース公演『こんぱす 〜くるっと回って未来を指す〜』主演
  • 2008.3 演劇ワークショップTAKE1五期生卒業公演『タクラマカン』
  • 2008.4 AirStudioプロデュース2008『GO'JET!GO!GO』
  • 2009.2 第10回MK-Boxプロデュース公演『爆走!大爆笑! 〜振り返るとダースベーダー〜』
  • 2010.8 郡司企画★アプローズカンパニー ミュージカルファンタジー『LOVE』2010
  • 2011.4 劇団一番 旗揚げ公演 劇女一番「女子八犬伝!」リーダー
  • 2011.11 office inveider produce stage「方舟」オチョコイ役
  • 2012.5 u-you.company 10th STAGE「真義-マギ-」空栖亜美役
  • 2013.04 - 05( - 06地方公演)パルコ劇場40周年記念公演 美輪明宏主演『黒蜥蜴』ヒロイン岩瀬早苗役
  • 2013.08 不消者15周年記念・第19回公演『火男の火』山吹役
  • 2013.10 「のぶニャがの野望」濃姫ニャン役
  • 2014.02 劇団たいしゅう小説家Present`s「同窓会をひらこう」
  • 2014.08 Y+Rジャパンプロデュース「居間オブザデッド」ヒロイン清水リカ役
  • 2014.9 「人猫」濃姫ニャン役
  • 2015.01 Y+Rジャパンプロデュース『拳聖』ライ役

ラジオ[編集]

  • 2009.6.11 FM NACK5『チャイム』MC鈴木あきえ テレフォンゲスト
  • 2012.05.14 FM-N1(FM76.3MHz)「わじの恩返し」ゲスト
  • 2015.10.05〜10.16 NHKラジオ青春アドベンチャー「アグリーガール」

その他[編集]

  • 秦建日子主宰 演劇ワークショップTAKE1 四期生・五期生
  • 2008.2.29 - 3.29 インターネットサイト・タレントデータバンク内『タレントフォト日記』
  • 夕刊フジ ZAK THE QUEEN 2008
  • 2009.5 Yahoo!JAPANチャリティーオークション
  • 2009.5 MSN『次世代スターはこの人!ニューフェイスキャッチアップ!!』
  • 2010 PhilipsアーキテックWebキャンペーン人気投票『ヒゲと美女とダイヤモンド』3位入賞
  • 2010 プレゼン人気投票『P-1girlグランプリ』ファイナリスト
  • 氏神一番プロデュース「劇団一番」劇女一番初代メンバー
  • 栃木県知事任命「とちぎ未来大使」就任
  • 2014.04 Stereo Sound「花子とアン」インタビュー

DVD[編集]

  • リアルオーディションGirls[女優編]
  • office inveider produce stage「方舟」
  • タンバリンプロデューサーズ『のぶニャがの野望』
  • 劇団たいしゅう小説家『同窓会をひらこう』

脚注[編集]

  1. ^ a b “女優・義達祐未、引退を発表 「黒蜥蜴」「花子とアン」などに出演”. スポニチアネックス. (2016年7月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/01/kiji/K20160701012881460.html 2016年7月1日閲覧。 
  2. ^ 道産子たち。”. 義達祐未オフィシャルブログ TRIBE OF LOVE powerd by Ameba. 2011年11月7日閲覧。
  3. ^ 『月刊Audition』2009年11月号 P44