臼井儀人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
臼井 儀人
本名 臼井 義人
(うすい よしひと)
生誕 (1958-04-21) 1958年4月21日
日本の旗 静岡県静岡市
死没 (2009-09-11) 2009年9月11日(満51歳没)
日本の旗 群馬県甘楽郡下仁田町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年 - 2009年
ジャンル 青年漫画レディースコミック
代表作 クレヨンしんちゃん
だらくやストア物語
『スーパー主婦月美さん』
テンプレートを表示

臼井 儀人(うすい よしと、1958年4月21日 - 2009年9月11日)は、日本漫画家作詞家静岡県静岡市生まれ、埼玉県春日部市育ち。男性。代表作は『クレヨンしんちゃん』。本名は臼井 義人(うすい よしひと)[1]。身長174cm。二女の父。血液型はB型。

来歴[編集]

1977年埼玉県立春日部工業高等学校を卒業後、アルバイトをしながらデザイン関係の専門学校に通学する。

1979年、広告関係の会社に入社。スーパーマーケットのPOP広告作成で生計を立てながら、出版社に賞佳作に入賞し漫画家デビュー。

1990年8月、『週刊Weekly漫画アクション』にて『クレヨンしんちゃん』の連載が開始。1992年テレビ朝日系列にてアニメ化1993年にアニメ映画化され社会現象を起こす大ブームとなる。臼井はいくつかの主題歌や挿入歌の歌詞も提供しているほか[注釈 1]、劇場版数作品には本人役での出演もしている。また、増刊号として同作品を表紙および巻頭作品として扱った4コマ漫画雑誌『クレヨンしんちゃん特集号』も毎月出版された[注釈 2]1995年から約1年間、竹書房の4コマ漫画雑誌『まんがライフ』でも「スーパー主婦月美さん」にて表紙および巻頭ページを担当した[2]

2000年11月、『クレヨンしんちゃん特集号』から『まんがタウン』と改題して4コマ漫画雑誌として独立創刊されたのを契機に、『週刊Weekly漫画アクション』から移籍し引き続き表紙および巻頭作品を担当。また同時期頃より、既婚女性をターゲットとした同社の雑誌『Jourすてきな主婦たち』でも「クレヨンしんちゃん」の登場人物、野原ひまわりを主役とした作品「プッチプチひまわり」が掲載されていた。

2004年には「クレヨンしんちゃん」原作単行本のプロモーションのためスペインバルセロナ市を訪問。その際同国での同作品の普及に感激し「バルセロナでのエピソードを執筆したい」との意向から原作・テレビアニメともにそのストーリーが掲載・放送され、後にスペインでも放送された(2004年5月29日放送「オーラッ!スペイン旅行だゾ」)。

不慮の死[編集]

臼井儀人の遺体が発見された荒船山

2009年9月11日、かねてより登山が趣味であった臼井は妙義荒船佐久高原国定公園荒船山へ単身で日帰り登山に行くと言って、早朝自宅を出発[3][4]。列車を乗り継ぎ、下仁田駅からタクシーで登山口の内山峠へ向かい[5]、そこで目撃されたのを最後に連絡が取れなくなった。翌朝になっても帰宅しなかったことから埼玉県警察春日部警察署へ捜索願が出された[4]。このことは著名な人物の失踪事件として、各種マスメディアでも報道された。

9月19日になり、荒船山の岩壁にておよそ高さ120mの崖下に転落している男性が登山客によって発見され[6][7]、佐久消防署に通報された[8][9]。現場の状況から行方不明となっている臼井本人であることが疑われ、9月20日群馬県警察の捜索隊が現場へ直行し、男性を収容して下仁田警察署へ搬送[6]。家族関係者により遺体の確認作業が行われ、骨が折れて顔は判別できないほど損傷が激しかったが、最終的には歯型(歯科データ)が決め手となり[10][11]、収容された男性が臼井儀人本人であることが判明し、死亡が確認された[7][10]。満51歳没(享年52)。

当地での警察による検視の結果、死因は全身強打による肺挫滅であり、死亡推定時刻は11日午後頃と推定された[6][11]。滑落現場は過去に事故例がほとんどないことから[6]、事件性の有無についても捜査が行われたが、現場から発見されたデジタルカメラに最後に撮影されていた画像は崖の下を覗き込むように撮影されたものであったことが判明したことから、事件性はなく、写真を撮ることに夢中になるあまり、誤って足を滑らせて転落したのであろうと報じられた[12]。写真のタイムスタンプなどから、最後の写真は9月11日の12時20分頃に撮影されたと推定されている[13]

葬儀は9月23日密葬にて行われた[14]

死後[編集]

連載中の作品について、双葉社は9月21日に開いた記者会見にて「既に入稿されている『まんがタウン』2009年12月号掲載分まで続ける」ことを明らかにした[15]。また、『クレヨンしんちゃん』のテレビアニメを放映しているテレビ朝日も原作者死亡という事態を受け、「今後は家族など関係者と相談したい」というコメントを発した[16]。その後2009年11月5日に臼井の遺稿が発見され、『クレヨンしんちゃん』は2010年3月号まで連載が延長された[17]

現役であった人気漫画家の訃報に際し、「クレヨンしんちゃん」が掲載されている『まんがタウン』など双葉社の雑誌に作品を執筆している樹るう[18]私屋カヲル[19]山田まりお[20]後藤羽矢子[21]笹野ちはる[22]らをはじめ、その他多くの作家[注釈 3]が相次いで哀悼の意を表す記事などを自身の日記やブログ、HPのトップページなどで公開した。なお、2009年10月16日にテレビ朝日で放送されたアニメクレヨンしんちゃんでは、冒頭に「臼井儀人先生のご冥福をお祈りします」と追悼メッセージがナレーション込みで放送された。2010年公開の劇場版スタッフロールの最後にも、追悼メッセージが流された。

人物像[編集]

生前の本人は「漫画家は感動を売るのが使命であって謎めいていた方がいいから」「僕は面白い人間じゃないし、読者ががっかりしちゃうから」という理由で「決して顔出ししない漫画家」として知られていた。遭難し死亡が確認されたときにも日本のマスコミは顔写真を公表せず基本的に日本向け報道では掲載しなかった[注釈 4]。なお、日本国外での報道の中には顔写真が掲載されたものもあるが、それらの写真は、本人が顔写真を公表していないゆえに情報が錯綜し、黒田征太郎の顔写真を誤って臼井の写真と紹介したものであった[23]。顔出しをしないという意向は臼井自身の葬儀においても徹底され、葬儀は遺影も位牌もない密葬となった[14]。本人を知る人からは作家らしくない普通の人と評され[24]、臼井と面識を持つ関根麻里は「かっこいい」と語っていた。近所の住民や関係者からも、真面目で常識的[24]、あいさつを欠かさず感じのよい人で[25]、地域の活動にも協力的で出しゃばることもなく[26]、作品の主人公から受ける印象とは対照的に親孝行[26]だと親しまれていたという。以上のことからメディアに出演する機会は全くと言っていいほど無かったが、臼井自身がTBSラジオで放送されていた番組「コサキンDEワァオ!」の大ファン及びヘビーリスナーであったことから同番組に2回ゲストで出演したことがある。これは基本的に顔出しをしない臼井の数少ないメディア出演のひとつであった。また、数本の劇場版クレヨンしんちゃん作品に声優として(ほんの数秒ではあるが)特別出演も果たしている(後述)。

趣味は登山で単独行が多かった(これが前述の遭難に繋がる)。「クレヨンしんちゃん」劇場版では「便座鑑賞」が趣味という設定になっていた。

「クレヨンしんちゃん」に関するエピソード[編集]

アニメ化された「クレヨンしんちゃん」の一部では、カラオケなどで本人の喉を披露している。サザンオールスターズ桑田佳祐ソロ含む)のファンで、作中ではしんのすけの失恋シーンやひろしがお風呂で歌う鼻歌の場面などにサザンや桑田の曲を引用。車の中でサザンのカセットを探すシーンも見られる。さらにはコミックスの24巻に『希望の轍』の歌詞が掲載されたこともあった。

アニメの初代オープニング『動物園は大変だ』や、13代目エンディング『ママとのお約束条項の歌』の一部、挿入歌の『北埼玉ブルース』の一部や、『ひまわり体操』の一部の作詞も手掛けている。

NHKみんなのうた』でも、楽曲「それがボクのおとうさん」の映像を担当している(動画・絵コンテなどはシンエイ動画が担当している。この曲を歌っているのは財津和夫であり、財津は『暗黒タマタマ大追跡』の主題歌も歌っている)。

「クレヨンしんちゃん」は現実を舞台にした日常漫画だが、自身の作品の映画化に触発または影響されるせいか自分なりの非日常冒険外伝も多く描いており『伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』の上映に関しては自らイメージイラストを描くほどの関心を持っている。また『暗黒タマタマ大追跡』 - 『爆発!温泉わくわく大決戦』まで「マンガ家(臼井儀人)」役として特別出演しているが、野原家一行に殴り倒されるのが恒例となっている。

超こち亀』で「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両津勘吉秋本・カトリーヌ・麗子と、「クレヨンしんちゃん」のしんのすけぶりぶりざえもんを共演させた時、しんのすけは「麗子さんと付き合いたい」と言っていた。「こち亀」の作者・秋本治も臼井同様コサキンリスナーでありコサキンのラジオ番組25周年の際には秋本、臼井、さくらももこによる記念ポスターが共同製作された。

家族、親族[編集]

妻と2女の父であった。没後に遺族が週刊誌の取材に応えている。

単行本作品リスト[編集]

  1. ISBN 9784575931389(1988年11月)
  2. ISBN 9784575931891(1990年1月)
  3. ISBN 9784575932621(1991年7月)
  • おーえるGUMI(双葉社 全2巻)
  1. ISBN 9784575932041(1990年5月)
  2. ISBN 9784575932997(1992年6月)
  1. ISBN 9784575933055 1992年8月)
  • (株)くるぶし産業24時(竹書房 全1巻)
  1. ISBN 9784884755997(1992年8月)
  1. ISBN 9784197530816(1993年8月) 新装版 ISBN 9784821199778(2002年9月)
  • スーパー主婦月美さん(竹書房 全6巻[注釈 5]
  1. ISBN 9784884756253(1993年1月)
  2. ISBN 9784884756925(1993年12月)
  3. ISBN 9784812450086(1996年1月)
  4. ISBN 9784812451960(1998年4月)
  5. ISBN 9784812454619(2000年12月)
  6. ISBN 9784812457993(2003年4月)
    • 臼井儀人傑作集 スーパー主婦月美さん(竹書房 よりぬき編のコンビニコミック
      1. ISBN 9784812469835
  • すくらんぶるえっぐ(双葉社 全2巻)
  1. ISBN 9784575933178(1992年11月)
  2. ISBN 9784575933253(1993年2月)
  • すぅぱあ・みっくす(双葉社 全1巻)
  1. ISBN 9784575933482(1993年12月)
  • ひらきなおっちゃうぞ(竹書房 全1巻)
  1. ISBN 9784884756345(1993年3月)
  • みっくす・こねくしょん(双葉社 全1巻)
  1. ISBN 9784575933413(1993年7月)
  1. ISBN 9784884756529(1993年6月)
  • 臼井儀人のぶちかましシアター(廣済堂出版 全1巻)
  1. ISBN 9784331451267(1994年5月)
  1. ISBN 9784391122565 (1998年11月)
  • 臼井儀人こねくしょん[注釈 7](双葉社 全3巻)
  1. ISBN 9784575936841(2000年4月)
  2. ISBN 9784575936896(2000年5月)
  3. ISBN 9784575936971(2000年6月)

出演[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ もともと「ひまわり体操」「北埼玉ブルース」(原作3巻)などのように、コミック執筆時に1番のみ歌詞を作詞・掲載したものが音楽製作されるケースもある。この場合他者が2番以降を追加している。
  2. ^ 基本的には「クレヨンしんちゃん」は『漫画アクション』からの再録作品がメインで他の4コマ漫画などは新作が掲載されていた。
  3. ^ むんこたかまつやよい師走冬子村上たかしなど、現在同誌で執筆していたり過去に執筆していた作家、双葉社の他誌で執筆している作家など。
  4. ^ 顔写真の出ている日本国外メディアの国内報道においてはその部分にボカシをかける対処を行ったところもある(ニュースJAPAN2009年9月21日など)。ただし、後述の通りその写真は別人のものであった。
  5. ^ 最終巻は『スーパー主婦月美さん Special』のタイトル名で発行。
  6. ^ エッセイコミック水越かりんとの共著。
  7. ^ 主に初期作品などを再編集などした短編集。

出典[編集]

  1. ^ 「臼井儀人さん滑落死か?検視で歯型確認」日刊スポーツ(2009年9月21日)
  2. ^ 竹書房『まんがライフ』2009年11月号「まんがライフヒストリーより」1995年8月号から1996年11月号。
  3. ^ “「クレヨンしんちゃん」長野県境の荒船山向かった?”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年9月16日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922190901/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090916-OHT1T00228.htm 2009年9月17日閲覧。 
  4. ^ a b “クレヨンしんちゃんの作者が失踪、11日から”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年9月16日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922200518/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090916/crm0909160201001-n1.htm 2009年9月16日閲覧。 
  5. ^ “荒船山の遺体はしんちゃん作者と判明”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年9月20日). オリジナル2009年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090925002417/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090920-OHT1T00239.htm 2009年10月1日閲覧。 
  6. ^ a b c d “クレヨンしんちゃん:遺体は作者の臼井さんと確認”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2009年9月20日). オリジナル2009年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090923183129/http://mainichi.jp/select/today/news/20090921k0000m040081000c.html 2009年9月22日閲覧。 
  7. ^ a b “岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年9月20日). オリジナル2009年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090923200911/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090920-OYT1T00608.htm 2009年9月20日閲覧。 
  8. ^ “滑落遺体、「しんちゃん」の臼井さんの可能性 県境の山”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年9月19日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922184658/http://www.asahi.com/national/update/0919/TKY200909190204.html 2009年9月20日閲覧。 
  9. ^ “クレヨンしんちゃん:作者臼井さんか? 荒船山に男性遺体”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2009年9月19日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922214203/http://mainichi.jp/select/today/news/20090920k0000m040050000c.html 2009年9月20日閲覧。 
  10. ^ a b “遺体は「クレヨンしんちゃん」作者の臼井さん”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年9月20日). オリジナル2009年9月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090924105519/http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090920/dst0909202121014-n1.htm 2009年9月20日閲覧。 
  11. ^ a b 臼井儀人さん滑落死か?検視で歯型確認”. 日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社) (2009年9月21日). 2013年10月23日閲覧。
  12. ^ “「しんちゃん」作者のカメラ、最後は絶壁見下ろした写真”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年9月21日). オリジナル2009年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090923200626/http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200909210127.html 2009年9月21日閲覧。 
  13. ^ “「しんちゃん」作者・臼井さん、撮影中に滑落か…デジカメに残る最後の1枚、絶壁上から見下ろす写真”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年9月22日). オリジナル2009年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090923200823/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090922-OHT1T00045.htm 2009年9月22日閲覧。 
  14. ^ a b “臼井儀人さん、容姿公にせず完全密葬”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2009年9月23日). オリジナル2009年9月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090924092207/http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/09/23/0002376507.shtml 2009年9月23日閲覧。 
  15. ^ “「しんちゃん」雑誌連載は12月号まで”. サンスポ.com (産業経済新聞社). (2009年9月21日). オリジナル2009年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090925142437/http://www.sanspo.com/shakai/news/090921/sha0909210020000-n1.htm 2009年9月21日閲覧。 
  16. ^ “「しんちゃん」作者死亡 「最悪の結果。今後の掲載は未定」と出版社”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年9月20日). オリジナル2009年9月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090924105519/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090920/crm0909202220021-n1.htm 2009年9月21日閲覧。 
  17. ^ 『クレヨンしんちゃん』数ページの遺稿見つかる 3か月間連載延長へ”. オリコン (2009年11月5日). 2011年1月9日閲覧。
  18. ^ 本人ブログ踊るスターフルーツ育成中 2009年9月21日付記事(2009年11月4日時点のアーカイブ
  19. ^ 本人公式HP内ブログオじゃなくてヲBLOG 2009年9月22日付記事、2013年2月11日閲覧。
  20. ^ 本人公式HP内日記Diary 2009年9月22日付記事、2013年2月11日閲覧。
  21. ^ 本人公式HP内日記パヤパヤ日記 2009年9月20日付日記、2013年2月11日閲覧。
  22. ^ 本人公式HP内ブログChiharoom 2009年9月22日付記事、2013年2月11日閲覧。
  23. ^ “臼井儀人照片 兩岸媒體錯誤引用” (中国語). NOWnews 今日新聞網. (2009年9月22日). http://www.nownews.com/2009/09/22/334-2509358.htm 2009年9月22日閲覧。 
  24. ^ a b “素顔は「普通の優しい人」=人気者しんちゃん生みの親 (時事通信)”. インフォシークみんなのニュース (Infoseek(楽天)). (2009年9月21日). オリジナル2009年9月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-0923-2138-04/hotnews.infoseek.co.jp/article/14918/ 2013年2月11日閲覧。 
  25. ^ “「残念」「感じのいい人」 クレヨンしんちゃん作者、臼井さんの死悼む声”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年9月21日). オリジナル2009年9月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090924105521/http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/090921/stm0909211320007-n1.htm 2009年9月22日閲覧。 
  26. ^ a b “「クレヨンしんちゃん」作者 臼井さんの遺体 確認 雑誌連載 ストックは2ヶ月分”. 朝日新聞13版 (朝日新聞社): p. 27面. (2009年9月21日) 

関連項目[編集]